ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 大好きな作曲家について語ってみよう その6 ワーグナー | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その7 レオンカヴァッロ »

2017年8月20日 (日)

手術の付き添いをしました

 今回は、わざわざ夏の連載を中断してぶっ込んだ話題なのですが…って、実は先日…妻が手術をする事になり、その付き添いをしました。

 手術は朝一番で、妻は朝8時までに、付き添いの私は朝9時までに病院に行かないといけないというので、妻も私も、それぞれの時間に病院に行きました。一緒に行けばいいじゃん…と思われるかもしれないけれど、まあ、近所の病院だし、病院カラ一緒に来る事は求められていないし、妻と一緒に早く行っても、付き添いの私には何の役割もないし、役割の無い人間がウロウロしているのも迷惑だろうし…って事で、それぞれ病院から指定された時間に行くことにしたわけです。

 私が約束の9時少し前に病院に着いた時、すでに妻は処置室で点滴を打って手術準備をして備えていました。手術室に入るのは、9時15分だそうで、私は妻の着替えと荷物を預かり、妻の手術中に、あれこれ書類を書いたり、万が一の事あった時の判断をするために、私は妻の病室(一応、個室)で待機する事になっていました。

 妻は時間通りに手術室に入り、私は病室に向かいました。

 10時頃、そろそろ手術が始まりますと連絡が入りました。手術室に入ったのはだいぶ前のはずなのに…って、手術室に入ったからと言って、すぐに手術が始まるわけではなく、麻酔を含め、あれこれ準備があったようです。まあ、麻酔が効くのに、それなりの時間もかかるだろうし…ね。

 10時半少し前に、妻がベッドで運ばれてきました。どうやら手術は簡単なもので、あっという間に、無事に済んだようでした。万が一に備えて控えていた私の役目は特に無かったようです。たくさん書いた書類も、ほぼ不必要になったようです。実際、手術はうまく行ったようで、当初予定された術式ではなく、もっと簡便で傷の小さな術式に変更になったそうで、手術創も抜糸の必要のない糸で縫われ、絆創膏が貼られ、万が一、浸出液が漏れ出した時のために分厚いガーゼを貼られていました。

 妻は、手術後にも関わらず元気でした。麻酔は部分麻酔だったようで、よく喋ります。手術中、肉の焼ける美味しそうな匂いがしてお腹がすいたと言ってました。まあ、私も手術の経験があるから分かるけれど、手術室って、本当に美味しそうな匂いがするんだよね。もっとも、そこで焼けている肉は自分の肉で、それが焼ける匂いなんだけれどね(笑)。つまり、人間の肉って、美味しい匂いがするって話だし、匂いが美味しいんだから、きっと食べると美味しいんだろうなあって思ったりします(食べないけれどね)。

 手術の結果も良好だし、術後の様子も安定しているので、麻酔が切れたら退院と言われましたが、麻酔が切れて歩けるようになるのは夕方頃なので、それまでは病室で休憩をしていてくれと言われてしました。ですから、妻の昼食は病院で用意してくれますが…付き添いの私の分はありません。もう付添人は不必要なので、一度家に帰って、退院の頃に迎えに来てくれればいいと病院に言われましたが、それでもやっぱり妻が、ほんのちょっとだけ心配だったので、帰宅はせずに、近所のラーメン屋で食べてくる事にしました。

 さっさとラーメンを食べて病室に戻ると、妻が食事をしていました。普通に病院食でしたが、味は普通で美味しかったんだそうです。確かに、ここの病院の食事って、普通に美味しいんだよね(笑)。ただ、私には量が少ないので、入院していた時は、ガッツリ体重が落ちてしまったのだけれど、妻には食事の量がちょうどよかったらしてくて、とても満足していました。

 病院には無料Wi-Fiがあって、ネットはやり放題なので、ネットをしたり、居眠りをしたりしているうちに、夕方になりました。妻の麻酔もようやく切れて、普通に歩けることが確認されたので、退院となりました。

 帰りは、歩いて帰ってもよかったのだけれど、帰宅する頃は天気も悪く、土砂降りだったので、無理せずにタクシーを呼んで帰宅しました。

 結局、私は何もしなかったのだけれど、病室のソファに半日、ずっと座っているだけで、なんか疲労困憊になってしまったので、帰宅して、まもなく昼寝(夕寝?)をしてしまいました。気疲れ…でしょうね。

 その後も経過もよく、妻は手術の翌日は仕事を休みましたが、その次の日には、もう会社に行きましたし、普通の暮らしに戻ってしまいました。結構大きく切ったはずなのに、元気な妻です。まあ、それだけ医学も進歩して、患者のカラダへの負担の少ない手術が可能になった…って事なのでしょうね。私がその病院で手術した時は、昔々の話だったけれど、ほんのちょっと切っただけなのに、1週間も入院していたのを考えると、ほんと、医学の進歩って、すごいんだなって思いました。

 いや、そうじゃなく、単純に、私が痛みに弱くて、妻が痛みに強い…って事なのかもしれないけれど…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 大好きな作曲家について語ってみよう その6 ワーグナー | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その7 レオンカヴァッロ »

その他」カテゴリの記事

コメント

お加減、いかがですか。
お大事になさってください。


私も子供のころ、ある"大手術"をしたのですが、当時は1ヶ月の入院で、それでも順調な回復でした。
いまや一週間で退院。

何が変わったのだろうと、不思議に思うのです。

ともさん、ご心配ありがとうございます。

 妻の術後の経過は良いみたいですよ。ほぼ、多少の不便はあるみたいですが、まあまあ、普通の生活を送っています。

 それにしても、医学と言うのは、地味に進歩しているものですね。検査にしても、投薬にしても、手術法にしても、然りです。そういう意味でも、勉強熱心な医師の揃っている病院とか、若々しい先生が多くて活気あふれる病院は良いと思います。

 一方、昔ながらの治療法を行っている病院もまだまだたくさんあり、またそういう病院ほど地元の信頼が(なぜか)厚かったりします。まあ、病院を口コミで選ぶことも大切ですが、私は面倒なくらいにきちんと手順を踏んで、なんでも説明してくれる、今時の病院の方が好きです。

 私は、病院には、伝統の味とか、老舗の風格とか、ブランドの安心感なんて、いらないって思っている人なのです。今、真面目に頑張っている人たちが、熱心に働いている病院がいいなあって思ってます。

すとんさん、お久しぶりです。
奥様無事お元気になられる様子。よかったですね!

meeさん

 ご心配ありがとうございます。妻はすっかり元気です。まだ100%の回復ではありませんが、もうそれほど気を使わなくても日常生活が過ごせるほどに回復しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大好きな作曲家について語ってみよう その6 ワーグナー | トップページ | 大好きな作曲家について語ってみよう その7 レオンカヴァッロ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん