ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 何のために、目は2つあるのか? | トップページ | 結局、ソリストさえしっかりしていればOK? »

2017年1月29日 (日)

私は相撲に詳しくないですが、それでもやっぱりうれしいです

 私は相撲に詳しくないです。いや、相撲どころか、スポーツ全般に関して詳しくないです。と言うのも、スポーツは専ら“自ら行うモノ”であるという認識であって“見て楽しむモノ”とは思っていません。つまり私の中では、スポーツとは“運動”であって“エンタメ”ではないのです。

 なので、大相撲の優勝争いも、プロ野球のペナント戦の行方も、さらにはオリンピックにも、興味ありません。だって見ててツマラナイんだもの。

 昔は盛んに作られた『オリンピック記録映画』(前回の東京オリンピックは映画になってますよね)のように、エンタメとして楽しめるように台本が作られて編集されて演出されたモノなら、素材がスポーツであっても面白いのだけれど、どんな競技であれ、どんなビッグタイトルであっても、試合そのものをそのまま中継で放送されたんじゃ、どこに焦点を合わせて愉しめばいいのか分からないので、楽しめません。

 スポーツ観戦音痴って奴ですね。でも、私のような人って、決して少数派じゃないと思いますよ。

 私は、柔道は黒帯の腕前を持っていますし、柔道ならルールも分かれば、試合のカンツボも分かりますが、それでも柔道の試合のテレビ中継は見ていて退屈です。柔道の試合よりも、台本もあって演出もされているプロレスの方が、見ていて何十倍も楽しめます。だってプロレスはエンタメだもの(笑)。

 というわけで、私がいかに観戦するスポーツには無関心かと述べたわけですが、そんな私であっても、今回の稀勢の里関の横綱就任(って言うのかな?)は、とてもうれしいし、ビッグなニュースです。

 なんでも、稀勢の里関は、日本出身力士としては19年ぶりの横綱なんだそうです。この19年の間、ずっとハワイやモンゴルなどの海外出身者が横綱を張っていたわけです。

 まあ、大相撲って今や国際的な競技でしょ? 野球で言えば、メジャーリーグに相当するのが、日本の大相撲じゃないですか? 国際的な競技であれば、日本人ばかりでなく、当然、外国出身力士も参加するわけだし、その中から横綱になる者が出てきても、全く不思議じゃないし、いやむしろそれは健全な事であって、日本出身力士が長い期間、横綱になれなくても仕方ないのですが、それでもやっぱり日本出身力士が横綱になるというのは、単純にうれしいものです。

 おめでとうございます。稀勢の里関。

 ちなみに、稀勢の里関は、横綱昇進伝達式では、恒例の四字熟語を使わなかったそうです。その代わりに「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」と答えたそうです。いいなあ、おそらく力士本人もよく分かっていない四字熟語を、カッコ付けのために無理して使うのではなく、稀勢の里関が、自分の言葉で答えた事に誠意を感じるし、そこに好感を感じるわけです。

 ちなみに、恒例と言われている四字熟語ですが、実は始まったのは新しくて、横綱貴乃花関こと貴乃花親方が横綱になった時に、初めて難しい四字熟語(不惜身命)を使ったのが始まりなんだそうです。1994年の事だから、そんなに昔じゃありません。

 稀勢の里関は日本出身力士としては19年ぶりの横綱ですが、日本人力士としては18年ぶりです。つまり、日本人だけれど日本出身者じゃない横綱が、この間に一人いるわけです。その人は、横綱武蔵丸関です。彼はハワイ出身のアメリカ人でしたが、日本に帰化して、日本人として横綱になっています。…ってわけで、彼以降の横綱は、今回の稀勢の里関以外は、みな外国人…とりわけモンゴル出身者なのですが、彼らはみなモンゴル人のままで横綱になっています。帰化していませんし、たぶんこの先も帰化しないでしょう。白鵬関以外は嫁さんがモンゴル人ですから、最初から帰化して日本人になるつもりがないのだと思います(だって、モンゴル人の奥様に相撲部屋の女将さんはできないでしょう)。白鵬関は嫁さんが日本人で、本人的には帰化して親方になりたいのかもしれませんが、彼はモンゴル相撲の名家の出らしく、父親(モンゴル相撲の横綱で、モンゴルの英雄の一人なんだそうな)が息子の帰化に大反対しているそうだから…無理だろうね。

 と言うわけで、稀勢の里関は、日本出身力士としても、日本人力士としても、ほんと、久しぶりなんですよ。だから、私は、スポーツに興味がないのだけれど、日本人の活躍が素直にうれしいのです。

 横綱としては遅咲きな稀勢の里席ですが、ぜひ大横綱になってほしいと思います。

P.S. ちなみに、私にとってアニメとかマンガとかは“見て楽しむもの”であって“創作するもの”ではありません…ってか、あれはアマチュアが安易に手を出して良いものだとは思ってませんので、素直に鑑賞サイドに回っています(実は学生の頃は漫画研究会に所属して原稿を書いていた事もあります:汗)。音楽は鑑賞と演奏の両方が好きですが、鑑賞は専ら演奏の勉強のためという側面があります。そういった意味では、音楽はスポーツに近い感じで捉えているのかもしれません。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 何のために、目は2つあるのか? | トップページ | 結局、ソリストさえしっかりしていればOK? »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何のために、目は2つあるのか? | トップページ | 結局、ソリストさえしっかりしていればOK? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん