ひとこと

  •  9000人と聞いていた観客数が、当日に7000人だと聞いて、コンサートをドタキャンしちゃったと言ってるジュリーは、ファンの喜びよりも自分のメンツを優先してしまったわけで、それってエンタメ業界のプロとして、どうなんだろう?と思います。確かに3万人入る会場に7000人なら、キャパの1/4にも満たないスカスカ状態なわけで、そりゃあ不貞腐れたくなる気持ちも分からないでもないし、予定していた反原発署名がアリーナ側から禁止されたとしたら、サヨク的にファビョる気持ちも理解できるけれど、集まった7000人のファンのために、いや、たとえそのファンが700人や70人であったとしても、ファンの皆さんはこの日のために、万全の準備をして、日本各地からこの日のコンサートのために万障繰り合わせてやってきたわけで、それを思えば、中止とか延期とかありえないでしょ? コンサートのチケットだけでなく、交通費や宿泊費もかかっているし、家族や仕事仲間に気を使いながら集まってきたわけで、そういうファンの事情も考えた上で、それでも自分のメンツや反原発運動の方が大切だったのか、よくよく考えてもらいたいと思います。ちなみに、私は昔のジュリーのファンです(彼がサヨクに舵を切った時点でファンを辞めました)。かつて好きだったアイドルの醜聞なんて聞きたくないよぉ。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 最近は、水戸黄門にハマってます | トップページ | まだしばらく武満を歌っていきます »

2017年11月 6日 (月)

最近、プラ管フルートの調子が悪いのです

 タイトル通り、最近、プラ管フルートのプラ子の調子が悪いのです。プラ子は、ヌーボ社製の廉価なプラスチックフルートです。製品名は“NUVO ヌーボ プラスチック製 フルート Student Flute FGSFBLK”と言い、価格は約1万5千円で、基本的にはメンテフリーな楽器で、いわゆるスチューデントモデルの楽器です。

 

 見た目は安っぽいですし、実際廉価な製品なのですが、性能は値段の割にはしっかりしています。音程も操作性も合格ラインです。ただし、鳴らすポイントが狭い上に、息をうわばみのように飲み込んでしまうので、スチューデントモデルでありながら、本当の初心者には吹きこなせないかもしれません。そういう意味では、遊びで吹くためのフルートではなく、向上心あふれる上昇志向の学習者向けのフルートであり、ある意味、手強いコーチのような楽器です。

 なので、私はこいつを練習用フルートとして愛用しています。ほんと、練習用としては、なかなか手強くて良いですよ。ですから、ほぼ、毎日のように吹いています。本妻であるアゲハ(アルタスの総銀フルート)は、自宅練習では、週に1回あるいは2回も吹けば良い方で、吹いている時間は、アゲハよりもプラ子の方が多いくらいです。

 なにしろ、こいつで練習しておくと、レッスンなどでアゲハを吹くと、楽で楽で…。アゲハだって、他のフルート較べると、ツンデレ度が極めて高い、吹くのが難しいフルートなんですが、それ以上にプラ子を吹くのは難しく、こいつで鍛えられると、どんな楽器でも吹けそうな気がするくらいです。プラ子は、良い練習楽器として活用しています。

 私は、こいつを書斎のフルートスタンドにいつでも差してあります。で、気が向いたら、すぐに手に取って吹いて、吹き終えたら、そのままフルートスタンドに差します。

 片付けませんし、手入れもしません。気楽なものてすし、扱いはかなり雑です。それでも良いのが、この子の特徴です。

 声楽が2ヶ月連続で本番だったため、その間、ちょっとフルートの練習時間が減り気味でしたが、声楽の本番も終わり、今までの分も含めて、少しフルートの練習時間を増やしているのが最近の私です。

 で、フルートの使用量が増えたせいでしょうか…最近、プラ子の調子が悪いのです。

 原因ははっきり分かっています。Aisキーにトラブルが発生しているからです。Aisキーですよ、Aisレバーじゃなくて、Aisキーね。

 で、どんなトラブルが起こったのかと言うと、このキーの動きがとても鈍くなったのです。押えるのは良いのですが、そこから開放しずらくなった…と言うか、一度塞ぐと、キーが開くのに時間が掛かると言うか、もっさりしか動かなくなったって感じなのです。おそらく、Aisキーのタンポがキーホールのエッジに張り付くようになったみたいです。実際、ペタペタという音がしますしね…。張り付くというか粘着する? それですばやく開かなくなったようです。で、よく見ると、このAisキーだけが、他のキーと較べて、デフォルトの位置がトーンホールにやけに近づいているのですよ。つまり調整をして、もう少しキーとトーンホールの距離を開けてやれば良いのかもしれませんし、少し練習間隔をあけて、キータンポを乾かしてやれば、張り付きもしなくなるかもしれません。

 …って原因は分かっているけれど、プラ子は毎日吹いているから乾かす暇がないし、キーの調整は自分でやるんだけれど、そのための精密ドライバーをどこにやったのか思い出せないし…。

 という訳で、調子が悪い調子が悪いと言いながら、毎日吹いてます。あんまりAisキーの戻りが悪くてイライラする日は、Aisキーレバーを操作して、無理にAisキーを開いていたりします(ああ、乱暴だ!)

 まあ、調子が悪いと書きながらも、このフルート、購入して以来、もう5年も経つんだよね。5年間、何のメンテナンスもせずに、毎日毎日の酷使に耐えてきたわけで、もうすでに減価償却はとっくに終えていると思うんだよね。ほんと、ご苦労様って感じです。新品に買い換えてもいいのだけれど、なんとなく愛着もあるので、まだ使い続けています。

 まあ、本格的に調子の悪さに耐えられなくなったら、新品に買い換えると思います。これだけ安価な楽器なので、別に修理する必要ないよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 最近は、水戸黄門にハマってます | トップページ | まだしばらく武満を歌っていきます »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近は、水戸黄門にハマってます | トップページ | まだしばらく武満を歌っていきます »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん