ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 肉離れになりました | トップページ | なんで大きな声で歌えないの? »

2017年10月 2日 (月)

ファルセットが自由に出せるようになりました

 このブログの古くからの読者さんは知っているでしょうが、以前の私はファルセットが大の苦手でした。はっきり言っちゃえば、ファルセットで歌うどころか、ファルセットが出せませんでした。

 ま、当時の私は、テノールがファルセットで歌うのは負けだと思ってましたし、キング先生時代はファルセットで歌うことは言われなかったので「ファルセットなんて出せなくてもいいや」と思っていました。

 ファルセットと言うのは、裏声と呼ばれる種類の声で、クラシック系女声の歌声はファルセットから出発しますので、女性でファルセットが出せない人…と言うのは、まずいないのですが、男声は基本的にファルセットを使わないので、男性の中にはファルセットが出せないという人もいます。私がそうでした。男性でファルセットを用いて歌うのは、カウンターテナーとかメールアルトとかソプラニスタとか呼ばれる例外的な声の持ち主だけであって、一般的な男声ではファルセットは、まず使いません。

 …と言うのは、教科書的な答えであり、理想形であって、実際、バスやバリトンはともかく、テノールでは、やむをえず、ファルセットを多用していたりします。

 例えば、合唱テノールですね。団にもよりますが、高いEやFから上の声は、ファルセットで発声しなさいと統一している団も、実は結構あります。

 合唱では音色の統一ってヤツが大切です。いくらテノールであるとは言っても、合唱テノールの中には、EやFあたりで苦労する人もぼちぼちいます。出せる人は実声で歌い、無理な人はファルセットで歌う…では団としての統一性に欠けるので、そのあたりの音程からテノールは全員ファルセットで歌う事にしている団は多いです。また音色の統一だけでなく、EやFを出せたとしても、乱暴な声で発声されてはハーモニーぶち壊しだったりもするので、優しい音色のファルセットを重宝に使う事もあります。

 合唱でテノールをやるなら、ファルセットを自由に使えることは、必須テクニックなのかもしれません。

 また、独唱であっても、ファルセットは発声テクニックとして必要です。高音をPPで歌う事はありますが、そんな時はファルセットを用いて切なく歌うというのもアリなんです。

 まあ、独唱の場合、通常の歌唱では、どんなに高音でもファルセットは用いませんが、だからと言って、ファルセットが出せないというのはマズいんですね。

 と言うのも、私もそうでしたが、ファルセットが出せない人と言うのは、ガチガチにノドに力が入っているからファルセットが出せないわけで、ノド声なんですよ。ですから、そんなノド声で無理に高音を出そうとして、ノドにフタが覆いかぶさったように息が止まってしまうか、それをむりやり突破しても、音程がぶら下がった苦しげな声にしかなりません。それじゃあダメなんですね。

 むしろ、高音を出そうとして、失敗をしてファルセットになってしまうくらいの方がマシなのです。だって、ノドから力が抜けていて、声がスっぽ抜けてしまうからファルセットになってしまうだけなんですから。もちろん、声がスっぽ抜けてしまうのはマズいんですが、ノド声よりは(比較の問題ですが)ずっとマシなんです。

 テノールの高音は、ファルセットになりそうで、ギリギリならないあたりの声で用いるのです。だから、ファルセットで歌っちゃダメなんだけれど、ファルセットでも歌えるようでなければ、テノールとして先が無いんです。

 だから、テノールとして頑張っていくなら、ファルセットが出せるのはもちろん、ファルセットで歌えないといけません。むしろ、ファルセットで歌うのが得意なくらいの方が良いかもね。

 Y先生に代わって、ノド声対策をするようになり、徐々にノドの力を抜いて楽に歌えるようになったところ、少しずつファルセットで歌えるようになりました。まだまだ、ファルセットで歌うのが得意…とまではいきませんが、ひとまず発声としてのファルセットは、割りと自由にできるようになりました。

 ノド声からだいぶ離脱できてきた…って感じでしょうか? 次はファルセットで歌うのではなく、その手前で踏ん張って歌えるようになれたら、うれしいなあって思ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 肉離れになりました | トップページ | なんで大きな声で歌えないの? »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肉離れになりました | トップページ | なんで大きな声で歌えないの? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん