ひとこと

  •  毎日毎日暑いですね。3年後の今頃は、東京でオリンピックをやっているわけなんだけれど、こんなに暑い中でオリンピックなんてやってい良いのかな? 特に野外でやる種目は、選手はもちろん、観客の健康だって心配です。マラソン…死人は出ないか? マジで心配です。日本の夏の昼間に野外スポーツなんて、そんなクレイジーな事は高校野球だけで十分でしょ? アメリカのテレビ局の都合(番組改編期にオリンピックの中継をやりたいだけなんです)でオリンピックの開催時期が決まるんだけれど、日本の東京でオリンピックをやるなら、本当は5~6月あたりの、花粉症が終わったあたりの春が気候的には良いよね。夏は暑すぎるし、秋は台風とかゲリラ豪雨とかがあるし、冬は寒すぎるからね。まあ、日本の都合とか、選手や観客の健康なんて、アメリカのテレビ局には関係ないから、やっぱり真夏の東京でオリンピックをやるんだろうね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« すとん前史 その8 | トップページ | ああ、残念だ残念だ »

2017年1月12日 (木)

支えは上下の力をどこで拮抗させるか…って話なのですよ

 昨年末の話になりますが、声楽のレッスンに行ってきました。

 まず最初に行ったのは、次回のレッスンからの課題曲決めでした。今やっている、トスティの「Malia/魅惑」と、ジョルダーノ作曲の「フェドーラ」のテノールアリアの「Amor ti vieta/愛さずにいられないこの思い」は今回で終了とし、来年(つまり今年)からは新曲に臨みましょうって事になりました。

 で、歌曲は…と言うと、Y先生、おもむろにトスティの楽譜を眺めて「Penso!/僕は思っている」を指定しました。私、実はよく知らない曲だったのだけれど、異存はないので了解しました。だってまあ、テノールが歌う“トスティ歌曲集”には滅多に入っていない曲ですからね。でも、聞いてみたら、なかなか良い曲だし、男性っぽい曲なので気に入りました。

 アリアの方は、私の提案で、ヴェルディ作曲の「椿姫」のテノールアリア「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」にしました。第二幕の冒頭に歌われるアリアですね。一度はチャレンジしてみたかった曲なのです。レチタティーヴォとアリアの両方を歌うことにしました。

 さあ、頑張るぞ。

 レッスンはハミング練習からです。とりあえず「丁寧に発声してください」と言われました。つまり、ガツン!と歌うのではなく、ppからffへ滑らかに歌うわけで、そのためにも、まずは息を滑らかに通すように気をつけて下さいって事なのです。で、息を滑らかに通すためには、ひとまず支えが必要って事なのです。

 今回、先生から支えについて詳細なレクチャーを受けました。それを短い言葉で表現するのは難しいのですが…要は支えとは、上から支える力と下から支える力の両方があって、その上下の力が拮抗している事が大切であり、その拮抗している場所がどこであるかが更に大切なわけです。だから、支えは力任せにする必要はないし、かと言ってフニャフニャでもいけないのです。

 で、その拮抗点は音程によって違うわけで、低い音程ならば低い位置での拮抗点で良いし、高い音程ならば高い位置での拮抗点でなければ、うまく発声できないのです。だから、支えは、もちろん支える力も大切なのだけれど、その拮抗点をどこに設定するか(つまりは上下のバランス)というイメージも大切なわけです。で、出すべき音程のイメージと、そのための拮抗点をどこに設定するかというイメージがあれば、後はカラダが自動的に反応して、声が出るのだそうです。

 つまり、私がうまく高音を発声できないのは、音程のイメージが悪い事と、その音程に必要な支えの拮抗点のイメージが無い事と、その拮抗点に支えを持っていける筋力が足りない事の三重苦なんだそうです。

 …結構図星だったので、グサグサ来ました(涙)。

 大切な事はイメージなのです。そのイメージ無しで、いくら音階練習やろうが、いくらエチュードを歌おうが、いくら筋トレをしようが、それでは効果が薄いのです。大切な事はイメージをきちんと持ちながら歌うことなのです。

 ちなみに声の軽重は上からの支えの軽重と関係があり、上からの支えと拮抗させるために下からの支えの強さも当然関係します。先生曰く、私は必要以上に重い声で歌おうとする傾向があるそうで(つまり、上から下への方向の力が強い)、そんなに重い声で歌いたいなら、それにふさわしいだけの、下から上への力を身につけるか、あるいは自分の現在の(下から上への)支えの力にふさわしい軽い声(上から下への力を弱くする)で歌うか…を選ばないといけないわけで、そういう事にも私は無頓着だと言うわけです。

 ああ、だからキャリアを積んでいくと、筋肉が発達して、上下ともに支えの力も増してきて、声が重くなっていくのかな? 違うかな?

 という訳で、今回の発声練習では、徹底的に腹筋をイジメました。そして、自宅練習でも腹筋練習をしてくるように厳命されました。いやあ、今度こそは頑張って腹筋運動をしようと思いました…三日坊主にならないように頑張りたいと思ってます。

 さて、では知らない人のために、今年のレッスンから歌い始める、トスティの「Penso!/僕は思っている」の音源をアップしておきます。

 歌っているのは、テノール、作曲家、音楽プロデューサーのホアキン・ピクサーンです。つまり、音楽の“何でも屋さん”だね。でも(と言うのもおかしな話ですが)歌は素晴らしいですよ。

 ああ、こんな声でこんな風に歌えたら最高だろうなあ…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« すとん前史 その8 | トップページ | ああ、残念だ残念だ »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すとん前史 その8 | トップページ | ああ、残念だ残念だ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん