ひとこと

  •  選挙が終わり、今から数年間の日本の政治体制も決まりました。さて、今日からは非民主主義的な手法で、日本を揺さぶる方々が暗躍します…と言っても、その事自体は選挙前からずっとやってますけれどね。それにしても、なぜ選挙結果を受け入れず、日本をダメにする方向で活躍する人たちが、我が国には大勢いるんでしょうね? 「思想信条は個人の自由」とは言え、選挙結果に準じて任せるのが間接民主主義ってヤツでしょ! 憲法にも43条を始めとして、選挙で決めますよと書かれているわけで、民主主義とか憲法とかを大切にしている人ほど、次の選挙までは臥薪嘗胆となるはずなのですが…大騒ぎする人たちは、口先ばかりの人たちで、民主主義も憲法もご存知ないんだろうと思います。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』を見てきました | トップページ | ちょっとブログをお休みします »

2017年8月 4日 (金)

そういえば、最近はきちんとレッスンに通えています…ね

 今回もフルートのレッスンに行けました。いやあ、なんか真面目にレッスンに通えて、良々って感じです。実はやっと、先生から合宿の要項をいただきました。で、要項をいただくのが待ちきれずに、先日買ってしまった新幹線のチケットとさっそく照らし合わせです。だって、新幹線のチケットが無駄になったら、イヤじゃない?

 行きのチケットは、もともと善光寺観光を予定していたので、時間に余裕を持って購入しているので、当然、大丈夫でした…とは言え、ちょっと早すぎたかな? だって長野で3時間も余裕があるんだよ。善光寺行って、お昼を食べても…たぶんまだ時間が余る。余るくらいだったら、出発の時刻をもう少し遅くしたかったのだけれど…そこは諦めましょう。すこし早起きすればいいわけだし、早起きと言っても、普段仕事に行くよりも遅いんだから文句は言わない事にしましょう。たぶん、電車の中は朝のラッシュで混み混みだろうけれど、そこはグリーン車に乗ることでラッシュは回避しましょう。むしろ問題は帰りのチケットですが…私が思っていたよりも、宿からの出発が遅かったけれど、まあ、それでも、長野出発の時刻まで、お土産屋さんを冷やかして、お茶するくらいの余裕がありました。良かった~。

 さて、レッスンです。ロングトーン練習は、まあまあ良しです。でも、なぜかミだけ、どのオクターブでも、先生とちょっと合いませんでした。ミの音程だけ悪い私なのでした。不思議だね。

 エルステユーブンゲンは、20番と21番ですが、合格なんてするはずないんです。だって、全く練習してないもん。家じゃあ楽譜すら見てません。

 練習してないんだから、暗譜なんてできるわけないよね。不足気味な練習時間は、目下のところ、合宿での発表会曲の練習に費やしているので、とてもとてもエルステユーブンゲンまで手が回らないのでございました。先生からは、もう指は出来上がっているから、後は暗譜さえすれば合格…と言われていますが、その暗譜をできるほどの練習量の確保ってのが、高い壁なんだよね。

 じゃあ、プチエチュードも同様に練習をしていないのかと言えば…こっちはちゃっかり練習していたりするんです。だって、プチエチュードの方が曲として面白いから、ついつい練習しちゃうんだよね。ずっと17番を吹いてますが、やっぱり難しいですね。最近、ようやく、この曲の全体のリズムが分かってきたような気がします。うむ、いい感じです。先生からは、きちんと足で拍子を取りながら吹けるといいですね…と言われていますが、フルート吹くのに夢中になってしまうと、足が止まってしまう私なのでした。

 それにリズムが分かっても、まだまだ指が完璧ではないので、ミスブローがたくさんあるのが残念です。

 ラルゴは…まあ、いい感じです。今回は、先生と一緒に吹いてみました。一箇所、リズムが違う箇所と、音が違う箇所がありました。先生と一緒に吹いていると、間違えると、すぐに分かるから良いよね。

 ワルツィング・キャットは…H先生のレッスンでは取り上げません。合宿までに自分のパートを完璧にさらっておいて、後は合宿に入ってから、合奏メンバーとの練習で作っていくのです。その時に指導をしてくださる先生が必要なら、アシスタントの先生方にお願いして、レッスンをしていただく…という段取りのようです。とにかく、自分のパートを目をつぶってでも吹けるぐらいにしておかないといけませんね。

 で、簡単な楽譜だなあとナメてかかっていたら、結構転調も多くて、思わぬ音が出てきて、練習不足だと間違えてしまいそうです。やはり練習はきちんとして、ある程度指になじませておかないといけません。それにコーダ部分は…ネコがビックリして逃げ出すシーンなのですが、やっぱり難しいね。

 ほんと、もう間もなく合宿なんですが、こんな感じで大丈夫なのかな? 別に不安はないけれど、かと言って、安心しているわけでもないのです。まあ、どうせフルートと酒の日々になるんだろうし…ね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』を見てきました | トップページ | ちょっとブログをお休みします »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

>>>夢にゴールウェイと思しきフルートを持った
>>>ニコニコ笑顔の老人が出てきて

大昔、日本のフルート雑誌に、
ゴールウェイのインタビューが載っていて、
日本の若者フルーティストに向けて、曰く、
「1日に6時間練習するのが、当然だ」
とのことでした。

おしまい

operazanokaijinnokaijinさん

 ゴールウェイと言う人は、演奏会の本番中はもちろんフルートを吹いてますが、休憩中の楽屋でもフルートを吹き、演奏会が終わってホテルに付くと、ホテルで寝るまでフルートを吹き、翌日目覚めると、すぐにフルートを吹き…って感じで、人生の色々な事を、フルートを吹いている時間の隙間に行っている人です。

 ちなみに、その話をH先生にした事がありますが、その時の返事は「私もほぼ一緒だよ。ただし、車を運転している時と、山登っている時と、酒を飲んでいる時は、フルートは吹かない」んだそうです。とにかく、暇さえあれば、誰に言われるでもなくフルートを吹いているようじゃないと、プロとしてやっていけないようです。別にこれは、練習をたくさんしないといけない…と言うよりも、それくらいフルートが好きじゃないと、プロを続けられないって意味のようでした。

 たぶん、ゴールウェンの言う“6時間”は最低限の時間って意味だろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』を見てきました | トップページ | ちょっとブログをお休みします »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん