ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 日光旅行 その4 古日光に行ってきた | トップページ | 日光旅行 その6 やっぱ東照宮は最高だね »

2017年4月28日 (金)

日光旅行 その5 本物の修験者さんと、リアルなメイドさんを見たよ

 で、開山堂からまたまた山道をせっせと歩いて、瀬尾神社に着きました。ここが古日光の中心で、由緒正しくて霊験あらたかな場所なんだそうです。実際、我々が参拝している時に、本物の修験者の集団がやってきました。なんでも、瀬尾神社の山道を一日に何度も往復をする“行”をしている最中の方々なんだそうです。今でも修験者っているんですね。皆さん、いかにもな装束を着てました。修験者さんの世界は1000年前と今も、きっと大きく変わっていないんだと思いました。

 ちなみに、白糸の滝と言うのは全国にありますが、ここ瀬尾神社にもありましたよ。

 瀬尾神社まで、ずっと徒歩で参拝して、ぐったり疲れた我々は、バスに乗って、今度は霜降(しもふり)の滝に行きました。華厳の滝、竜頭の滝と合わせて、日光三名瀑なんだそうです。実際すごかったです。滝が上下の二段に分かれていて、とても美しい滝でした。

 私的にはこれで十分なんだけれど、なんでも昔は滝のすぐそばまで行けたそうです。今は、そこへの道が塞がれてしまったんだそうで、遠方にある展望台から眺めるだけになってしまったんだそうです。現在の展望台からの眺めも素晴らしいけれど、滝のすぐ側まで行って眺めたら…迫力満点なんだろうと思いました。

 午後のツアーは、あまり有名な所に行きませんでしたが、内容的には、とても濃くて楽しくて、目の保養になりました。古日光、おすすめですよ。

 午後のツアーが終わり、お宿までバスで送ってもらいました。帰り道、お宿のすぐそばにある“明治の館”というレストランがなかなか風情があっていいですよ…と教えてもらったこともあって、ちょっとお茶しに明治の館に行きました。

 元々は、明治時代のアメリカの貿易商F.W.ホーン氏の別荘だったそうで、現在は、有形重要文化財に登録されているだけあって、良い雰囲気の本物の洋館でした。本来はレストランなのですが、夕食はお宿で食べるし、時間的にも夕食には早かったので、お茶にしました。チーズケーキと桜茶をいただきましたが、雰囲気も良いので、すごく美味しい気がしました(いや実際、美味しかったわけですが…)。

 店内の貴族的な雰囲気を味わいながら、リアルなメイドさんと執事さんを何人も見ました(笑)。いやあ、オタク心がくすぐられます。

 お茶の後は、近所(と言っても、東照宮近辺だね)を散歩しました。普通に歩いているだけでも、あっちこっちに滝を見つけました。日光、とりわけ私がお宿にしている近辺は山の中なので、あっちこっちに崖があるわけで、崖があれば、たいてい滝があるんです。なので、ちょっと歩くと「あ、滝がある」、もう少し歩くと「ここにも滝がある」って状態なのです。なんか不思議な感じがしました。湘南地方には滝なんて無いもんなあ(笑)。

 お宿に戻って、お風呂に入って、しばらくすると夕食です。昨夜の夕食にも負けないほどの豪華でボリュームたっぷりの料理が並びました。メニューは違うけれど、基本的に湯波づくしである事には変わりありません。いやあ、実に舌に贅沢な夕食でした。

 夜はさっさと寝て、翌日早めに起きて、朝風呂です。

 続きはまた明日。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 日光旅行 その4 古日光に行ってきた | トップページ | 日光旅行 その6 やっぱ東照宮は最高だね »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日光旅行 その4 古日光に行ってきた | トップページ | 日光旅行 その6 やっぱ東照宮は最高だね »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん