ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ミドリ(二代目)が星になりました | トップページ | 最近、プラ管フルートの調子が悪いのです »

2017年11月 5日 (日)

最近は、水戸黄門にハマってます

 最近の私は、水戸黄門にハマっています。毎週、水戸黄門をテレビで見るのを楽しみにしています…と書くと、なんか変ですか?

 「再放送でも見ているの?」

 いえいえ、新作を見ています。

 「黄門様は、やっぱり里見浩太朗?」

 いえいえ、実は武田鉄矢がやってます。そうなんです、新作の水戸黄門は、黄門様を武田鉄矢が演じているのですよ。

 「でも、TBSじゃないよね」

 いえいえ、放送はTBSですよ、ただし、BS-TBSです。そう、BS放送なんですよ。BS-TBSで、毎週水曜日の午後7時から放送しています。公式サイトはこちらです。放送予定は全10回で、すでに半分の5回は放送終了ですから、残り半分なんですよ。

 今回の黄門様はいいですよ。何がいいって、リブート版なのです。ですから、今までの過去の黄門様からのしがらみは取っぱらって、でも物語の骨子はしっかりと引き継いでドラマが描かれています。

 だから、黄門様御一行も実にミニマムです。なにしろ、黄門様と助さん格さんと弥七の4人組です。八兵衛もいないし、お銀も飛猿もいません。その代わり、4人のキャラ、とりわけ、助さん格さんのそれぞれのキャラが際立っています。

 また黄門様が小柄なジジイ(失礼)で良いのですよ。おまけに、インテリ臭くて理屈っぽくて説教臭い(笑)。たまに故事成語をセリフにはさんでくるし、情け深くて優しくて…なんか、金八先生がそのままジジイになったような黄門様なのです。

 今回は東北の旅なんだけれど、毎回、その土地の民謡と土地の名産を取り上げるし、なんか楽しい。私は、今までの水戸黄門は好きになれなくて、親が熱心にテレビで見ていても、私自身は気が惹かれなかったのだけれど、今度の水戸黄門は、結構気に入ってみています。

 私もジジイになり、勧善懲悪の時代劇を好むようになったのでしょうか? それとも新作の水戸黄門は、テイストが今風になり、そこが気に入ってみているのでしょうか? 自分でもよく分かりません。

 時代劇は、すっかり地上波では廃れてしまいましたが、CS放送とかBS放送では、再放送はもちろん、新作も時々作られています。大岡越前は、NHKのBS放送で、ジャニーズの東山紀之を主演に、今も時折製作され放送されています。鬼平犯科帳は、昨年、CS放送で新作アニメになって放送されましたしね。リブートしたりフォーマットを変えたりしながら、時代劇は地味に少しずつ復活しているのです。

 次は遠山の金さんが、BSあたりで新作として登場するんじゃないかしら? なんてね。それとも次は…暴れん坊将軍?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ミドリ(二代目)が星になりました | トップページ | 最近、プラ管フルートの調子が悪いのです »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミドリ(二代目)が星になりました | トップページ | 最近、プラ管フルートの調子が悪いのです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん