ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« レチタティーヴォは難しい | トップページ | 残念だけれど、仕事が無いんだから仕方ないのです »

2017年1月19日 (木)

響きの載った声はすごいすごい

 先日、近隣で行われている市民オペラに関する企画の一つとして、笛田博明氏(テノール)と与那城敬氏(バリトン)両名の合同のコンサートがあり、そこに行ってきました。

 いやあ、良かったですよ。どれくらい良かったのかと言えば、普段、クラシック系のコンサートに行ったくらいじゃあ、ブログネタにしない私が、わざわざ取り上げてブログネタにしてしまうくらいに良かったのです。

 何が良かったのか言えば、笛田博明氏の声です。今や、藤原歌劇団のトップテナーの一人ですから、そりゃあ素晴らしいに決まっていますが、それでもやはり、ブログに書かざるをえないほどに素晴らしかったのです。

 もちろん、与那城敬氏も良かったのですが、私はテノールを偏愛する人間なので、どうしても笛田氏中心に聞いて、笛田氏中心に感動してきたわけです。困った性分ですね(笑)。

 で、その笛田氏の声のどんな点が良かったのかと言えば、その響きです。

 少し前にレッスンで声の響きについて学んだところだった事もあり、笛田氏の声に乗っている響きに感激してしまったのです。いやあ、ほんと、ビンビンに響きが載った声だったのですよ。

 笛田氏は、歌劇「道化師」を得意とする、スピント系のテノールなのです。そういう重くて太い声だと、ばっちり鳴りで歌っていると思いがちですが、いやいやどうして、ばっちり響きで歌っているのですよ。すげー、すげー。

 「百聞は一見にしかず」と申しますが、「響きってなんだろ?」と頭でアレコレ考えるよりも、こうしてトップ歌手の生の声を聞いた方が、分かるというものです。

 ほんと、良い勉強になりました。いやあ、私、響きってモノが、どういうものなのか、よく分かりました。後は実践あるのみです。

 響きの載った声は…飛ぶねえ。埋もれないねえ。カツーンと来るね。おまけに、全然力づくの発声には聞こえず、楽々歌っているように聞こえます(実際、楽々歌っているんだろうしね)。

 私は声楽系のコンサートは勉強のために、なるべくたくさん聞くようにしていますし、身近なアマチュアのモノは、やはり勉強になるので聞くようにしていますが、このように、たまにはトッププロのコンサートに行くのも、良い勉強になるものだと、改めて感じ入ったわけでございます。

 要するに、トップ歌手の歌を聞いて、びっくりして感動した…という話です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« レチタティーヴォは難しい | トップページ | 残念だけれど、仕事が無いんだから仕方ないのです »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつもこっそりと拝見させていただいておりました。
私も以前笛田さんの声を生で聴いて、あまりの凄さに呆然となった事があります。
ご存知かもしれませんが、youtubeで「ふえじゃこ」で検索すると笛田さんの歌唱がたくさん出てきます。テノールの有名どころのアリアをどれも高い完成度で楽々と歌いきっているのを堪能出来ますよ。

こんにちは。

わたしもこの方をyoutubeで知りました。
でも生音で聴いた事が無いせいか、
どうにも叫んでいるようにしか聞こえないのですが?
抑揚と言うか強弱と言うか、何だか一本調子。

実際に側で聴かれると違うのでしょうか?

オデさん、いらっしゃいませ。

 こっそりでも、堂々でも、どちらでも歓迎しますよ。

 笛田氏の声は、本当に素晴らしいと思います。でも、下の方がおっしゃっているとおり、録音だとちょっとなあ…と思います。特に「ふえじゃこ」名義で登録している歌唱は、録音が悪すぎて、正直ちょっとなあ…と思います。彼の声は、残念ながら、民生機では録音できないようです。テレビ放送された動画がいくつかアップされていますが、そちらの方がいい感じに仕上がっていると思います。

 でも、やはり録音は、生には敵わないし、この方は録音と生の落差が激しいですね。

名無さん

 まあ、笛田氏に限らず、どの歌手も、録音と生ではかなり印象が違います。それを知ってしまうと、ついついコンサートに通い始めてしまうのですが…ね(汗)。

 笛田氏の場合、あの声を録音するのは容易なことではないと思います。特に、声に乗った響きの録音は難しいかもしれません。声の一番美しい部分がマイクに入らないのは残念です。あと、録音で聞くと一本調子なのも当たっていると思います。と言うよりも、彼の場合、おそらく録音メーターは常に振り切っているんじゃないかしら。アナログの機材なら音割れしているレベルだと思います(デジタル機材だと、音割れしない代わりに音が貧弱になり強弱がなくなります)

 そういう意味では、笛田氏は録音向きの歌手ではないのかもしれません。


はじめまして。以前同じブログ村で声楽発生男声版というブログを書いていた者です。
私もこっそり拝見させてもらってます。

響きの載った声。

確かに素晴らしい声だと思います。

ただ私には声を響かせているようにしか聴こえないのですが。

すとんさんの考える響きと、私の響きは違うということなのでしょう。

投稿、久々です。テノール?私が一押しは、山本耕平さん。新進気鋭のテノールでお顔も結構、良いのよ(笑)でも。やっぱりお声が凄いー。少しバリトンより?なテノールで美声とはこういう声なんだなぁ〜、と納得できる!ユーチューブでは【ミ、マンキ】が大のおすすめ。しかし、この声はネモリーノも合いそうよ(笑)

スーパーたっくんさん、いらっしゃいませ。

>すとんさんの考える響きと、私の響きは違うということなのでしょう。

 私には、たっくんさんが何を考えていて、響きについてどう思っているかが分かりませんので、なんとも答えられません。申し訳ないけれど、たっくんさんのブログは読んでないのですよ。ごめんなさい。

>私には声を響かせているようにしか聴こえないのですが。

 YouTubeの音源の事なら、私には反響の強い部屋で、声がウワンウワン鳴っているだけに聞こえます。録音状態が極めて悪くて、これでは声の良し悪しなど、分かんないと思ってます。

 私の考える響きは、おそらく“シンギング・フォルマント”の事ではないかな…と思います。

アデーレさん

 こりゃあ、いいわ。若くてシュッとしたイケメンじゃないですか。歌も良いです。こういう声は、やはりヴェリズモ向きだと思いますよ。プッチーニなんていいんじゃないかしら! カヴァラドッシを歌わせたいなあ…。

 彼の成長が私は待ち遠しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レチタティーヴォは難しい | トップページ | 残念だけれど、仕事が無いんだから仕方ないのです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん