ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 発表会と併せて、クラシックコンサートのレッスンも始めました | トップページ | 2017年フルート合宿 その1 行きの話 »

2017年8月27日 (日)

メトのライブビューイングで『シモン・ボッカネグラ』を見てきた

 お盆休み~夏休みと言えば、メトのアンコール上映です。私も例年のように、見逃していた過去上映作を見に行きました。

 今回、見てきたのが、2009-2010年のシーズンに上映された、ヴェルディ作曲の「シモン・ボッカネグラ」です。これは当時、テノールであったドミンゴが、始めてバリトン役にチャレンジした作品として、話題を呼んだ作品です。

 今となっては、この時を境に、ドミンゴがテノールからバリトンへ転向した事は分かっていますが、当時はそれをなかなか言い出しにくい状況だったようで、バリトンへの転向ではなく、ちょっとバリトンの役を歌ってみました…って感じで世間的には通していたようで、本人自身、インタビューの中で「自分はテノールだけど…」という枕詞を何度も言っていたくらいです。

 ま、それだけバリトン転向には慎重だったのでしょうね。

 で、実際、どうだったのかと言えば…ドミンゴ、はまり役です。良いですよ。

 シモン・ボッカネグラと言えば、バリトンの大役であり、歴代の大バリトン歌手たちが演じてきた役です。作曲家であるヴェルディは、この役はバリトン歌手が演じる事を念頭に置いて作曲したわけだから、バリトン歌手が歌うのが、そりゃあ良いのだけれど、若い時に数多くの英雄を演じてきたテノール歌手が演じるシモンも、実に良いのです。

 まず、プロローグです。この部分は前日譚だけあって、登場人物の年齢が本来の年齢よりも25歳若いのです。主人公のシモンは…おそらく30代前半という設定。まず、この段階では、その若さが表現できないといけません。今まで見てきたバリトン役のシモンは…たいてい老成しすぎてます。最初っから老人なのです。この段階では青年…は言い過ぎですが、まだ中年になりたての若いオッサンでないといけませんが、その若さがバリトン歌手ではうまく表現できません。

 そこへ行くと、若作りというのはテノールの得意技であって、ドミンゴが演じるシモンは、実に若々しいシモンなわけで、30代と言われれば、そう見えなくもないほどに若いシモンを演じています。まず、ここで高得点です。

 第一幕以降は25年経っているわけで、シモンもアラカンになっているわけですが、実にドミンゴがいい感じで老けていて「ああ、シモンも老人になったんだな」と感じるわけです。この25年の年月の取り方が実に上手なのです。まあ、この時のドミンゴの実年齢が、69歳ですから、アラカンと言えば、素の自分に近いわけで、そりゃあ上手に年も取るわな…って感じです。

 そして、歌唱スタイルがなんとも良いのです。シモンという役、総督と訳されていますが、つまりはジェノバ共和国の初代大統領なわけで、総督という役職は、それなりの威光のある役職であって、それゆえにバリトン歌手が歌ってきた役(偉い人と嫌なヤツは、たいていバリトンです)なのですが、ドミンゴのような重い声のテノールには、実にぴったりな役です。若い時に、道化師やオテロなどを歌ってきたテノールが年老いてから演じるのに、本当にぴったりの役だと思いました。

 ただし、ドミンゴにバリトン声を求めるのは違います。いくら「バリトン寄りのテノール」とは言え、テノールはテノールであってバリトンではありませんし、ドミンゴはシモンを、バリトンに寄せた声ではなく、あくまでも自分のテノールの声で歌っています。

 でも、この年老いたテノールの声がシモン役に、不思議とハマっているんですよ。

 ドミンゴは、本当に良い役を見つけてきたと思います。

 テノールは声の特質から、演じる役が若者ばかりです。おまけに体力的にもキツイ高音を連発しないといけません。ですから、テノールは他の声と比べると、どうしても歌手生命が短くなってしまいます。もっと老人のテノール役があれば、もっとカラダへの負担の少ない、高音の少なめなテノールの役があれば…と思う人々がいても不思議ありません。それくらい、テノールの役って、若くて高音に偏っているわけです。

 ドミンゴは、そもそも高音が得意なテノールではありませんでしたし、卓越した歌唱技術で歌っていたので、年を取ったからと言って、急に歌えなくなるわけではありません。しかし、60歳を越えて青年役をやるのは無理だし、高音だってキツくなってくるわけです。そこで、老人のテノールでも歌える役はないかと探して、見つけ出したのが、英雄的なバリトン役だったんだろうと思います。そして、それが見事当たったわけです。

 ドミンゴのシモン・ボッカネグラ。正直言って、テノールがバリトンの主役を歌っているゲテモノです。誰にでも薦められるモノではありません。だからと言って、簡単には否定できないのも確かです。実際、これはこれでアリだと私は思いました。

 これは劇場も演出も指揮者も違いますが、ドミンゴが「シモン・ボッカネグラ」を演じているBlu-rayです。メトのアンコールでまだ見れるならそれを、なかなか難しいのであれば、このBlu-rayでドミンゴのシモンを見てみると良いでしょう。

 テノール歌手の新しいレパートリーを見ることができます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 発表会と併せて、クラシックコンサートのレッスンも始めました | トップページ | 2017年フルート合宿 その1 行きの話 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発表会と併せて、クラシックコンサートのレッスンも始めました | トップページ | 2017年フルート合宿 その1 行きの話 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん