ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 大好きな作曲家について語ってみよう その3 プッチーニ | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その5 ベートーヴェン »

2017年8月17日 (木)

大好きな作曲家について語ってみよう その4 トスティ

 はい、今回取り上げる作曲家は、イタリアの作曲家、トスティです。ここのブログを読み続けている方は「あ、出た出た」と思ってくださるでしょうが、一般の音楽ファンの方々だと「誰、それ?」的な作曲家さんでございます。

 いやあ、私、トスティ大好きですよ。私が今までレッスン等で学んだ曲は、のべで108曲になりますが、そのうちの15曲がトスティの作品です。これは、作曲家別で学んだ曲数で言うと第1位になります。それだけ私は積極的にトスティを学び、歌ってきたって事です。

 ちなみに、第2位はプッチーニの13曲になります。ただし、プッチーニの場合、その大半は去年集中的に学んだ「ラ・ボエーム」なんですがね(笑)。トスティはコンスタントにコツコツと学んで、この曲数なんです。

 トスティは、声楽の作曲家です。それも歌曲の作曲家で、オペラは一曲も書いてません。さらに、彼の作品のほとんどである歌曲は、テノールを対象に書かれているものがほとんどです。つまり、トスティはテノール歌手のための作曲家であると言っても過言ではありません。それは、ショパンがピアニストのための作曲家であるのと同様なのです。

 だから、テノールである私が、トスティの事を好きにならずにはいられないってわけなのです。

 トスティについては、好きすぎて、すでに記事にして書いていますので、もしよかったら、それらの記事も御覧ください。

トスティって、本当はヴァイオリニストだったの?

トスティはイギリス人だったって知ってましたか?

トスティは三流の作曲家なのか?

 トスティは、いわゆるメロディーメイカーです。美しいメロディーをいっぱい書いてくれました。世の多くの作曲家たちは、彼らが生み出した最上のメロディを、大抵の場合、ソプラノに与えます。まあ、作曲家のほとんどはスケベ親父ですから、下心込みで、ソプラノにいい顔をしたいというのは、私も男ですから分からないでもないです。ですから、オペラのアリアであれ、歌曲であれ、美しいメロディーは、たいていソプラノのものであり、他の声種は、ソプラノのために書かれたメロディを移調して歌うことが多いのです。

 しかしテノールにはトスティがいます。トスティは、彼の生み出した美しいメロディをソプラノのためではなく、テノールのために書きました。これは彼が男に下心があったから…では決して無く(彼は、音楽家には珍しく、同性愛者ではありません:笑)、実は彼自身が優秀なテノール歌手であったので、自分のために曲を書くことが多かったし、美しいメロディーは自分のために使ったので、結果としてテノール歌手のための良曲がたくさん残ったわけです。

 ああ、うれしい。

 ちなみに、テノール歌手のために書かれた曲というのは、オペラのテノールアリアと、トスティの歌曲以外だと、ナポリ民謡ぐらいしかありません。ナポリ民謡は、良い歌が多いのだけれど、所詮民謡であって、芸術家曲ではありません。テノールアリアは、主役級のアリアしか無いので、激烈に難しく、歌う人を選びます。その点においても、トスティの歌曲がテノールのために書かれた幸せを私は喜びます。

 もっとも、トスティの歌曲はメロディが美しすぎるため「こんなのは芸術歌曲じゃない、イタリア民謡だ!」と言ってはばからない人がいるのも事実です。最近はそうでもないらしいのですが、ちょっと前までは、トスティの作品は鬼っ子扱いで、音大などでは学ばなかったそうです。まあ、いいけれど。

 トスティについては、今までも何度も書いてきていますので、何を語っても“屋上屋を架す ”となってしまうのですが、それほど私がトスティとその作品が大好きなことは分かってください。

 さて、大好きな一曲を選ぶとなると…本当に困ります。トスティに関しては、どれもこれも大好きですからね。あえて選ぶとすると…有名な曲ではありませんが「Love Me!/私を愛してください!」かな? 本当に美しい曲なんですよ。

 歌っているのは、テノールのホセ・カレーラスです。動画じゃないのが残念だけれど、この歌、本当に歌っている人が少なくて、当然、YouTubeに上げられている動画も少ないのです。その中では、この音源がやっぱり良くて、これにしました。実は私自身が歌った音源をここに貼っちゃうかと一瞬思って、聞き直して見たら、わざわざ貼り付ける価値もない歌唱であった事を思い知りました。

 当たり前の話だけれど、私の歌は、まだまだ下手っぴだね。上手くなる日は来るのかしら?

 どうしても私の歌を聞きたいという人(そんな人なんているのかしら?)は、ここをクリックしてください。どうなっても知らないよ(爆)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 大好きな作曲家について語ってみよう その3 プッチーニ | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その5 ベートーヴェン »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大好きな作曲家について語ってみよう その3 プッチーニ | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その5 ベートーヴェン »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん