ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 日光旅行 その2 食事が豪華だったんですよぉ | トップページ | 日光旅行 その4 古日光に行ってきた »

2017年4月26日 (水)

日光旅行 その3 奥日光で滝を見た

 2日目は現地ツアーです。小型バスにお宿まで迎えに来てもらいました。午前中の行き先は、奥日光でございます。参加者は我々以外に、もう1家族でございました。

 東照宮から第二いろは坂を通って、奥日光に入っていきます。いろは坂は、行きが『第二いろは坂』、帰りが『第一いろは坂』で、それぞれの坂…ってか、ヘアピンカーブの部分に仮名文字が振られていて、第二の入り口から順に“い”“ろ”“は”“に”…となっています。これ、マメ知識ね。

 第二いろは坂の途中に明智平の展望台があったのですが、天気が雪だったので、何も見えませんでした。天気が良ければ、実に美しい風景が見られたそうですが…残念です。

 そうそう、今、テレビでやっているアニメ『弱虫ペダル』の、次のインターハイの舞台が、ここ日光なんだそうで、きっと小野田君が登るのが、この『第二いろは坂』なんじゃないかと思うと、今からワクワクします(オタクの戯言っす)。

 奥日光に入って、最初に行ったのが、戦場ヶ原です。ここは日本でも有数な湿地帯なのです。ただ…天気がねえ…。東照宮のあたりはまだ普通に雪が降っている感じでしたが、奥日光では大雪で軽く吹雪いている状態でした。戦場ヶ原なんて、ただの大雪原で湿地帯の面影ゼロでした(笑)。おまけにロクに道もなく、木製の遊歩道もほぼ雪に埋もれていた状態で、息子君はその遊歩道から派手に落ちて、本人に怪我は無かったのだけれど、手にしていたホテルの傘を大破してしまいました。都会の観光地なら、観光客のために遊歩道の雪くらい除雪しておいてくれるんだろうけれど、奥日光じゃあ人手不足なんだろうね。全くの手付かずの遊歩道なのでした。道が無い上に寒いので、さっさと観光を終え、土産物屋に避難せざるを得ない状況でしたが…それもまた楽しかったわけです。

 戦場ヶ原の次は竜頭(りゅうず)の滝に行きました。これも本来ならば、遊歩道を歩いて滝の全容を楽しむのがホントだったのでしょうが、なにしろ雪で道が無くなってしまったので、遊歩道はパスして、最後の滝の部分にバスで直行しました。つまり、龍の背の部分は見ないで、頭の部分だけを見たわけです。

 でもね、この頭の部分だけでも、素晴らしかったです。カッコ良かったです。こんなに美しい滝なんて、めったに見られないね。それくらいに美しい滝でした。それにしても、背の部分を見られなかったのは、つくづく残念です。

 ここで公衆トイレの話をします。寒かった事もあって、頻繁にトイレを利用したのですが、日光の公衆トイレは、トイレの建物自体に扉が付いているところが多かったです。理由は2つあって、多くのトイレに暖房が入っている事と、扉が無いと野生動物が侵入してトイレを荒らしてしまうのだそうです。湘南じゃあ考えられない理由です。あと、観光地という事もあって、トイレはどこもキレイでした。

 竜頭の滝の次は、中禅寺の立木観音をお参りしました。中禅寺は日光輪王寺の別院だそうです。日光山の開祖、勝道上人が、中禅寺湖を訪れた時、湖畔に生えていた桂の木に観音様を彫ったのだそうで、それが現在の立木観音にある観音様なんだそうです。ですから、観音様は今でも地面に根が生えているままなんだそうです。なんとも珍しい観音様です。他にもあれこれ説明されたけれど…よく覚えていないや(笑)。とにかく、階段を上がって上がって上がっていった記憶しかありません。

 立木観音の後は、いよいよ本日のメインイベントである華厳の滝でございました。駐車場からエレベーターでガーッと下りた後は、地下道をトボトボ歩いて、展望台まで行くのですが、さすがに華厳の滝は日本一の滝ですよ。とにかく、すごかったです。時期的に水量が少ない時期だったのかもしれないけれど、それでもなかなかの迫力で、実に立派でした。

 …とまあ、華厳の滝だけ見れば、それはそれで立派なのですが、実は華厳の滝の周辺にも、あれこれ大小の滝が多数あって、別に華厳の滝だけが立派な滝ではなかったりします。私、個人的には、展望台の裏側に、華厳の滝とは真反対にある坂を転げ落ちるように流れていた滝の方が気になりました。水量も豊富だし、展望台のすぐそばを流れていて迫力も満点。大勢の方々が華厳の滝を見ていて、こちらの滝なんて誰も見ていないのですが、私はむしろ、こちらの滝の方に感銘しました。いやあ、迫力すごいのよ。あの滝、なんて言う名前だったんだろ?。

 華厳の滝の後は、第一いろは坂を下りました。途中で方等(ほうとう)の滝と般若の滝を見ましたが、遠くてよく分かりませんでした。で、日光駅まで下りて、午前の部は終了となりました。

 日光駅周辺で昼食を食べて、午後のツアーに備える私たちでした。

 続きはまた明日。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 日光旅行 その2 食事が豪華だったんですよぉ | トップページ | 日光旅行 その4 古日光に行ってきた »

その他」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。祝ブログ再開です。旅行記も良いですね。まだ、途中ながら早くも同様のコースで日光を廻りたくなりました。
せっかくのアニメネタでしたが、すいません「弱虫ペダル」は圏外でした(汗)。「戦場ヶ原」系はオッケーなのですが…。個人的には斉藤千和さん最高です。

ねぎさん

 「弱虫ペダル」は自転車競技を題材にした、今時のスポ根アニメです。なかなかおもしろいですよ。「戦場ヶ原」系は、現在「終物語」の第1シーズンが再放送中ですね。再放送が終わったら、そのまま新作である第2シーズンに突入するそうです。楽しみですね。

 再放送から新作へとつなげるやり方は、今放送中の「進撃の巨人」で使われた手法ですが「終物語」しかり「おそ松さん」しかりで、今の流行りなのかもしれません。

 まあ、つまらない新作アニメを放送するくらいなら、人気作の再放送から第2期放送の方が、視聴者も喜ぶだろうし、旧作DVDも売れるだろうし、視聴率だって増えるだろうし、WIN-WINなんでしょうね。

 あ、私は堀江由衣さんがお好みです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日光旅行 その2 食事が豪華だったんですよぉ | トップページ | 日光旅行 その4 古日光に行ってきた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん