ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ハミング練習は大切です | トップページ | 裏でなくても、設定は大切です »

2017年7月19日 (水)

裏設定は大切です

 また声楽のレッスンの続きです。さて、曲の練習に入りました。最初はレハール作曲「メリー・ウィドウ」の「Maxim's/マキシムの歌」です。゛

 自宅練習の成果もあって、やっとクチがまわるようになりました。1番はどうにか…、2番はやっと歌えるかな…って感じです。2番は1番ほど練習するわけでないので、まだちょっと、歌うよりもしゃべっている感じの方が強く、意識的に歌わないとダメかもしれません。

 それと、この曲はオペレッタのリートなので、オペラのアリアのようにカッチリ歌うのではなく、もっと芝居っ気たっぷりにシャレオツな感じで歌うように求められました。まあ、そうだよね。とりわけ私はこの曲を(原語の)ドイツ語ではなく英語で歌うので、オペレッタとは言え、ほぼミュージカルのような感じになるので、だったらいっそ、ミュージカルのソングのように歌ってしまえって事なのです。

 実際、この曲は、舞台作品としてよりも、英訳されてハリウッドでミュージカル映画として製作されヒットして普及したという事実があるわけで、そういう意味では、オペレッタなんだけれど、ほぼミュージカルって言って良いと思いますし、英語で歌う正当性があると思ってます。実際、この作品のオペレッタにおける題名の「ルスティゲ・ヴィトヴェ」で呼ぶ人って少ないでしょ。ほとんどがハリウッド版のタイトル「メリー・ウィドウ」と呼ぶわけですから、やっぱりミュージカルみたいなモンです。

 で、さて先生からの質問が出ました。

 「歌詞に出てくる6人の女の子たち(ロロ、ドド、ジュジュ、クロクロ、マルゴ、フルフル)は、どんな(イメージの)子でしょうか?」

 …いわゆる“裏設定”って奴ですね。でも、そういうイメージをはっきりと決めて、それを想像しながら歌わないと、歌詞がただの「ロロドドジュジュクロクロマルゴフルフル」という呪文になってしまうので注意しなければいけない事は同意します。

 そこで決めた裏設定は、以下の通りです。

 ロロ…白人、金髪、ロングヘア、縦ロール、性格は割りとおしとやかで、6人のリーダー。

 ドド…アフリカ系フランス人(つまりアフリカ移民・黒人だな)と白人とのハーフ。浅黒い肌、黒髪でクルクル(ほぼパンチパーマ)だけどショートカット…イメージとしては大仏ヘアーだね。ボテっとしたクチビルが魅力。快活な性格。物知り。

 ジュジュ…白人、茶髪、シュートヘア、ボーイッシュな感じ。なぜか政局に詳しい。以上の3人は知的な感じでダニロ(この歌の主人公)を会話でおもてなしをするのです。

 クロクロ…セクシーダイナマイト1号。豊満なボディーの持ち主。ダニロはクロクロの胸ばかり見ていて、どんな顔でどんな容姿でどんなしゃべりをするのか、ほとんど記憶にない。

 マルゴ…セクシーダイナマイト2号。こちらも豊満なボディーの持ち主。ダニロはマルコのお尻ばかりを見ていて、どんな顔でどんな容姿でどんなしゃべりをするのか、ほとんど記憶にない。

 フルフル…小柄でぽっちゃり体型。白人で暗い茶髪。香水の趣味が良くて、いつもいい香りがする。ダニロを見ると、とりあえず抱きついて離れない。ダニロに酒をすすめて、彼を酔い潰すのは、常にこの子である。言動はぶりっ子で、ちょっとバカっぽい感じ。

 この6人がダニロのお気に入りなのだけれど、お店に入って、まだほろ酔い程度の時は、最初の3人と、社会情勢やら経済問題やら政治の話やら、とにかくお堅い話をしています。彼女たちもよく勉強していて、ダニロと対等に会話をするのです。マキシムはセレブたちの社交場でもあるので、他のセレブとの客で仕入れたマル秘情報なども、彼女たちはダニロに伝えるわけで、ダニロにとっては、彼女たちと時を過ごすのは、半分遊びで半分勉強なのです。

 一方、後半の3人は、ダニスがすっかり酔っぱらい、泥酔してしまい、頭が回らなくなってきた頃、いつのまにか、最初の3人と入れ替わってダニロのお相手をする子たちです。ダニロをガンガン飲ませてカネを使わせて、お店のためにがっぽり稼ぐのが後半の3人なのです。つまり、ダニロは一度に6人の相手をするのではなく、前半3人、後半3人と遊ぶわけです。ちなみに、後半3人がやってくると、ダニロは外交官から、ただのスケベオヤジに変身します。つまり、店にとっては“良いカモ”になるわけです。でも、それがダニロには、とっても楽しい…という裏設定にしました。

 以上です。実際、この裏設定をしてから、この曲を歌うのが、さらに楽しくなりました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« ハミング練習は大切です | トップページ | 裏でなくても、設定は大切です »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハミング練習は大切です | トップページ | 裏でなくても、設定は大切です »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん