ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« メトのライブビューイングで『イドメネオ』を見てきたよ | トップページ | テクニカルに歌ってください »

2017年5月10日 (水)

カミーユとダニロを歌います

 話は4月の下旬、ゴールデンウィークの一番最初の日になりますが、声楽のレッスンに行ってきました。

 まずは、発表会の曲を決めました。先生には事前にメールで連絡をして了承を得ていましたが、決定は実際の楽譜を見てから決めましょうというわけで、楽譜を持っていきました。

 で、レハール作曲の『メリー・ウィドウ』を歌うことにしました。

 問題は何語で歌うか?って事ですね。これ、原語はドイツ語なんですが、プロでもドイツ語で歌うことは少ないんですよ、だってオペレッタですから。大抵の場合、この曲は現地語で歌われます。だから、ここ日本では日本語で歌われる事が多いです。もっとも、外国の歌劇団がやってきて上演する時は、その歌劇団のお国言葉で歌われることが多いです。ドイツ語圏の国ならドイツ語上演だし、フランス語圏ならフランス語、英語圏ならば英語で歌われます。だから、言葉に関しては、割りと自由に考えてよいのではないかと思います。

 で、私達は何語で歌うべきか…と考えた時、真っ先に思ったのは、やっぱり“日本語”だけれど、日本語歌唱って母国語歌唱であるので難しいだよね。それに母国語で歌う“こっ恥ずかしさ”というのもあり、色々と考えて、英語で歌う事にしました。

 英語歌唱なら、ドイツ語はもちろん、イタリア語ほど苦労はしないし、英語の歌ならジャンルを問わず浴びるほど聞きまくっているので、歌うにも苦労はない。それに英語なら、楽譜も音源も演技画像も入手しやすいしね…ってわけで、先生に「メリーウィドウを英語で歌いたいです」と申し出て、OKをいただいたわけです。

 歌うのは、以下の4曲です。

No.2  A Dutiful Wife/従順な妻(ナタリー&カミーユ)
No.4  Maxim's/マキシムの歌(ダニロ)
No.7b Vilia/ヴィリアの歌(ソーニャ)
No.17 I love you so/メリー・ウィドウ・ワルツ(ソーニャ&ダニロ)

 英語版なので、役名がドイツ語版(日本語版)とは異なります。とは言え、男性陣のダニロとカミーユは、そのままです。カミーユなんて、スペルからすれば“カマイル”になってもおかしくないのですが、ひとまずそのままです。

 女性の名前はガラッと変わります。主役のハンナはソーニャに、ヴァランシエンヌはナタリーになります。ほぼ別人です(笑)。

 私はカミーユとダニロの二役を歌います。カミーユもダニロもテノールの役ですが、ダニロはバリトンでも歌う役…ってか、昨今の上演ではむしろバリトンが歌う役なので、音域的には“高音が苦手なテノール”向けの役となり、私的には好都合なのですが、カミーユは純正テノールの役なので、かなり高音がビシバシ出てきます。一応、数カ所の高音に関しては、レハール自らがフレーズを2つずつ用意しているので、私は低い音でもOKなフレーズで歌うつもりです。とにかく、鬼門はナタリーとカミーユで歌う二重唱かな? この曲に全力投球するつもりです。

 まあ、鬼門と書きましたが、本来的な目的は、実はこの二重唱を歌うことです。これが歌いたいので『メリー・ウィドウ』を選曲しました。でも、この曲はそんなに有名な曲でもないし『メリー・ウィドウ』と言えば、アレとアレでしょ!って事で、独唱曲も同じ『メリー・ウィドウ』から選んだ次第なのです。

 独唱曲はダニロとして歌います。で、ダニロの歌は歌唱面ではなんとかなるでしょうが、マキシムの歌は泥酔しながらの歌なので演技が求められるし、ワルツは実際に踊りながら歌うのでダンスの練習(ウィンナーワルツ)が必要になります。まあ、歌と合わせて、そちらも練習してなんとかしましょう。

 さて、レッスンです。最初はハミング練習からです。一音一音差をつけながらレガートに発声する練習をしました。一音一音差をつけるには、一音一音きちんと顔を開いていき、レガートに歌うにはしっかりと腹筋で息を支えていくわけです。腹筋で息を支えるのも難しい私が、顔を開きながら歌うというのは、かなりの至難な技となりました。もっとも、まだ“顔を開く”ってのがよく分かっていない私なんだけれど…ねえ。

 発声練習になりました。発声練習はほぼ筋トレ状態です。涼しい部屋で汗みどろになって発声しました。一音ずつ腹筋を入れる、フレーズごとに腹筋を入れる、フレーズの頂点を目指して腹筋を入れ、頂点を過ぎたら腹筋を緩めながら歌うなど、様々な腹筋の入れ方のパターンを練習をしました。ああ、シンド。

 合わせて、顔を開く練習もしましたが、顔は高いGまでは順調に開いているそうですが、それがA♭やAになった途端に閉じてしまうのだそうです。そんなつもりは毛頭ないのだけれどなあ…。だからA♭より上が苦手なのだな。ああ、くまったくまった。

 さて、知らない人のために、カミーユとナタリーの二重唱…ってか、ヴァランシエンヌとカミーユの二重唱を貼っておきます…原曲のドイツ語歌唱ですが(笑)。

 音楽は…おしゃれな二重唱でしょ?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« メトのライブビューイングで『イドメネオ』を見てきたよ | トップページ | テクニカルに歌ってください »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メトのライブビューイングで『イドメネオ』を見てきたよ | トップページ | テクニカルに歌ってください »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん