ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« クチが回らないだけで、別に歌えないわけじゃないんです | トップページ | 今年はビワが大豊作だったのです »

2017年6月15日 (木)

私が合唱を歌うのが苦手な件について

 私は合唱を歌うのは、決して嫌いではありませんが、得意とは言えません。いや、どっちかと言えば苦手の部類に属するかもしれません。

 合唱を歌うのが苦手な事については、色々と理由があります。

 1)声が周囲の声や伴奏と溶けずに、音質的に飛び出してしまう
 2)声が大きすぎて、ホールに朗々と響いてしまう
 3)他のパートにつられやすい

 1)と2)は独唱を中心に声楽を学んでいるので、ある程度は仕方のない事です。そうであっても、自分の声を抑えて歌えば問題はないはずなのですが、私は自分の声を抑えて歌うのが苦手です。いや、最初こそは小さめの声で歌うように心がけていても、やがて乗ってくれば、大声を出さないまでも、自分にとってのmf程度の音量で歌ってしまいます(だってその方が楽だし自然だし…)が、この自分にとってのmfは、他の人にとってはfffか、それ以上の音量らしく、それじゃあ合唱をぶち壊しかねないのです。

 それに音量を抑えたとしても、私の声って、よく通るし、ホールだと響き渡っちゃうんだよね。だから、音量を度外視しても、音質的な問題もあって、合唱の中で声が浮き上がっちゃうわけです。

 ほんと、困ったものです。

 ならば、音量も抑え、音質も地味にして歌えばいいじゃん…って話ですが、それがまたなかなか継続できないのです。

 さらに自分の声ばかりが響いてしまうので、合唱団的には参っちゃうし、観客的にもダメダメなんですが、自分的にも、他の人の声が自分の声で聞こえなくなっちゃうんですよ。だから、違った事をしていても、なかなか気づかなかったりします。

 全く、合唱には不向きな声なのです。

 そこで、3)なのですが…、もちろん、きちんと練習やらリハーサルやらの時間が十二分にあって、歌うべきパートの音がしっかり取れていれば、他のパートにつられる事は(あまり:汗)ありません。練習不足であったり、音取りがきちんとされていない段階で合唱を歌ってしまうと、たいてい他のパートにつられてしまいます。それはそれは、面白いくらいに釣られまくります(涙)。

 たいていは、無意識にメロディーを歌っているんです(汗)。そばで正しい音で歌っている人がいても、ダメです。私自身がしっかりと音を取っていないかぎり、どうやってもメロディー、または一番高声であるソプラノ(の1オクターブ下)を歌ってしまうのです。

 私、ハモリパートを歌うのが、超絶苦手なんです。体質的にハモリは無理なんです。常にメロディーを歌いたがる…そんな悲しい体質なんです。だからたっぷりリハーサルをして、そのハモリのメロディが自分の中でメロディーに感じられるくらいに歌い込まないと、なかなかうまく自分のパートが歌えないのですね。ああ、残念。

 実は、この1)2)と3)の問題の根が一緒であるのではないかと、最近気づいたのです。

 つまり、私の声が合唱から飛び出しやすい事と、私が他のパートにつられやすい事には、深い関係があった事に気づいたのでした。

 どうやら私は、歌う時に、自分の声を(伴奏と合わせて)聞いて、音程やリズムを常時調整しているようなのです。つまり、常に周囲の状況に自分を合わせながら、フィードバックをして歌っているわけです。だから、自分の声が聞こえない状況では、まるっきり歌えなくなってしまうのです。そこで無意識に自分の声が自分に聞こえるように歌ってしまい、結果として私の歌声が合唱から飛び出したり、ホールに響き渡たらせたりしてしまいます。

 でも実際の合唱では、そんな事をすれば、自分の声が大きくなりすぎて、うまくフィードバックができない上に、微かに聞こえるメロディーに無意識で乗っかってしまって、もうワヤクチャな歌になってしまうのです。

 合唱人からすれば、考えられないくらいの、ヘボ歌手なんですね、私。

 解決策は…合唱に参加しない事…かな?

 あとは、私並の声量の歌手たちが揃っている、オペラ系の合唱に限って参加するとか? 周りみんなが私並の声量なら、1)~3)の問題も表面化せずに済むけれど…私、合唱を歌うなら、オペラ系じゃなくて、宗教系のミサ曲とかカンタータとかを歌いたい人なんです。オペラを歌うなら、合唱ではなく、ソリストをやりたいんです。合唱を歌うなら、合唱が主役となる宗教曲が歌いたいのです。

 モーツァルトの『レクイエム』とか、バッバの『マタイ受難曲』とか歌ってみたいじゃないですか?

 とにかく今はまだ、私の歌の技量が少なすぎて、合唱に対応できないのが現実です。ああ、早く歌が上達して、独唱も合唱も両方できる歌手になりたいものです。そうなると、趣味の幅もグンと広がるんだけどなあ…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« クチが回らないだけで、別に歌えないわけじゃないんです | トップページ | 今年はビワが大豊作だったのです »

合唱」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、こんにちは。
1)2)については、元々大人数を前提とした合唱団に入れば良いのかなと思います。
歴史ある名門合唱団より、本番が終わったら即解散の所。例えば「一万人の第九」とか・・・
声の小さな人ばかり集めた少人数合唱団だと悲惨ですけどね。

あと、オペラの合唱団は、ソリストを「さすがプロ!見習わせていただきます」と自然に思えるようじゃないと、しんどいです。

先日、数十団体もの合唱団が集まったイベントに行ってきました。「大地讃頌」とか「筑後川」とか、宗教曲のような合唱向けに書かれた作品は素敵でしたが、オペラアリアとか、昔のポピュラーとか、日本歌曲とかをアレンジした曲が多かったです。元々ソロで歌った方が良いのに、やっぱり一人だと恥ずかしいのでしょうかね。
どこかの学校か企業内合唱団は別として、殆どの合唱団は高齢者が多くて、なかなか溶け込みにくそうというのもありますが・・・

すとんさん、バッハ系ならば、古楽唱法を学んでみてはいかがでしょう。古楽唱法はそれほど一般的ではありませんが、あの東京藝大も2000年からその分野が出来たくらいのマイナー?な分野ではありますが、ハミングのような独特な唱法ゆえ、すとんさんのようは、やや硬い声?系の方も鍛錬によりマッチする声に変わると思われます。しかし、この歌声、好き好きございまして、苦手な方には耐え難い?声でもあり、1度拝聴してみてはいかがでしょう。。なかなか、古楽を極めている指導者は少なく、、師匠を探すのはまた手間だとは思いますが、。また、本来ならば、すとんさんのような声量あり、声も存在感ある方が合唱するならば、やはりオペラ系がよいのですがね
(笑)私もハモリは苦手、、合唱も。歌は間違っても、全て自己責任のソロが性に合うざます(笑)

ドロシーさん

 大人数の合唱団…ウチの地域は地方なので、なかなか無いですね。オペラ系の合唱団は、最近ちらほら立ち上がっていますが、私自身、今のところ、オペラの合唱を歌うつもりがないので、パスです。

 合唱は、そもそも合唱曲として作曲された曲がいいですね。アレンジものは…ドロシーさんのおっしゃるとおり、一人で歌えばいい曲を無理して合唱にアレンジしたものは、あまり好きではありません。

 とは言え、市民合唱団と言うのは、観客に聞いてもらうための音楽ではなく、自分たちが歌って楽しい曲を演奏する団体ですから、それもアリなんでしょうね。

>やっぱり一人だと恥ずかしいのでしょうかね。

 …でしょうね? 人前で歌うのが恥ずかしいという感覚が、私には理解不能なのですが、そうみたいです。歌なんて、人前で歌わなきゃ楽しくないでしょ…って私は思うのですが…。

>殆どの合唱団は高齢者が多くて、

 そうなんですよね。市民合唱団のお達者倶楽部化は、いよいよ大詰めです。おそらく、10年後の日本の合唱界は、閑散としているんじゃないかと推測しちゃうんです。

アデールさん

 古楽唱法ですか? 実は一度チャレンジをするチャンスがありました。3年前に、ダウランドの「Come Again」を歌った時です。Y先生から、古楽系の歌曲を歌う時は、古楽の歌い方をしないといけないと、教えられてレッスンも受けましたが、私自身、バロック曲を今の我々の感覚で歌いたかったので、好きにさせてもらったわけです。…ってか、古楽の曲は好きだけれど、古楽唱法は…たぶん苦手(汗)。やっぱり私はロマン派の音楽が好きなんですね。

>歌は間違っても、全て自己責任のソロが性に合うざます(笑)

 私もそうでございます。

 しかし、3年前の音源をさっき聞き直しましたが、いやあ、響きが低いなあ。こりゃあダメだ。でも、その事に気づけたという事は、今は3年前よりもだいぶ上達しているってことだなと納得しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クチが回らないだけで、別に歌えないわけじゃないんです | トップページ | 今年はビワが大豊作だったのです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん