ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 結局、アンダーソンになりました | トップページ | 冷やし中華は、お好きですか? »

2017年7月29日 (土)

今年はタニシを購入してみた

 毎年、真夏になると、知り合いの農家さんに話を通して、金魚水槽のためのタニシを譲ってもらっています。譲ってもらっていると言っても、店で買物をするような感じでは全然なく、私自身で半日かけて、知り合いの農家さんの田んぼに行って、ドロの中に手足を突っ込んで、100匹前後のタニシを、それこそ“泥だらけ”になりながら採取しているわけです。

 まあ、半日かけて知り合いの田んぼに行くのがイヤなわけではないし、泥だらけになりながらタニシを取るのも案外楽しいものです。ただ、面倒と言えば面倒だし、以前と違って、真夏でも毎日たっぷり仕事をしている身となると、限られた休日をタニシ採取に使うのがモッタイナイ気もしないではないのです。

 そこで今年はタニシを購入してみる事にしました。

 実はネットで、期間限定で格安のタニシを販売している業者を見つけました。1200円で50匹。一匹あたり24円とは、確かに安いです。タニシって、ネットで買うと、1匹100円前後がザラだものね。1匹100円なら、100匹で1万円ですから、私も頑張って田んぼで泥だらけになってタニシ採集に励みますが、1匹24円なら100匹でも2400円。それならお金で解決しようか…という気持ちになったわけです。

 販売業者さんは四国の業者さんのようで、郵送料が1000円かかります。だったら…って事で、奮発して、タニシを150匹購入する事にしました。だって、郵送料は50匹でも150匹でも同じだし、だったら、たくさん買った方が割安感がするでしょ?

 で、タニシが到着する当日、郵便局から電話がありました。タニシは郵便局のゆうパックで配達されたのですが、郵便局の言う事には「中の水が漏れて、箱がびしょ濡れになっています。配送元に連絡したところ、中の荷物はタニシという事なので、荷物が届いたら、すぐに中を確認して欲しい」と言うのです。で、中を確認して、OKならば、そのまま品物を受け取ってもらい、ダメならば、荷物を配送元に戻します…って事なのです。

 まあ、タニシだし、タニシってのは乾燥しても全然生命維持には問題ない生き物だし、ヤバイのは、たんぱく質が変性するほどの高温だけれど、一応、保冷車で運搬しているようだから問題ないだろう…と思って、のんびりしていたのだけれど、いつまでたっても配達されません。すぐに確認が必要だと連絡が入ったから、じっと自宅待機しているのに、全然来ない…とブツブツ文句を言ってたら、電話から約2時間後にやっと来ました。お、遅い。

 さて、荷物を検めました。箱の中にはパンパンに膨れたビニール袋に入ったタニシたちがいました。特に問題なさそうです。箱の中で漏れていた液体は、タニシたちを冷却するために、箱の中に入っていた氷が溶けて、氷が入れてあったビニール袋から漏れ出ただけのようでした。問題ありません。実際、タニシたちは元気でピンピンしていました。

 郵便局のお姉さん(若いお姉さんが配送してくれました、夜も遅い時間なのにご苦労様です)にお礼を言って、さっそくタニシをビニール袋から取り出して、ガシャガシャ洗います。

 出るわ出るわ…泥がこれでもかってくらいに出てきました。郵送されて、その間にカラダの中の泥も吐き出しているのでしょうが、それにしてもたくさんの泥が出てきました。

 水洗いをして、ある程度キレイになったところで、塩入れて更に洗うと…これまた、これでもかってくらいに泥がでてきました。面白いです。そこで、キレイな水に一晩つけて、さらに泥を吐き出させてから、水槽に入れました。

 みんな、元気です。いやむしろ、毎年私が田んぼから採取してくる子たちよりも元気かもしれません(なぜ?)。まあ、いくら元気でもすぐに金魚に食べられてしまうでしょうが、それでも最低1年はもって欲しいなあっと思いました。通販で買えるとは言っても、季節商品だから、今しか買えないしね。

 そんなわけで、今年はタニシを購入しましたって話でした。

蛇足 実はタニシと一緒に、アナカリス(水草)も一握りぐらい入っていました。サービスと言うよりも、郵送中のタニシの生命維持のためでしょうね。で、この一握りのアナカリスをこのまま捨ててしまうのは勿体ないので、よく洗って、金魚水槽に入れてみました。カボンバ(いつも入れている水草)ならば、すぐに飛びついてかじりつく金魚たちでしたが、アナカリスを見たら、みんな逃げて、水槽の隅っこに潜んでいたよ。見慣れないモノは水草でも怖いんだね。やがて、危害を加えないという事が分かると、そばに近寄って、突っついてみるけれど…どうも食べないみたいだね。アナカリスは食べものと認識されていないみたいです。金魚の意識の中では、ガボンバとアナカリスは明確に食べられるものと食べられないものとして区別されているようです。まるで、同じ貝なのに、タニシは食べるけれど、イシマキガイは食べないのと、同じ仕組みなのかもしれません。

 金魚の考えていることは、いまひとつ、分かりません。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 結局、アンダーソンになりました | トップページ | 冷やし中華は、お好きですか? »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局、アンダーソンになりました | トップページ | 冷やし中華は、お好きですか? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん