ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« メガネは奢りましょう | トップページ | 思わず、ほっこりしてきました »

2017年5月 6日 (土)

食べている間は無呼吸じゃないの?

 私、常々不思議に思っている事がございます。それは『金魚って食べている時は息をしていていないの?』あるいは『食べている時に、なぜむせないの?』です。

 と言うのも、金魚って我々と違って鼻が無いでしょ? エサを食べるにしても、息をするにしても、両方共クチを使っているわけです。つまり我々的に言えば“年中鼻が詰まってクチ呼吸している人”と同じ状態なのです。

 私もずっと以前、まだ花粉症が世間的に認知されていなかった頃、毎年春先になると、鼻が詰まって詰まって、それはもう毎年ひどい状態になっていました。当時は、花粉症の事を“春風邪”と呼んでました。「春風邪はバカはひかない」と言って、毎年春風邪をひく自分は、ひかない周りの愚民たちに対して、ちょっぴり優越感みたいなものを感じていたりいなかったりしていましたが、だからと言って、風邪薬を飲んだからと言って、症状が良くなるわけでもなく、毎年ヒドイことになっていたわけです。

 よく両方の鼻の穴が詰まってしまい、口呼吸を余儀なくされることも、ままありました。あれは苦しかったなあ…。

 とにかく、普通にしている時は、クチで呼吸していても、そんなに困ることはありません。せいぜい、やたらとノドが乾燥して困るってぐらいです。でも、食事の時は…はなはだしく困りました。だって、モノを食べる時って、クチが食事に使われてしまうので、息が出来ないじゃないですか? そりゃあ苦しかったですよ。

 金魚はクチでエサを食べ息をしているわけだから、エサを食べている時は無呼吸状態になって、苦しくはないのでしょうか?

 鼻が詰まっていながらも食事をすると、どうしても息苦しくなります。それで、やむを得ず、クチ開いて、食事と呼吸の両立は図ると…たいてい食べ物が気管に入って、むせます。金魚とて、クチから入ったエサは食道に行きますが、呼吸のために取り込んだ水はエラに行くわけで、それぞれ行き先が異なるわけで、うっかりエサがエラに入っていったら…むせないのかしら?

 なんて、思いながら、水槽のドジョウを見ていたら、ちょうど食事中でした。水槽の水底に沈んでしまったエサをモツモツと食べています。で、その様子をじっくり観察していたら、ときおりエラから砂利がボコボコ出てくるじゃないですか? つまりドジョウは、水底に沈んだエサを食べるとき、エサも砂利も一緒に吸い込んで、エサは胃袋へ、その他のモノ(砂利も当然含みます)はエラの方に行くようです。で、そのままエラ経由で外へ排出されてしまうようです。

 人間ならば、むせてしまう状況でも、彼らは平気なようです。

 考えてみれば、人間にはエラがないから、誤って気管に入った異物は、一度クチに戻してから処理をしないといけません。なにしろ呼吸器官は閉管になっていますからね。ところが金魚やドジョウなどの魚類の呼吸器官は開管なんですね。誤って気管に入ってしまったものは、そのまま気管から外へ排出してしまえばいいわけで、人間のようにむせかえって、異物をクチに戻す必要がないのです。

 つまり、彼らは食事中にむせる必要が全くないのです。

 ああ、うらやましいぞ。こんなカラダの構造なら、花粉症でも楽に乗り切れるに違いないです…ってか、彼らには花粉症は、そもそも存在していないんだっけ?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« メガネは奢りましょう | トップページ | 思わず、ほっこりしてきました »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メガネは奢りましょう | トップページ | 思わず、ほっこりしてきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん