ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 知ってましたか? 日本の音楽大学って、全部私立学校なんですよ | トップページ | 国産一体型パソコンは…やっぱり高価なパソコンだよなあ »

2017年11月 2日 (木)

伴奏者は、どうやって見つけますか?

 今回の記事は、ある方からメールをいただいたのがきっかけです。まあ、この方は、実にあっちこっちの方々に同様なメールを送っているようですが…(苦笑)。

 それさておき、アマチュア音楽家が人前で演奏を披露するという状況を想像してみてください。

 フルートならば、無伴奏での演奏ってのがありますので、必ずしも伴奏者が必要というわけではないでしょう。でも、無伴奏で演奏するのって、聞いていて寂しいし、1曲2曲ならともかく、それなりの曲数を一度に演奏するとなると、すべてを無伴奏曲ってわけにはいきません。そんな事をすれば、どうしてもプログラムの単調さからは免れませんし、音楽的な広がりもありません。そうなると、やはり、伴奏者をお願いすることに越したことはありません。

 合唱も同様です。無伴奏での合唱も良いですが、やはり伴奏ピアノがあった方が音楽の幅が広がります。

 声楽となると…伴奏無しはありえません。必ずピアニストを帯同しての演奏とならざるを得ません。

 つまり、いくらアマチュア音楽家とは言え、人前での演奏を前提とするならば、伴奏者を必要とするでしょう…ってわけです。

 となると、どうやって伴奏者を探して依頼するかが問題となります。

 おそらく、合唱の人たちは、普段の練習時から伴奏ピアノは必要ですから、普段伴奏をしてくださるピアニストさんにお願いするだろうし、それがダメでも、ピアニストさん経由で、別のピアニストさんを紹介してもらうという事できますし、合唱団の場合なら、指導をしてくださる先生がいらっしゃるだろうから、その先生経由でピアニストさんを紹介してもらえばいいのです。

 どちらにせよ、合唱は人が集まって音楽をやっているわけですから、誰かしらピアニストのアテがあったりするわけで、それほどピアニスト探しに苦労はしないと思います。

 問題は、個人で活動しているアマチュア音楽家の場合ですね。

 クラシック系のフルートや、声楽を学んでいる人は、基本、普段は一人で活動していると思います。門下の発表会等なら、伴奏者は先生が用意してくれるでしょうから、特に問題ないでしょう。問題となるのは、個人で何かの演奏会(例えば私なら、クラシックコンサート)に参加したり、慰問活動をしたり…って場合です。つまり“私”が個人的に伴奏してくれるピアニストさんを用意しないといけないって場合です。

 そんな場合に、あなたならどうしますか?

 私は…別に慌てません。一応、お願いできるピアニストさんは二人確保していますので、まずはそのお二人のどちらかに声をかけさせていただきます。もしもそのお二人がダメでも、まだ他にもプロアマ問わずピアニストさんの知り合いはいるので、そういう方々に声を掛けてみることも出来ます。

 でも、皆が皆、私のようにピアニストさんの知り合いがいるわけじゃないですね。

 ピアニストさんに知り合いはいないけれど、ピアニストさん急募!って方は、どうすればよいのでしょうか?

 どこかにピアニストさんを斡旋してくださる方はいないのでしょうか? まあ、私なら、ダメ元で近所の音楽教室やピアノ教室に問い合わせてみると思います。ほとんどの方は、どこの馬の骨とも分からないようなオッサンからの仕事の依頼なんて断ってくるでしょうが、中には物好きな方もいらっしゃるかもしれませんからね。それでピアニストさんを見つけられればラッキーです。

 でも、そんな片っ端から問い合わせしてみるような勇気を持ち合わせない人もいるかもしれません。まあ、その程度のハートの強さが無い人が人前で演奏を披露するとは考えづらいのですが、仮にいたとします。知らない人に、いきなり問い合わせするなんて無理!って思ってしまうわけですね。

 そういう人はどうするのでしょうか? 今はインターネットの時代ですから、ネットを利用して探すかもしれません。

 そこで記事の冒頭に書きました、ある方からのメールです。普段の私は、その手のメールをいただいても無視をするのが普通なのですが、今回は、ちょっと興味が沸いた事と、こうやってブログネタにもできたので、例外的に、そのサイトをご紹介したいと思います。

 “伴奏者募集広場”というインターネットのサイトがあります。

 ここは、その名のとおり、伴奏者を見つけるためのサイトです。伴奏したい人と伴奏してもらいたい人を取り持つサイトです。ま、健全な出会い系サイトと言えるかもしれません。

 用途としては、一応、音楽コンクール等の、マジだったりガチだったりするような時にピアノ伴奏を依頼できる、本物のピアニストさんを紹介してくれるサイトです。仕事の依頼の方法は、サイト経由でピアニストさんに直接メールで依頼するカタチです。こんなやり方で、サイト運営者は儲かるのかしら?

 まあ、一応、マジガチ系の仕事を前提としているようですから、アマチュア音楽家には無縁なサイトに思えますが、相手のピアニストさんはプロですから、依頼のやり方と謝礼の取り決めさえ、ちゃんとしておけば、もう少し緩い感じのお仕事であっても、依頼できるんじゃないかな…なんて思います。アマチュア音楽家であっても、そこんとこさえきちんとしていれば、それほどマジガチ系の仕事でなくても、依頼するのは可能だと思うよ。

 それはさておき、このサイトの良いところは、明朗会計な事かな? 音楽関係の仕事って、口約束も多く、多くは信頼関係で成り立っていたりするので、金銭的にアバウトだったりする事もあり、その業界の人間ならともかく、門外漢から見れば、寿司屋で時価の寿司を頼むような怖い感じはしますでしょ? でも最初っから明朗会計ならば、安心してお願いできるし、こちらの予算に応じて伴奏者さんを依頼する事もできます。

 ダメなところは…別にこのサイトの責任じゃないけれど、伴奏者さんが都会に集中しているって事かな? 都会の人なら、このサイトも便利に使えるかもしれないけれど、地方の人には…あまり役にたたないよなあ。だって、地方のピアニストさんがあまり登録していないからね。

 おそらく、本当に需要があるのは、地方の方なんじゃないかな? 都会の人って、周囲にたくさんピアニストさんがいらっしゃるから、この手のサイトを利用しなくて、すぐにピアニストさんは見つかるでしょ? でも地方って、音楽ネットワークが都会ほど広くないし、ピアニストさんがそもそも地方には少ないから、伴奏してくれるピアニストさんの情報って貴重だと思います。

 プロの音楽家さんって、ほんと、地方だと数少ないんだよね。学校の音楽の先生ですから、地方では人手不足だからね。都会は音楽家がたくさんいすぎて、仕事が足りなくて、音楽の仕事にありつけないプロの方も大勢いらっしゃるのに、地方だと音楽家そのものが少ないんだよね。

 音楽家さんって、何故か、地方に住みたがらないんだよ。たとえ仕事にあぶれていても、地方には行きたがりません。でもね、地方にいけば、それなりに仕事があるのにね。

 私が以前フルートを習っていた笛先生は、今、某地方にいるのだけれど、そこでもフルートをバリバリ教えているんだけれど、今ではフルートを教えるだけでなく、演奏活動も充実しているみたいだし(なにしろ、その土地では唯一のプロフルーティストでから、地域独占で活動しているようです)地元のテレビ局にも出入りできるようになり、ローカル番組等で使う音楽を演奏したり、作曲したりと、結構忙しいみたいです。こちらにいた時はなかなか難しかった、自分のための海外でのフルートの勉強も、今では定期的に行っているみたいで、羽振りがよくなったんだなあって、端からは見えます。

 私の見えない部分でのご苦労も当然あるでしょうが、押しなべて言えば、地方移住大成功ってパターンのようです。

 閑話休題。おそらく他にも似たような伴奏者紹介サービスはあるかもしれないけれど、これも何かの縁なので、こちらの“伴奏者募集サイト”をご紹介させていただきましたが、私自身はここを利用する予定はないし、何かトラブル等が発生しても、サイトのご利用は自己責任って事で、よろしくお願いしますよ。

蛇足 本当にガチマジ系の仕事を依頼するなら、こういうサイトではなく、ちゃんとした音楽事務所と話をして、そちらからピアニストさんを派遣してもらう方がいいような気がします。何か不測の事態が起こった時、個人的な依頼だとどうにもならない事があっても、事務所経由なら、事務所が何とかしてくれるでしょ。ガチマジ系なら、その辺のリスクもちゃんと計算に入れて、仕事の依頼をするべきだと…私は思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 知ってましたか? 日本の音楽大学って、全部私立学校なんですよ | トップページ | 国産一体型パソコンは…やっぱり高価なパソコンだよなあ »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、こんにちは。
私は発表会ではなくて、自分だけでも出る場合、とりあえず声楽の先生に紹介してもらっています。それこそ、「発表会で伴奏してくれた●●さんを紹介して下さい」と言うと、先生は伴奏者に連絡先を教える承諾を取った後、こちらで連絡がとれるようにして下さります。
あとは、なるべく一旦お願いした方の連絡先は聞くようにするとか・・・
紹介サイトも使ったことがありましたが、直接のやり取りにならないため、返答が遅いのが難点です。一番重視するのは、その日時で対応できるか、ということなのですが、プロフィールで選んで一人ひとりに確認しろ、というシステムが不便だと思いました。

ドロシーさん

>一番重視するのは、その日時で対応できるか、ということなのですが、プロフィールで選んで一人ひとりに確認しろ、というシステムが不便だと思いました。

 そう言われてみれば、そうだね。相手はプロのピアニストさんなわけで、当然、仕事をたくさん抱えているわけで、こっちのスケジュールに合わせてもらえるのかってのは…確かに難しいですね。

 大抵のプロのピアニストさんは忙しいのが、デフォルトだもんなあ…。

 知り合いなら、そういうところって、なんとなく知っているものだし、だからそこを踏まえて頼んだり頼まなかったりするわけで(だから私もピアニストさんは二人キープしているわけだ)相手が全くの他人だと、そこをいちいち確認しなきゃいけないわけで、そのやりとりがスピーディーに出来るならともかく、確かにサイトをはさんでのメールのやり取りだと、少々不便かも。

 とは言え、本当にアテがないなら、こういうサイトも無いよりはマシ(ごめんなさい)ってところなのでしょうね。

 まあ、最初こそはサイト経由でも、いい人で相性も良ければ、次からは直に頼んじゃえばいいわけだし、そうやって人脈広げていけばいいんだろうなあって思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知ってましたか? 日本の音楽大学って、全部私立学校なんですよ | トップページ | 国産一体型パソコンは…やっぱり高価なパソコンだよなあ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん