ひとこと

  •  梅雨があけました! いよいよ夏です! 毎日…暑くなるんだろうなあ…、カラダ、もつかな(涙)。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 裏声、始めました | トップページ | リップグロスが良いらしいのですが… »

2017年3月 2日 (木)

思い込みだけで判断しちゃダメです

 声楽のレッスンの続きです。曲の練習に入りました。カッチーニ作曲の「Amarilli/アマリッリ」です。いわゆる、イタリア古典歌曲です。

 いわゆる“レコ勉”してきた私ですが、そもそもこの曲がカストラートの曲ですから、教材として聞く音源も低声の女性歌手のモノが多かったのです。自宅練習での最初期は、この歌を歌おうとすると、低めの女声的な声(つまり、カストラートっぽい声?)を出そうと無理に身構えてしまい、ノドを締め付けて歌っていました。しばらくして、それはマズイ事に気づき、女性歌手をレコ勉対象から外して、テノールの歌唱だけでレコ勉を続けた結果、少しずつ楽な発声で歌えるようになりました。

 レコ勉も、声種を選んで聞かないとダメだな(笑)。私は女性でもなければ、カストラートでもないんだから、彼らのような声は出るわけないし(汗)。

 男性的な太めの深めの声で歌う練習をして、ようやくそれが板についた頃にレッスンとなりました。ああ、間に合ってよかった。

 発声練習の続きで、ノドの奥を常に開いて、深い声で歌う事を注意されました。この曲は、なんとなく弱々しい声で歌うというイメージがありますが、そこは軽く無視をして、全力全開で歌いました。いやあ、世間の『アマリッリ』とはだいぶイメージが違う歌い方ですね。

 とにかく、腹筋を使いまくる。声は頬骨に乗せたまま、響きは落とさない。これを徹底的に行う。

 まあ、曲そのものは簡単なので、そう言った発声技巧に注意をして歌ったわけです。

 声の響きの上の方の薄い所を使って、楽に歌うと、古楽っぽい声(?)になるようです。自宅練習でやっちまったような、ノドを締めて歌っちゃダメなんだな。

 あと、高い倍音をいっぱい出して歌うように言われました。と言うのも、私の歌は、音程が正しくても、しばしば音程がぶら下がっているように聞こえるんだそうです。それは単純に、倍音が少なめ…と言うか、貧弱な声で歌ってしまうからで、もっと倍音、それも高い倍音をいっぱい出して歌えば、もっと音程正しく聞こえるようになるそうで、だからたくさん倍音を出して歌いなさい…ってわけです。

 まあ、高い倍音をたくさん含んだ声は、音が実際よりも高く聞こえるからね。そりゃあそうなんだね。そのためにも、鼻腔の響きをもっと活用しないと…。

 さて、今回は、以前から先生がおっしゃっていた、マイアベーアの「おお、パラダイス」の楽譜をようやく入手したので、それを二人で見ました。

 マイアベーアの「おお、パラダイス」という曲は、オペラ「アフリカの女」という、なかなか上演されないオペラの中の一曲で、このアリアだけ取り出して歌われることが多いのです。いわば、扱いとしては“コンサートアリア”なわけですが、なんかイメージ的には、初学のテノールが歌う…というイメージを、私も先生も持っていたわけで、じゃあ次に歌ってみるか…と思って、真面目に楽譜や音源を漁ってみたら、ちゃんとした歌手が歌っている音源は、ほぼフランス語歌唱なうえに、日本で発売されている主な楽譜も歌詞がフランス語なんですよ。

 あれ! 私のイメージじゃあ、この曲はイタリア語歌唱が普通じゃなかったのかな?

 あれこれ楽譜を探してみたら…ありました。こちらの楽譜に収録されている「おおパラダイス」は、英語(笑)とイタリア語の歌詞が付いてました。ちなみに、イタリア語は“原語”という扱いでした。マイアベーアの「アフリカの女」というオペラは、フランスオペラですから、原語はフランス語なのです(笑)が、昔はヨーロッパでも外国のオペラは自国語の歌詞で歌うのが普通でしたから、元がどこの国のオペラであっても、イタリア人歌手はイタリア語で歌ちゃっうわけで、その頃の古い音源のイメージで、私なんぞは、この曲が…イタリア語歌唱が普通じゃない?…って思っていたわけです。

 同じようなケースに、フロトーが作曲した『マルタ』というオペラの中の「夢のごとく」というテノールアリアがあって、この曲、実はドイツ語で作曲されているにも関わらず、イタリア語で歌われるのが普通で、日本で発売されている楽譜もイタリア語の歌詞のモノが大半…なので、根拠なく「おおパラダイス」も似たような状況にあるんじゃないの?っと勝手に思っていたわけです。

 思い込みだけで判断しちゃダメですね。

 で、ようやく入手した、イタリア語の歌詞付きの「おお、パラダイス」でしたが、案外、音が高くて難しいでやんの(笑)。これじゃあ、さすがに今の私の手には負えません…って事で、ペンディングになりました。ま、しょうがないね。

 ちなみに、先程の楽譜ですが、掲載されているアリアのすべてに英語の歌詞が付いています。オペラアリアを英語で歌うチャンスって、まずは無いかもしれないけれど、つらつらと眺めてみると、なかなか面白いですよ。あと、選曲されているアリアも、日本のモノとは一味違うのも、お国柄かもしれませんね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 裏声、始めました | トップページ | リップグロスが良いらしいのですが… »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

「夢のごとく」の原詞がドイツ語だとは知りませんでした。私のテノールのアリア集にはイタリア語バージョンしか書かれていないです(^_^;)

オデさん

 「夢のごとく」は、私が持っている日本の楽譜はすべてイタリア語歌詞になってます。でも、アメリカのSCHIRMER社のテノールアリア集では、ドイツ語とイタリア語の両方が載っています。もちろんメインはドイツ語歌詞ですが。

 メリー・ウィドウというオペレッタがありますが、これ原語はドイツ語ですが、私、日本語歌詞の楽譜を持っている事はもちろん、英語の歌詞の楽譜も持ってます。逆に、ドイツ語歌詞の楽譜を持っていません(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裏声、始めました | トップページ | リップグロスが良いらしいのですが… »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん