ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« モノマネやコピーではなく、カバー歌手を目指せ | トップページ | 歯型くっきり! »

2017年6月 9日 (金)

オンブラ・マイ・フを吹きますよ

 フルートのレッスンに行ってきました。お教室に入ると、先生がご自分の練習をしていました。メトロノームをかなり速くして、真っ黒な楽譜を疾走するように、ずっとずっと吹いていました。「よく間違えないなあ」と思うと同時に「すごく速く指が回るなあ~」とも思いました。やっぱりプロは違うと、妙な感心をしてしまった私でした。

 レッスンが始まりました。フルートを温めずに、すぐにロングトーン練習始めてしまいました。吹き始めこそ、調子良かったものの、だんだん音が下がってきてしまいました。音曲げで調整したものの、やがて音曲げでは対処できなくなってしまいました。やっぱり管を温めておくって、大切ですね。

 エルステユーブンゲンは、例によって20番と21番です。今回もまた暗譜するほど練習できなかったので、ごめんなさいです。「暗譜はできてませんが、一応、楽譜を見れば、ちゃんと吹けるんですよ」と言って吹き始めたものの、最後の最後のスラーが重なっている箇所の吹き方が違うという事で注意されて直されてしまいました。なんか、恥ずかしいです。21番は…時々音をオクターブ間違えるくらいです(ってダメじゃん)。

 プチエチュードは16番です。まあ、だいたい吹けるようになりました。時折、つまらぬミスをしてしまいますが、ほぼやるべき事はできるようになりました…ので、完璧な演奏には仕上がりませんでしたが、まあ良し!って事で、合格をいただきました。かなり、甘い合格のようです。まあ、随分長い間、この曲を吹きましたからね。

 次回からは17番です。先生が模範演奏をしてくれましたが…ほんと、真っ黒な楽譜だね。おまけに臨時記号やら装飾音符やらがたくさんあって、目がくらみます。とにかく、次回までにきちんと譜読みをして、ゆっくりとでも吹けるようにしておきます。いやあ、大変そうだ。

 さて、夏合宿の申し込みを正式にいたしました。先生から、合宿兼発表会で吹く、ソロ曲の楽譜をいただきました。前回言っていたとおり、ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」でした。

 まあ、原曲は歌曲ですから、いわゆる編曲モノなわけです。で、編曲ものとなると、玉石混交で、良い編曲もあれば、つまらぬ編曲もあるってわけで、先生が私のために選んでくれたのは、ランパル編曲の「オンブラ・マイ・フ」でございました。

 「色々な“オンブラ・マイ・フ”があるけれど、これが一番カッコイイ」とは先生のお言葉です。実際、フルートの音域の端から端まで使っているし、先生が吹くと、とても
良い感じなのです。

 「これにピアノが加わると、さらに良いのだよ」とは先生のお言葉なのですが、いただいたのはフルートのパート譜なので、ピアノがどういう動きをするのか分からないのが、ちょっと残念です。

 先生がおっしゃるには、ランバルが編曲した楽譜って、もう手に入らないのだそうです。と言うのも、楽譜はとっくの昔に絶版になっているんだそうです。

 「そんなに良い編曲なのに、なぜ絶版になっているのですか?」
 「古いタイプの編曲だからね。それに(値段も)高いし…」なんだそうです。ちなみに、このランパル編曲の“オンブラ・マイ・フ”は、先生ご自身のアンコールピースでもあるそうです。

 先生がおっしゃるには、最近の編曲の多くは、原曲に近づける方向の編曲が大半なんだそうです。この曲も、最近の編曲では限りなく原曲に近づけているそうで、伴奏の音が薄いんだそうです。

 でもランパルの時代は、たとえ古典であっても自分たちの趣味に引き寄せて演奏していた時代ですから、たとえヘンデルの曲でもヘンデルの様式に合わせるのではなく、自分たちの趣味(ロマン派っぽい趣味?)に合わせて編曲されていたのだそうです。だから、サウンドもロマンチックで、フルートもピアノも分厚い音が必要だし、なによりカッコイイんだそうです。

 とにかく、私は原曲をよく知っているわけだし、ランパルの編曲モノなんて、かっこいい楽譜で吹けるわけだから、なんか得した気分だな。あれこれ難しい箇所はありますが、それはおいおい先生が教えてくださるそうです。

 楽しみだな。頑張ってみようっと。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« モノマネやコピーではなく、カバー歌手を目指せ | トップページ | 歯型くっきり! »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モノマネやコピーではなく、カバー歌手を目指せ | トップページ | 歯型くっきり! »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん