ひとこと

  •  もしも私が北の首領様で、日本や韓国やアメリカに喧嘩を本気で売るなら…韓国には風向きの良い日に風船爆弾のようなもので化学兵器(サリンとかああいうヤツ)をぶっこんで、日本には漁民に装わせた兵士(伝染病に罹患済み)を送り込んでバイオテロを引き起こし、アメリカには…サイバー攻撃だな。銀行とか株式市場とか経済方面の施設を一斉に襲うとか、いっそ原発を遠隔コントロールして大惨事を引き起こすとか…そういう手立てを考えます。そんなわけで、別に北の国が核爆弾とかミサイルとか持つ必要なんてないじゃん。むしろ、そんなモノを持っていると「北のくせに生意気だ!」って言われて、ジャイアンにボコボコにされちゃうよ…ってわけで、ジャイアンはいつコブシを振り上げるのでしょうか? 産経新聞は…12月18日が開戦日かも…って言っているけれど、だとしたら、もう来週じゃん。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« あなたの好きなクリスマスソングは何ですか? | トップページ | 仲良し金魚 »

2017年11月24日 (金)

フルートを大きな音で吹くにはどうしたら良いのか?

 私は時折、吹奏楽等でフルートを吹く若い子たちと話す事があります。そんな時に、色々な悩み相談を受けることがあります。まあ、たいていの場合「他人に聞くよりも、自分でもがいて解決しなさい」というナイスな返答をするようにしています。

 それはともかく、若いフルーティスト共通の悩みというのが、いくつかありまして、その中でもダントツ一番なのが「どうすれば大きな音で吹けるのか」という悩みです。これは本人が自分の音が小さい事を単純に悩んでいる事もあれば、吹奏楽等で活躍している子などは、指導者から「フルート! もっと大きな音で吹け!」とか言われる事もあって、気の小さな子は、本当に真剣に悩んでいたりするんです。

 で、言われて、悩んで、もがいて、なんとか解決策を見つけようとします。例えば、勢い良く楽器に息を吹き込んでみたり(そんな事をしても、音色と音程が悪くなるだけで、大きな音にはなりません)、力いっぱいホールを押さえてみたり(パッドの痛みが早くなるだけですし、メカ調整の間隔も短くなります)、首や楽器を振ってみたり(気休めにもなりません)…、それはそれは涙ぐましい努力の数々をするわけです。

 まあさすがに、この問題ばかりは、自分でもがいても解決できないので、色々とアドヴァイスをしてあげたりします。

 まず最初に言ってあげるのは「気にするな」です。指導者だとかコーチだとか上司だとかと言うのは、基本的に無茶振りをするのが仕事です。無茶を言うことで、言われた方が何とかしようとして、その何とかする事で成長する事を期待して無茶を言うわけです。もちろん、このやり方はコーチングとしては正しくないし、一流の指導者は、そんな無茶ぶりはしませんが、二流以下の指導者は頻繁に無茶振りをします。

 無茶は無茶なので、私は「気にするな」と言ってあげるわけです。

 なぜ「気にするな」というアドヴァイスをするのかと言うと、フルートって、構造的に大きな音が出ないように作られているからです…というか、現代フルートって、長い歴史の中で、これでも大きな音が出るように改良された結果の楽器で、すでにフルートという楽器としては、マックスな音量が出るように最適化されているのが現代フルートだからです。すでに最大音量が出るように最適化されているの楽器なので、これ以上の音量の増大化は、フルート製作に技術的なブレイクスルーがない限り、ありえません。つまり、結論から言えば「フルートからは、これ以上の音量は出ません」という事になります。

 これ以上の音量が出ない事が明々白々なのに、それ以上の音量を出せと要求してくる指導者の言う事など「気にするな」と、だから私が言うのです。

 指導者が本当にフルートの音量の増大を願っているのなら、それを奏者に求めるのではなく、バンド内のフルーティストの数を増やせばいいのです。一本のフルートだけでは、大した音量は出ません。しかし、フルートの数を増やすことで、バンドの中でのフルートの音量は増えるわけです。つまり、フルートの音が小さいのは、フルート奏者の責任ではなく、バンドの指導者の責任なので、フルート奏者は「音が小さい」と言われたからと言って、何も気に病む必要はないのです。

 だいたい、フルートなんて、何をどうあがいても、笛なんです。笛は、何を頑張ろうと、所詮、笛なんです。本来、ヴァイオリンやピアノなどと一緒で、室内楽で楽しむ楽器なんですよ。そんな笛を、ラッパや太鼓と一緒に野外に持ち出して演奏すること自体が間違いなのです。

 フルートに音量を求めるなら、オーケストラにおけるヴァイオリンのように、バンドの中にたくさんのフルートを用意すればいいのです。はい、解決。ちゃんちゃん。

 とは言っても、指導者ににらまれた若いフルーティストさんの悩みは、そんなアドヴァイスだけでは解決できません。

 そこで、気休め程度ですが、ほんの少々でも効果のあるアドヴァイスをしてあげます。

 最初のアドヴァイスは「毎日、走り込みをしなさい」です。体力を増やし、呼吸筋を鍛えるために、走り込みを命じます。

 だいたい「音が小さい」と言われる子は、実際に楽器の音が小さいかどうかは別として、線が細くて、弱々しい印象の子が多いです。本当にフルートの音が小さいと言うよりもいかにもその子が吹いているから、音が小さそうに感じられるだけだったりするのです。

 まあ、実際、そんな子は、か細い音で吹いていたりする事も多いです。

 で、そんないかにも音が弱そうな子は、音が弱そうなオーラを放っていたりするので、まずはそのオーラを消して、指導者に注意されないようにすることを目指します。それには、毎日走り込んで、元気で活発になり、体力をつけて、呼吸筋を鍛えるのです。そうすると、実際に、音が大きくなったような気もするし…ね。

 最初っから、元気いっぱいな子で、今さら走り込みなんて不要な子には、どんなアドヴァイスをするかと言うと…「楽器を変えてみようか」です。部活ならば、部室にフルートなんて、いくらでも眠っているでしょう。その中で、今自分が使っているのとは別の楽器を吹いてみようと薦めるのです。奏者と楽器の相性ってのがありますから、楽器が変わるだけで、実際にあれこれ変わります。また、実際に音量が変わるかどうか別としても、気分が新しくなるだけでも、効果がないわけではありません。

 あと、子どもに言いませんが、相手がオトナの場合は「楽器を買い替えてみたら、どう?」とも言います。実際、楽器を買い換えると、多少なりとも大きな音が出るようになるものです。

 素材の比重が重い楽器(つまり、貴金属製の楽器)は、よく音が響きますので、音量が多少なりとも増えます。また材質的には同じでも、厚管にすると、これまた音量が増えます。丁寧に作られた高級フルートも、響きが良いので、音量が多少なりとも増えるように感じられます。私の経験から言える事の一つとして、アメリカのブランネン・ブラザーズ社製のゴールドフルートは、爆裂的に大きな音が出ます。超高級フルートですから、お値段もかなりしますが、乗用車を買ったつもりになれば、買えない額ではないので、本当にお悩みなら、そういう選択肢もあります。

 楽器を丸々買い換えなくても、頭部管を変えるだけでも、音はガラッと変わります。フルートの頭部管って、美しい音を出すために作られたモノと、大きな音を出すために作られたモノがあって、それらの両立はかなり難しいらしく、多くの頭部管は、どちらかに重点を置いて作られているからです。ざっくり言っちゃえば、ぱっと見、頭部管の息を吹き込む穴のカタチが、丸いほど美音系で、四角いほど音量系になりますし、穴の面積か小さいほど美音系で、大きいほど音量系になります。

 まあ、そうやって楽器を替えても、微々たる変化ですが、それでもヤラないよりは精神的に楽なので、本当に悩んでいる方には、それを薦めます。

 実際のところ、フルートの音量を増やすのは無理でも、遠鳴りのする良い音で吹く事で、音量が増えたかのような錯覚を、指導者や観客にさせる事は可能です。それをするには、しっかり腹筋で支えられたトルクの強い息(決して勢いの強い息ではありません)を、その楽器に適した分量(決して多くはないです)とスピード(決して速くはないです)で吹き込めばいいだけの話なのですが、それはそれこそ、他人に教わる事ではなく、自分でもがいて解決するべき事なので、私はあえて、そういうアドヴァイスはしないのです。

 こんな事を書いている私ですが、私の場合は、そもそもフルートに音量は求めないようにしていますので、使用している楽器も美音系のアルタスだったりします。それで困る事はありませんし、プロ奏者でもアルタスを使っている人は結構いますので、要は本人次第なんだろうと思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« あなたの好きなクリスマスソングは何ですか? | トップページ | 仲良し金魚 »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたの好きなクリスマスソングは何ですか? | トップページ | 仲良し金魚 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん