ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 金魚の観察ポイントについて | トップページ | クラシック音楽って、そんなに高尚なもんかい? »

2017年3月 5日 (日)

マスク人間、大量発生中!

 そろそろ花粉が飛び始める時期となりました。私もマスクをして外出するようになりましたが、自分がマスクをすると、やはり周囲が気になるわけで、春になって花粉が飛び始めたという事もあって、街中をマスクをしたマスク人間が大量に出現しているわけです。

 とは言え、彼らの多くは、花粉が飛び始める前からマスクをしている人も多く、別に花粉症とは限りません。風邪でもひいているのかな…と思っても、数カ月間にも渡ってマスクをしている人も大勢いるので、風邪というわけでもなさそうです(風邪なんて3日で治るものね)。

 マスクをしている理由を尋ねてみると、答えは人それぞれでした。ある人は「ずっと風邪気味で風邪が治りきらなくて…」と、しごく真っ当な答えをする人もいます(大丈夫?)が、そうではない人が大半で「風邪予防のため」と答える人が一番多かったかな? マスクって風邪の予防になるのかな? たしかに飛沫感染は防げそうな気がするけれど、その飛沫がマスクの表面に付着しちゃえば、風邪のウィルスなんて、マスクを素通りするんだけれど…。そういう意味では、マスクで風邪予防というのは気休めなのかもしれません。

 おそらく「あなた方と同じ(汚れた)空気は吸いたくないのよ」って事なのかなって解釈しています。まあ、マスクには防塵機能はあるけれど、ホコリやチリなんて、多少吸い込んだところで、気にしなくても大丈だけれど…ね。

 「空気が乾燥しているからね…」 確かに冬になると、関東地方は空気が乾燥しがちだし、マスクをしているとマスクの中って湿気でベトベトになって湿潤な環境になります。ノドの健康を考えると、乾燥よりも湿潤な方が良いのは分かりますが…健康なら、そこまで気を使わなくても大丈夫のような気がします。だいたい、人間って、そんなにデリケートに出来てないと思うんだよね。

 防寒のためにマスクをします…という人もいます。確かにマスクをしていると暖かいよね。これは理解できます。

 あと、案外、マスクをしている理由を尋ねても「ええと…」と言った感じで、くちごもってしまう人も少なからずいます。おそらく、たいした理由がないのか、人に言えない理由なのか…なんでしょうね。

 マスクをする事がおしゃれだと思っている人もいます。女性だと、マスクをする事で化粧の手抜きができるのかもしれません。あと、メンタルに問題を抱えている人だと、マスクをするだけで、なんか強気になれるようです。まあ、たかがマスクじゃん。でもこれがあるとないとでは安心度が違うんだそうです…私には理解できませんが…。

 とにかく、冬~春になると、マスク人間が街中を闊歩するわけです。花粉症の私も、そのうちの一人なので、偉そうに言える立場ではありませんが、とにかく日本中、マスクだらけになるわけです。

 こんな日本の光景を外国からの旅行者が見たら、どう思うんでしょうね。

 実際、色の白黒問わず、外国人がマスクをして街中を歩いている姿って、ほとんど見ませんよね。少なくとも、私の身の回りにいる外国人たちはマスクをしません。彼らは基本的に個人主義なので、日本人がマスクをしていようとしていなかろうと気にしないみたいですが、旅行者はちょっと別じゃないかな? 私達が外国に行って、その国を歩いた時に、道行く人たちがみんなマスクをしていたら、ちょっと不気味じゃないですか? なんか某国のように極端に空気が汚いか、あるいは悪い病気でも流行っているんじゃないかって思いませんか?(実際、我が国では花粉症という名の悪い病気が蔓延していますが…)

 外面を気にする日本人の一人としては、外国からの旅行者に「悪い病気が流行っているんじゃないの」と不審がられるのは、イヤなのですが、実際問題として、スギ花粉が飛び回っているんだから仕方ないのです。花粉症の人がマスクをしないだけでも、街中のマスク人口って大きく下がると思うんですよ。でも、国が花粉症対策をしてくれない以上、マスク人間の数は減りません。日本の印象が悪くなるのは仕方がないのかもしれませんが、なんかイヤだなあ。

 まあ、花粉症に対して国が無策である以上、花粉症と今現在風邪をひいている人は仕方ないとしても、ならばそれ以外の人がマスクを外せば、街中の印象はだいぶ変わると思うんです…と言え、そういう人にはやっぱりそれなりの理由があって、簡単にはマスクは外せないんだろうなあ。そうなると、やはり大切なのは花粉症対策だよ。国家を上げての花粉症対策が必要なんだよ。

 だから、もしもスギ花粉対策を打ち出して選挙に出る政治家がいたら、たとえその人が共産党員だったとしても、私、一票を投じてしまうかもしれません。だってそこに希望を感じるじゃない? それほど、花粉症の人間にとっては深刻な問題なんですよ。

 私の一票が欲しい政治家の皆さんは、ぜひ花粉症対策を公約の中に入れてくださいませ(そして実行してください、お願いします)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 金魚の観察ポイントについて | トップページ | クラシック音楽って、そんなに高尚なもんかい? »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

花粉症が猛威をふるっています。
洗濯物さえもマスクなしで干せません。
ああ、あと2カ月はマスク暮らしなのかしら。
ブルーです。
さて、またしても怪しげで捨て置けない情報に魅せられています。
とある国の姫さまの話なのですが、発達障害のために間引かれようとしているとの説があります。
これが本当だったら、今どうされているのか、気になってしまいます。
http://e-vis.hatenablog.com

うぉぉんさん、お久しぶり。

 花粉症…ホントに心が折れますよね(涙)。

 とある国の姫さまの件ですが、所詮は姫さまなのですから、マスコミもいい加減、許して差し上げれば良いのになあ…なんて思います。そうすれば、もっとご自分らしく生きていけるのではないかと、庶民である私は思うのです。

 それともまだ姫さまを陛下にしたいという方でもいらっしゃるのでしょうか? そうであるならば、今の姫さまを間引いて、ご立派な方と入れ替わる…という事を考える、ヨコシマな連中の存在も分からないでもないのですが…。

 もっとも、姫さま以前の大問題が、奥さまの方ですね。心に闇を抱えたまま陛下になるのは、本人にも周りのお付きの方々にも、とある国の国民にとっても、不幸な出来事でしかありません。姫さまの事よりも、奥さまの件を、どーにかしないとダメだなって、庶民である私は思うのです。

 ご譲位は、一代限りではなく、続けざまにあっても、良いのではないのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚の観察ポイントについて | トップページ | クラシック音楽って、そんなに高尚なもんかい? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん