ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« クチは縦開きって何度も注意されているけれど… | トップページ | 日光旅行 その1 浅草で天麩羅食べた »

2017年4月23日 (日)

久しぶりに音源をアップします

 声楽のレッスンの続きです。

 歌曲のレッスンに移りました。曲目は、カッチーニの「Amarilli/アマリッリ」です。

 この曲は古典歌曲ですから、声を薄く薄く使っていきます。まずは薄い声でフレーズに入り、そこから声に厚みを加えて歌っていくのです。オペラじゃないので、最初からガツンとパワフルに発声していくのではなく、常に息を先行させて繊細に歌っていく感じです。息をケチらずに、常に大量に流しながら歌っていきます。

 この曲は、音域的には男性にとってキツい音をたくさん使う曲で、私も歌いづらいのですが、先生もやはりこの曲は歌いづらいのだそうです。フレーズの作り方が、男性向けではないんでしょうね。かと言って、歌詞の内容はモロ男性歌手向きです。まあ、そもそもがカストラートの歌手に向けて作曲されていますので、フレーズ自体は女声に適した音型になっているんだろうと思います。そういう意味から言えば、この曲は女性には歌いやすい曲なんだろうと思います。

 とにかく、薄い声で歌い始めるのがコツであって、力んでしまったり、ノド声で歌ってしまうと一発で声を使い切ってしまいます。そういう意味では発声の教材としては、よく出来た曲なんだと思います。

 常にノドを開いて、腹筋で息を流して歌っていかないと、とても歌いきれません。とにかく、見た目以上に歌っていてキツイ曲なのです。

 曲そのものは、比較的簡単なのですが、そのキツさは半端ないのです。まあ、それはともかく、この曲は今回で終わりです。試しに通して歌ってみました。

 いかがでしょうか? 聞いてみると、歌っている時のキツさは声には現れていないかな? そもそも、声の調子が良くない所に、こんなにキツイ曲を歌ったので、今回のレッスンはこれで終了です。オペラアリアは…また次の機会に…です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« クチは縦開きって何度も注意されているけれど… | トップページ | 日光旅行 その1 浅草で天麩羅食べた »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

録音音源付き記事」カテゴリの記事

コメント

アマリッリは難しいですよね。。なんで、イタリア古典歌曲の一番最初?間違って初心者向けかと知らない人は思うでしょうが、、いやはや、上級者?少なくても中級以上でないと上手く歌えないと思われ、。古楽の要素もバンバンにある曲だから、本当に大変。。ましてテナーだとソプラノよりまた、難易度が上がってしまいますから、すとんさん、それなのに、綺麗に流れていましたよ、音楽が良い師匠の元、正しく勉強を続けているんだなー、と思いました。なんとも羨ましいです。

アデーレさん

 アマリッリは確かに初心者向けの曲とは思えませんが、でも簡単に歌えちゃう人もいるわけで、なんだろ、その歌手なりに仕上げることのできる曲なんじゃないかなって思います。初心者を卒業したばかりの人でも、それなりに歌えるだろうし、もちろん上級者が歌っても、いい感じになる曲だと思います。

 料理で言えば、卵料理みたいなものなのかもしれません。

 今の私の実力にふさわしい仕上がりになったかどうかは分かりませんが、精一杯の気持ちで歌ったのは事実です。まあ、色々と残念なところもあるけれど、それが今の精一杯なんです。

 私はブログで歌や発声について色々と書き散らしています。時には(自分ではそんなつもりはなくても)エラそうな態度になってしまう事もあります。でも、時にこうして自分の歌をアップする事で「こいつ、エラそうな事を言ってるけれど、こんな程度なんだ」と知ってもらう事で、私の発言の裏取りと言うか、リアリティってヤツを感じてもらえたらと思ってます。

 私は原則的に他人をディスる事はしないように心がけていますが、それでも無意識であったり、結果的にであったりして、他人をディスってしまう事が無いわけではありません。だからこそ、こうして自分の歌をアップしておきたいと思ってます。

 自分の歌をアップもしないで、他人をディスってしまうなんて、それはかなり卑怯な行為だと思ってます。他人をディスってしまう可能性がある以上、常に自分をさらけ出しておかないとフェアではないと思っているわけです。

凄い!音源アップの理由をお聞きし、人としてもなんか凄いと思います!びっくら(笑)感心致しました。ますますファンになりましたよ〜〜!

アデーレさん

 いえいえ、ただ単に『フェアでありたい』という思いと『卑怯者にはなりたくない』という矜持があるだけです。ほんと、それだけ。別に凄くもなんともないですよ。

 ある意味、表現者として当然の事をしているつもりです。

復帰おめでとうございます!
アマリッリは私にとっても激ムズ案件です笑。
難しい曲がきちんと形になっていて立派に歌えていると思います。
好みの問題かもしれませんが、u母音だけもう少し広げた方がより外国語っぽい音色になる気がしました。私の場合はイタリア人の音源のu母音だけを注意深く聴いて声帯模写して感じが掴みました(と言ってもまだまだ不完全ですが汗)。
偉そうな事を言った以上は私もいずれ音源をアップしないとフェアではありませんね滝汗。

ブログ復帰おめでとうございます!

家族サービス、それは必須ですね。
家族と自分の非日常を味わう為にネ。

温泉嫌いな珍しiい私でしたが、日光の湯ノ湖温泉で初めて好きになりました。
薄い有毒ガスが漂っていて??強烈な硫黄の臭いで、頭がぱあ~になり、ついでに心もぱ~になって、何だか良いのかな~と思う程の温泉中の温泉デス。
折りがありましたら、、どうぞ。

すとんさん、良いお声ですね。
コロラトゥーラテナー??で行けるのでは (笑)
継続レッスンの成果も出ていると思います。

お互い頑張りましょう (*^^*)/

オデさん

 そうか、なんか聞いていて、なんかダメだなって思ったのだけれど、母音はかなりダメですね。とにかく、浅い! ご指摘のU母音は顕著だけれど、他の母音もかなり浅いです。

 まだまだ学ばねばならぬ事がたくさんあります。まあ、今後の課題がはっきりしたのは、良いことだと思ってます。ご指摘、サンキュー。

wasabinさん

 日光は行ってきたばかりですから、今度のGWには、箱根の温泉でゆっくりしてくるつもりなんです。

>コロラトゥーラテナー??で行けるのでは (笑)

 あいにくと、テノールにはコロラトゥーラはないんですね、残念。ただ、私の声質は、Y先生によれば、リリコとレッジェーロの中間なんだそうです。だからどっちに言っても良いわけで、レッジェーロとして歌うことも可能なんでしょうが、そもそも高音があまり得意ではないので、リリコの方が無難かな?と思い、今はリリコのレパートリーを勉強している最中なんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クチは縦開きって何度も注意されているけれど… | トップページ | 日光旅行 その1 浅草で天麩羅食べた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん