ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« マスコミに関わる人たちのメンタリティがイヤなんです | トップページ | トスティはイギリス人だったって知ってましたか? »

2017年1月23日 (月)

トスティって、本当はヴァイオリニストだったの?

 トスティとは、作曲家のフランチェスコ・パオロ・トスティの事で、その作品は、多くの声楽ファンに親しまれています。彼の作品の大半は歌曲です。歌曲以外の作品も若干作曲しているようですが、ほぼ歌曲専科の作曲家であると断言しても構わないでしょう。なので、歌曲ファン以外にはあまり知られていない、ある意味マイナーな存在なのですが、それでもとにかく(トスティを知っている数少ない)現在の我々は、トスティを“作曲家”として認識しているわけです。

 ではトスティは、キャリアの最初っから作曲家であったのかと言えば違います。意外な事に、彼は学生時代、ヴァイオリンを専攻していたのですよ。つまり、ヴァイオリニストを目指していた音大生だった時代があり、もしかしたら、そのままヴァイオリニストになっていた可能性もある人だったのです。

 でも、ヴァイオリニストとしてのトスティは、学校を卒業するや否やいなくなります。彼のヴァイオリニストとしてのキャリアは、学校卒業とともに終わりを迎える…ってか、彼は方向転換をします。

 一体、何があったのでしょうね? ここは推測するしかなのですが、地元では「俺って、なかなかヴァイオリンじゃあ、イケてるじゃん!」とか思っていたのかもしれません。なにしろ地元では“ヴァイオリンの神童”ともてはやされていたという説もあるくらいですから、田舎のヴァイオリニストとしては、なかなかの腕前だったのかもしれません。でも都会の学校(彼はナポリ音楽院の卒業生です:この学校は現在もあります)に行ったら、自分ぐらい弾ける人なんてウジャウジャいたりするわけで…そんなこんなで、色々と考えるようになったのではないか…と勘ぐる私です。

 とにかく、学校卒業とともにヴァイオリンを辞めてしまったトスティは、最初は田舎に戻って、当時の音大卒業生の定番職業である、地元の教会のオルガン演奏とその教官助手を始めます。

 教会でオルガニストとして働きながら、(彼はピアノやオルガンの腕前もなかなかだったそうです)コツコツと歌曲の作曲を始めたそうです。ここが彼の人生のターニングポイントです。

 数年、オルガニストとして働いたあと、彼は大都会であるローマに出ていきます。オルガニスト時代に作曲した歌曲たちを携えての上京です。ローマに上京してからは、サロンや小さなホールなどで歌う歌手としてキャリアを始めます。声種はテノールです。

 当時はサロン文化がまだまだ健在で、そこで自作のサロン向けの歌曲を歌っていたそうです。また、その時代の流行歌(当然他人の作曲)も歌ったようですが、自分でもドンドン作曲をして、その曲を持って、小規模なツアーなども行っていたようです。結構な人気歌手になったそうです。今で言う、シンガーソングライターのハシリのような人だったのかもしれません。なにしろ、自分でピアノを弾きながら歌っていたそうですよ。つまり、弾き語りをしていたわけです。トスティはかなりの美声であったという説があります。声も良ければ、歌う自作の曲も良かったわけだし、若くて(写真を見る限り)かっこいい青年だったわけで、そりゃあ人気者になるよね。

 人気者になればファンがつきます。彼はサロンを中心に活躍していたので、彼のファンと言えば…上流階級のご婦人方ですね。トスティは、それらの上流階級のご婦人方に歌を教え始めます。やがて上流階級も上流階級である王家(サヴォイア王家)にも出入りするようになり、王家との人脈も得て、ローマの声楽教師として、大繁盛するようになったのだそうです。

 つまり、21世紀の我々はトスティを作曲家であると認識していますが、生前の彼は、もちろん作曲家であったのだけれど、それと同時に学校でヴァイオリンを学んだ、ヴァイオリニストのタマゴであったし、田舎の教会のオルガニストでもあったし、ローマで上流階級のご婦人方から愛されるテノール歌手であり、声楽教師でもあったわけです。

 トスティはヴァイオリニストとして音楽家のキャリアを始めようとした人だったけれど、アレコレ色々な事に手を染めて、最終的には作曲家として後世の人に評価される人になったわけです。

 そんな彼の初期の歌曲を一つアップしておきます。

 「お祝い/L'augurio」という曲です。作品番号1番で、彼が16歳の時の作曲です。音楽院の作曲の授業の課題として作曲されたそうです。ちなみに、当時の指導教官はミケランジェロ・カントーネ先生だそうです。歌っているのは、ウォルター・オマッジョというテノールさんです。

 うーん、曲の出来はまだまだ…かもしれないけれど、あっちこっちトスティっぽいです。、やっぱりトスティはトスティだよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« マスコミに関わる人たちのメンタリティがイヤなんです | トップページ | トスティはイギリス人だったって知ってましたか? »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスコミに関わる人たちのメンタリティがイヤなんです | トップページ | トスティはイギリス人だったって知ってましたか? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん