ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 大好きな作曲家について語ってみよう その9 シューベルト | トップページ | 発表会の告知をします »

2017年8月24日 (木)

大好きな作曲家について語ってみよう その10 ショパン

 ショパンと言えば、ピアノ専科の作曲家…と言っても過言ではないでしょう。ピアノ少女と元ピアノ少女たちの憧れの作曲家であり、日本のクラヲタたちも大好きな作曲家であります。もちろん、私も大好きですよ。

 オペラや歌曲が好きな私が「ショパンが好き」と言うと意外に思われるかもしれませんが、実は私、ショパンも大好きなのです。

 きっかけは…と言うと、大学生の頃の友人にクラシックヲタの友人がいて、私は彼からクラシック音楽の基礎知識を学んだのだけれど、その彼からいただいたレコードの一つがショパンだったのです。サムソン・フランソワの演奏するショパン名曲集でした。

 当時はiPodも無ければCDもまだ一般に普及していなかった時代なので、レコードをカセットに落として、それをウォークマンで聞くという生活をしていました。で、毎日毎日、サムソン・フランソワのショパンを聞いたなあ…。

 なので、今でも、サムソン・フランソワの演奏するショパンは、音質は良くないけれど、好きです。まあ、カセットテープで聞いているのですから、最初っから音質は問題外なんですけれどね(笑)。

 サムソン・フランソワのショパンは大好きですが「ただしショパンはサムソン・フランソワに限る」なんて事は言いません。アシュケナージのショパンも、ポリーニのショパンも好きですよ。良い演奏はたいてい好きです。つまり、ショパンのピアノに関しては、演奏の違いよりも、ショパンの音楽そのものが好きなんだろうと思います。

 ショパンのイメージと言うと、アイドル人気・年増好き・病弱って感じかな?

 ショパンが活躍した頃のパリって、演奏家のアイドル人気が高かった時代で、リストとかパガニーニなんてのは、トップクラスのアイドル人気があったわけだけれど、なかなかどうして、ショパンもアイドルとしての人気は彼らに負けなかったわけで、ショパンにはそういうハデハデしいイメージがあります。

 本当に年増が好き…だったかどうかは分からないけれど、ショパンと言うと、ジョルジュ・サンドの名前が対になって出てきます。ショパンとジョルジュ・サンドのスキャンダルって…語れるほど知っているわけではないけれど、色々とスキャンダラスな事があったらしいなあ…というイメージがあります。

 そして病弱。やがて夭折。まあ、天才ですからね、長生きは、当然、していません。

 ショパンはどこの国の音楽家? と尋ねれば、答えは「ポーランドの音楽家」と答えるのが正解だし、当人も自分はポーランド人であるという自覚が強かったらしいので、ショパンはポーランドの音楽家で良いのだろうけれど、実は彼って、血統的には、半分はフランス人なんだそうです。

 ショパンの父親はフランス人で、母親がポーランド人なのです。で、生まれ育ったのがポーランドで、教育を受けたのもポーランドだったから、ポーランド人としてのアイデンティティーを持っていたわけだけれど、彼は若くしてパリに出てきて、音楽家としてのキャリアを積んでいき、活躍したのもパリであって、音楽家としての彼は、完全にフランスの音楽家という立場だったりします。

 同時代に活躍したリストがハンガリー人を名乗りながらも、その実態はドイツの音楽家だった事とも、なんか重なる部分があります。もしかすると、ショパンやリストの時代は、自分を異邦人化してキャラ立ちさせるのが、マーケッティングの手法だったりして(笑)。もっともポーランド人だとかハンガリー人だとか言っているうちは可愛いものです。パガニーニなんかは“悪魔の化身”だと噂があったわけで…外国人どころか人外じゃん、パガニーニって(笑)。

 ショパンの名曲はたくさんありますが、私が好きなのは、ベタだし、少女趣味かもしれないけれど「英雄ポロネーズ」です。ああ、ベタだな(笑)。

 曲を紹介するため、YouTubeの音源を漁ってみましたが、本当に色々なピアニストが、色々なスタイルで演奏していました。そんな中で、私が気に入ったのが、このユンディ・リの演奏です。

 この人、容姿がなんとなく、SMAPの木村くんに似ているので「なんかなあー」と思うものの(私はSMAPなら中居君派です)、その演奏は奇に走らずに、私の思い描くショパンの音楽にとても近い演奏をしていたので、気に入りました。ショパンって、有名な演奏家でも、自分の個性を前面に押し出して、ショパンが聞いていたら怒り出しそうな演奏が多いのですが、まあこれはいい感じだなって思った次第です。

 でもまあ、本当にショパンが好きな人が聞けば、これも違うのかもしれませんが…。

 では、これで今年の夏の連載は終了です。明日からは通常運転に戻りますので、よろしく。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 大好きな作曲家について語ってみよう その9 シューベルト | トップページ | 発表会の告知をします »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大好きな作曲家について語ってみよう その9 シューベルト | トップページ | 発表会の告知をします »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん