ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 老犬ブログが、11年目に突入しました | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その3 プッチーニ »

2017年8月15日 (火)

“ピカチュウ、大量発生チュウ!”に行ってきた

 別企画その2です。本日が最終日なので、ここにぶちこまざるをえなかった“ピカチュウ、大量発生チュウ!”の話をします。

 私、行ってきました。“ピカチュウ、大量発生チュウ!”に! いやあ、すごくすごく楽しかったですよ。これは家族連れで楽しめる、本格的な街イベントです。あえて言っちゃえば、ディズニーランドにも匹敵するほどの楽しさです。

 場所は、神奈川県横浜市のみなとみらい地区。電車的に言えば、JRなら桜木町からランドマークタワー方面。みなとみらい線なら、みなとみらい駅から赤レンガ倉庫方面の地区です。とにかく、あのあたりで行われています。

 公式ページはこちらね。このページを見るだけでも、その楽しさは想像できるというモノです。

 とにかく何がスゴイのかと言っちゃうと、みなとみならい地区という一つの街全体が、ピカチュウの街になってしまうってのがスゴイのです。街中、どこを見ても、ピカチュウなのです。あっちの壁、こっちの壁に、ピカチュウのイラストが貼ってあり、のぼりやフラッグ、あっちこっちに展示されているオブジェもほぼピカチュウなのです(たまに、メタモンとミミッキュが混じってますが:笑)。とにかく、どこもかしこもピカチュウピカチュウなのです。さらに、ちょっとした広場や公園にはステージが設けられ、一日に何度もピカチュウのショーが行われ、空を見上げれば、ピカチュウの飛行船が飛んでいるし、海を見れば、たくさんのピカチュウが乗り込んだ船が走っていて、ピカチュウたちが手を振っているし、ピカチュウのラッピングがされた水陸両方のバスが走っていたり…。コスモワールドの観覧車のイルミネーションもピカチュウだし、ほんと、あっちこっちでピカチュウなのです。

 まあ、だから“ピカチュウ、大量発生チュウ!”なんだけれどね。

 私もショーは、二つばかり見てきました。一つは、日本丸パークで行われた『海のカーニバル』と赤レンガ倉庫で行われた『水のカーニバル』です。

 『海のカーニバル』は、ストンプショーで、三体のピカチュウがダンサーさんたちと一緒に踊りまくるというショーなのです。このピカチュウたちが、とてもかわいくて、さらにダンスがキレッキレッでスゴイんですよ。なんかねー、ピカチュウたちがかわいすぎて、見ているこちらがとろけちゃいそうです。

 『水のカーニバル』は、いわゆる“すぶぬれスプラッシュショー”で、特に私は、ずぶぬれエリアで楽しみましたから、本当にずぶ濡れになりました。とにかく、大げさでなく、大量の水が会場のあっちこっちから放水されまくり、私、上から下までビッチョッビッチョッでした(笑)。とにかく、頭の先からつま先まで、まるでゲリラ雷雨を喰らったかよのうように濡れました。なにしろ、パンツまでびっしょりでした。実は、放水から逃げ回っていたので、肝心のピカチュウのショーは…半分ぐらいしか見てなかったけれど、なんとも非日常な体験で、すっげー楽しかったです。

 ポケモンGO的にも楽しかったよ。もちろん、ゲームの中でもピカチュウが大量発生していましたが、それ以上に、普段はなかなか野良では見かけない、アンノーンやラッキー、ヨーギラス、ワンリキーなども大量発生していて、もうモンスターボールが足りなくなっちゃうほどでした。おまけに、普段は日本国内には出没しない、バリヤードが、カップヌードルミュージアムパークに大量発生していて、そりゃあもうスゴかったです。

 ポケストップがバーチャルだけでなく、リアルに街なかに出没していて、それもなかなか愉快でした。レイドバトルも人が多すぎる(笑)ので、強いボス相手でもあっという間に決着ついちゃうし…。

 また、当日のみなとみらいでゲットしたポケモンのタマゴたちは、ほぼ2Kmなんだけれど、この2Kmのタマゴから、普段は10Kmからしか出てこないポケモンたちがわんさか誕生していました。おかげで、当日はみなとみらい中を歩きに歩き回りましたよ。おかげで、自覚なしに疲労困憊しておりまして、帰りの電車の中では、泣きたくなるくらいに疲れちゃいました。

 翌日は…体中が筋肉痛で痛かったし、疲労が回復しきれずに気持ち悪くなるし…、それくらい我を忘れて、楽しんできたわけです。

 ほんと“ピカチュウ、大量発生チュウ!”、楽しすぎ。オトナも子どもも、日本人も外国人も老若男女関係なく楽しめるなんて、ピカチュウのコンテンツとしての人気の高さに、改めて驚いた私です。

 ディズニーランドのミッキーマウスの人気もすごいけれど、大量発生(今年は1500匹のピカチュウが用意されたそうです)できるピカチュウの魅力は、また格別だよね。群舞にしてもパレードにしても、そりゃあすごいもの。

 あまりに参加者が多かったので、不足していたのは、トイレの数とポケモンGOの電波&サーバーのキャパぐらいだね。次年度以降は(特に電波とサーバーのキャパは)何とかしてもらいたいものです。トイレの数は…公園地帯は仮設トイレで対処できるとして、街なかはちょっと難しいよね。でも、トイレは大切だから、関係者の皆さんには、良い知恵をしぼっていただきたいと思います。、

蛇足 大量発生終了後のピカチュウたちは…と言うと、どうやら、日本国内の映画館に行き、上映中のポケモン映画の宣伝をするようです。1500匹のピカチュウがいれば、日本中の映画館に挨拶にいけるというものです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 老犬ブログが、11年目に突入しました | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その3 プッチーニ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老犬ブログが、11年目に突入しました | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その3 プッチーニ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん