ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ウグイスの声を聞きました[2017年6月の落ち穂拾い] | トップページ | ラーメンとそば、どっちが好き? »

2017年7月 1日 (土)

ドジョウが翔んだ日

 魚類って水槽の中で飼うわけで、基本的に水槽から出てくることはありません。いわゆる“脱走”…例えば室内飼いのイヌネコが飼い主のスキを狙って、戸外へ脱走して近所を走り回ってくるとか、室内放鳥をしていたインコが、人の出入りに乗じて外へ逃げ出すとか…そういう事は、イヌネコトリだと、たまにあります(私も以前イヌを飼っていた時は、たまに脱走されました)が、基本的に魚類の脱走は…無いって思われるかもしれませんが、実はあるんですね、これが。

 金魚は泳ぎが苦手な魚ですし、貝類はそもそも動きが緩慢なので、水槽からの脱走はありませんが、ドジョウやメダカ、エビなどは気をつけていないと、水槽から脱走する事があります。で、これらの子たちは、一度水槽から脱走すると、大抵の場合は死んでしまうので“脱走”と言うよりも“自殺”というべき結果になってしまいがちです。

 では、彼らはどうやって脱走するのか? それは簡単で、水面からジャンプして外へ飛び出るのです。まあ、水族館等でショーで見ているイルカのジャンプとやっている事は一緒です。

 とにかく、何を思ったか思わないか…何かの拍子に、ピョンと水面から飛び出てしまうのです。ですから、水槽って原則的に蓋をするんですね。蓋をしてあると、水面から飛び出しても、蓋に激突して、再び水に戻りますから。でも、蓋って、水槽の上部を完璧に覆っているわけではありませんから、エサ投入口とか、ろ過装置からの水の流入口などは、隙間的には小さいとは言え、常時開けっ放しで、実際、ここから逃げ出す子もいたりします。

 でも、一番危ないのが、水替えの時ですね。水替えの時は、水槽の蓋を外していますので、この時に逃げ出されると、なかなか厄介です。

 エビは水から直に飛び出すことは少ないです。エビの場合、水面近くに浮かんでいる水草のいる時が危ないのです。水草にいる時にビョンと跳ねると、そのまま水槽の外に出てしまいます。メダカは追われている時に、逃げ道として水面から飛び出ます。ですから、追いかけっこをしていない事を確認して蓋を開けると、まあまあ大丈夫です。

 油断ならないのがドジョウで、この連中は前触れなしで、ピョンと飛び出るんです。それもかなり大きなジャンプをします。エビやメダカのジャンプなんてかわいいものです、案外飛び跳ねても、水槽から出られない事もありますが、ドジョウは軽く50cmぐらいは飛びますから、ジャンプすれば、ほぼ確実に水槽外に行っちゃいます。

 実は先日も、マドジョウのクロが水替え中にジャンプをしました。当然、水槽から飛び出し、居間の床に落下…するはずでしたが、たまたま水替え中で、水槽から抜いた水が入っているバケツの中に落ちました。

 つまり、セーフだったわけです。いやあ、危ない危ない。

 魚類が水槽から飛び出た場合、いずれも体重が軽い事もあって、メダカやエビは打撲等は心配しなくてもいいのです(ドジョウはさすがに体重があるので、軽い怪我、内出血態度はします)が、水中と陸上では生活環境が違いすぎて、酸欠が心配されます。メダカは、そんなに長い時間もちません。急いで水槽に戻してやる必要があります。その点エビはメダカよりも酸欠に強いようで、それなりの時間、無酸素状態でも頑張れるようです。

 ドジョウには酸欠はありません。ドジョウは魚類だけれど、エラ呼吸だけでなく腸管呼吸もできるので空気中からでも酸素は取り込めます。そう言った面での心配はないのですが、ドジョウの場合は、乾燥に弱く、体表のヌメヌメが取れてしまうとアウトなのです。実際、以前飼っていたドジョウは、脱走してティッシュの箱の中に入ってしまい、箱の中でティッシュに巻かれて、あっと言う間にヌメヌメが取れて、発見した時にはかなりヤバい状態だった事があります(結果的には無事でした)。

 とりあえず私が言いたい事はひとつ。いくら今の生活に不平不満があったとしても、水槽から脱走するのは止めて欲しいです。ほんと、命にかかわるんだからね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ウグイスの声を聞きました[2017年6月の落ち穂拾い] | トップページ | ラーメンとそば、どっちが好き? »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウグイスの声を聞きました[2017年6月の落ち穂拾い] | トップページ | ラーメンとそば、どっちが好き? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん