ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 顔を開いて歌いましょう | トップページ | 音痴には治る音痴と治らない音痴がある »

2017年5月 2日 (火)

常に軽さを求め続けること

 声楽のレッスンの続きです。

 曲の練習に入りました。まずはティリンデッリ作曲の「O Primavera!.../春よ」です。先生はこの曲をもちろんご存知だけれど、自分で歌った事もなければレッスンで取り上げた事もないそうで、ピアノは全くの始めての初見演奏となりました。いやあ、かなり弾きづらそうでした。

 この曲、私自身は大好きで、数年前から歌ってみたいと思っていて温めていた曲なので、メロディーラインはバッチリ。ただ、あまり自宅練習が出来かったので、うまくクチが回らずに、歌詞はあっちこっちカミカミとなりました。

 とにかく大雑把には歌えているので、先生の指導は細かくなりました。

 まずはねっとりと歌って欲しいそうです。明瞭にパキンパキンと歌うのは無しです。テンポがあっちこっちで揺れる曲ですが、揺れるなら揺れるで、分かりやすく揺らして欲しいのだそうです。中途半端な揺らしでは物足りないって事です。高音がところどころに出てくるのだけれど、声を押さずにまわして出すようにとの事でした。短い音符であっても、しっかり息を吐いて歌う。高いところでも息は飲まずにしっかりと吐く。とにかく、たくさん息を吐きながら歌うのが大切なのです。

 短調の部分になっても、声色はあくまでも明るいままが良いのです。また、メロディーが低くなった時には、無理に滑舌良く歌う必要はなく、メロディーが低くなった時は、メロディーの求めに応じて、つぶやき気味に歌うのもアリです。

 フェルマータの部分は、最後はクチを開けたまま息を吐ききって声を切ります。決して、クチを閉じて、声を飲み込んで、息を切って音を止めてはいけません。

 曲の最後はたたみかけるような感じで息せき切って歌いきって終えます。

 さて、アリアです。久しぶりの「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」です。

 この曲のメロディーは重い声を求めているけれど、それに応じて重く歌ってしまうと、必ず声に破綻が生じるので、音楽は重さを求めていても、声や歌い方はなるべく軽さを維持していく事。

 レチタティーヴォの部分は、最初から最後まで声を支え続けないと歌えない曲で、あまり休む箇所はないのだけれど、逆に言えば、声を支え続けられるならば、楽に歌えるタイプの曲なのだそうです。歌っているうちに疲れてしまい、声が支え続けられなくなると…やがて歌が破綻してきます。結局最終的には体力勝負なんだな。カラダ、鍛えないと。

 顔を開いて歌うのはとても大切なのです。顔が閉じてくると音程が乱れがちになり、顔をしっかり開いていると音程良く歌う事ができます。どれだけ音程が高くても、しっかり支えて、顔をビローンと広げれば、たいていの音は発声できるようになるんだそうです。

 アリアの部分は、レチタティーヴォよりも体力をガンガン使うメロディーとなっているけれど、ところどころ曲の中で休める箇所があるので、そういう箇所に差し掛かったら、しっかり休む事。休む時は、しっかり息を吐ききって休む事(これ大切)。また、体力勝負の曲だからこそ(作曲家の意図とは食い違ってしまうけれど)全体的に軽く楽に歌うように心がける事。

 今回は、こんな感じでした。さて、発表会の曲について考えないと…ね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 顔を開いて歌いましょう | トップページ | 音痴には治る音痴と治らない音痴がある »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 顔を開いて歌いましょう | トップページ | 音痴には治る音痴と治らない音痴がある »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん