ひとこと

  •  選挙が終わり、今から数年間の日本の政治体制も決まりました。さて、今日からは非民主主義的な手法で、日本を揺さぶる方々が暗躍します…と言っても、その事自体は選挙前からずっとやってますけれどね。それにしても、なぜ選挙結果を受け入れず、日本をダメにする方向で活躍する人たちが、我が国には大勢いるんでしょうね? 「思想信条は個人の自由」とは言え、選挙結果に準じて任せるのが間接民主主義ってヤツでしょ! 憲法にも43条を始めとして、選挙で決めますよと書かれているわけで、民主主義とか憲法とかを大切にしている人ほど、次の選挙までは臥薪嘗胆となるはずなのですが…大騒ぎする人たちは、口先ばかりの人たちで、民主主義も憲法もご存知ないんだろうと思います。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 喉声って、そんなに非難されるような声なのでしょうか? | トップページ | 母音も子音もしっかり歌いましょう »

2017年10月10日 (火)

息の支え方を変えてみました

 クラシックコンサートは終わりましたが、話はコンサート以前に戻ります。まだまだコンサートの話にはたどり着きません(ごめんね)。

 さて、声楽のレッスンに行ってきました。

 今回も、前回同様に私達のレッスンの前にプロの方のレッスンが入っていました。感想は…前回同様です(汗)。でも、今度は妻も一緒にレッスンを聞けたので、きっと彼女の勉強になった事でしょう。

 で、我々の順番になりました。いよいよ、クラシックコンサート前、最後のレッスンとなりました。

 ハミング練習は、例によって、奥を開く事を重点的に行いました。

 発声練習は、息の支え方をいつもと変えてみました。今までは、腹筋を中心に息を支えていたのですが、今回は試みに、臀筋や背筋を中心に息を支えるやり方でやってみました。このやり方、昔々、某合唱団にいた時に、当時の合唱指揮者だったS先生に習ったけれど、その時は(当然だけれど)全然できなかったやり方です。まあ、当時は出来ていなくても、なんとなく出来ていたような気がしていたのですが、今思えば、当時は全然ダメでした。もっと、全然ダメでも、周りの団員さんたちも同じ感じで全然ダメだったので、気にならなかった…と言うか、むしろ自分はよく出来ていたんじゃないかって感じすらしていました。

 閑話休題。そういうわけで、久しぶりに臀筋と背筋を意識的に動かしてみたのですが…バリバリバリと音がするような感じがするくらいに、動かしゃあ動くのだけれど、すごいエネルギーが必要…と言うか、これ、絶対、筋肉痛になるだろうなあ…というくらいな感じになりました。やっぱり普段使っていない筋肉を動かすのは大変です。

 ま、それにしても、臀筋も背筋も、自分で思っている以上によく動いてくれました。

 とにかく、息を臀筋で作って、それを背筋に送り、それをそのまま首を経由して、後頭部に渡して、頭頂部から噴水のように湧き出させる…ってイメージです。腹筋は使わないのかと言えば、そんな事はなく、背筋を使う時に、背筋を支えるように腹筋も使っていきますので、腹筋だけで歌っていた時よりも、全身運動っぽくなりますし、腹筋だけでは足りないパワーを、臀筋やら背筋やらを活用することで、マシマシにしていこうというわけです。

 結果はどうなんでしょうね? 私的には、良い感じですが、まだまだカラダが付いてこれないって感じもします。しばらくはこのやり方に慣れていくのもアリかなとは思ってます。

 さて、クラシックコンサート後のレッスンで取り上げる曲を決めました。まずは武満から。まあ、歌いたい歌は色々あります。例えば「小さな空」とか「死んだ男の残したものは」とかの有名曲は是非歌ってみたいのですが、今回の“知らない曲を勉強する”という目的とは違ってきます。で、色々と考えたのだけれど、行き詰まってしまったので、結局、先生が最初に薦めてくださった曲の中から「○と△の歌」を歌うことにしました。もちろん、私、全然知らない曲です。この曲を知っている人って、そんなにいないですよね。
 もう一曲のイタリア歌曲は…ドナウディにしました。最近、トスティばかりを歌っていますから、たまには違う作曲家も良いでしょう。「Amorosi miei giorni/私の愛の日々」を歌うことにしました。ドナウディの歌曲の中では、割と有名な方に属すると思うので、知っている人は知っていらっしゃるだろうと思います。

 とにかく、クラシックコンサートが終わったら、これら2曲に取り組んでいくつもりです。

 今回は、2曲のうち、武満の「○と△の歌」の音源を貼っておきます。

 えっと、小室等によるポピュラー版の「○と△の歌」です。本当はクラシック版の音源を貼りたかったのですが、クラシック版には私の趣味に合うのが無くて…で、ポピュラー版の音源を貼ってみました。でも、この曲の持つ雰囲気をうまく表現していると思います。もちろん、私が歌う時は、クラシック歌手として歌いますから、だいぶ雰囲気は変わると思いますが、でもこの曲は、そもそもこんな感じの素朴な曲なんです。音楽をあんまりゴージャスにしちゃうのは、違うような気がするんです。だから、この音源っす。

 いいでしょ? 結構。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 喉声って、そんなに非難されるような声なのでしょうか? | トップページ | 母音も子音もしっかり歌いましょう »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 喉声って、そんなに非難されるような声なのでしょうか? | トップページ | 母音も子音もしっかり歌いましょう »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん