ひとこと

  •  選挙が終わり、今から数年間の日本の政治体制も決まりました。さて、今日からは非民主主義的な手法で、日本を揺さぶる方々が暗躍します…と言っても、その事自体は選挙前からずっとやってますけれどね。それにしても、なぜ選挙結果を受け入れず、日本をダメにする方向で活躍する人たちが、我が国には大勢いるんでしょうね? 「思想信条は個人の自由」とは言え、選挙結果に準じて任せるのが間接民主主義ってヤツでしょ! 憲法にも43条を始めとして、選挙で決めますよと書かれているわけで、民主主義とか憲法とかを大切にしている人ほど、次の選挙までは臥薪嘗胆となるはずなのですが…大騒ぎする人たちは、口先ばかりの人たちで、民主主義も憲法もご存知ないんだろうと思います。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« なぜ、我々はリコーダーを学んだのか? | トップページ | さて、クリスマスですね »

2016年12月24日 (土)

金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その6 新しい子の導入について

 シリーズ連載をしています。前回の記事はこちらです。ちなみに前回の記事(2016年5月28日)からは…約半年ぶりですね。いやあ、このペースで連載と言っていいのかどうか…。えっと、今回が最終回ですので、よろしくです。

 新規に水槽を立ち上げる時の話、過去の連載でしてきたので、今回はすでに水槽があって、先住者がいる水槽の中に新しい子を導入する時の注意について書いてみたいと思います。

 まず、根本的な話になりますが、それぞれの水槽には定員があります。その定員を越える数の金魚を入れると、弱い子から天に召されてしまいますので、まずは数に気をつけましょう。ちなみに、我が家は45cm水槽(中途半端な大きさなんです)ですが、経験から言えることは、小型金魚で6匹。中型金魚で5匹。大型金魚で4匹、巨大金魚で3匹が定員です。

 ペットショップなどでは30cm水槽にたくさんの金魚が泳いでいますが、あれはプロが管理している事と、結構金魚の入れ替えもあるわけで、自宅の水槽で飼うのとではわけが違います。

 案外、金魚って、たくさんは飼えないものです。

 さて、新しい子を水槽に入れる時には…まずは検疫をしましょう。つまり、変なものを持ち込まないように、病院水槽に薬水(私は塩+抗生物質の水)を作り、そこに一昼夜程度漬けます。エサはやらず、糞も出し切らせます。

 そして、新しい子を入れるタイミングは、エサ時にします。新しい子を入れたら、前からいた子たちが興味津々で可愛がりに来ますし、新米金魚は慣れない環境でビビっている上に、自分よりも大きな金魚と一緒にいるわけですから、これって凄いストレスになるみたいなのです。

 ですから、新しい子を入れたら、すぐにエサをあげます。

 エサを入れると、新しい子も、今までいた子も、エサに夢中になってしまい、食べ終わると、新しい子が入ってきた事とか、慣れない環境とか、そういう事を一切合切忘れてしまうようなのです。

 金魚のオツムなんて、その程度なんですよ。ほんと、可愛いものです。

 たいていの家には、水槽は一つしかないでしょうから、すべての金魚は同じ水槽に入ることになると思いますが、その際に、ちょっと注意した方が良い事があります。

 それは、金魚って、見かけは可愛いのですが、あれで案外、容赦のない性格だったりしますので、気をつけないと、イジメのような事が起こります。

 まず、魚型の金魚(和金などね)と丸型の金魚(琉金だな)は、基本的に混ぜない方が良いです。と言うのは、泳ぐ能力が違いすぎて、丸型の金魚が魚型の金魚の餌食になる事があるからです。特に、出目金とかランチュウなどは、よくイジメの対象になりますから、注意です。

 あと金魚って、クチに入るものは、基本的に何でも食べますので、巨大魚がいる水槽に小さな子を入れると、食べられてしまう事があります。

 少なくとも私の経験上、金魚とメダカの混泳は、基本的にメダカが金魚のエサになるだけです。私は金魚とメダカの混泳が大好きなんだけれど…すぐに食べつくされてしまうので、なかなか難しいです。

 さらに言うと、金魚が大きいとメダカのエサになってしまいますが、金魚とメダカの大きさが変わらないと、今度はメダカが金魚(特に丸型)をいじめるんですね。ほら、メダカって魚型でしょ? 泳ぎじゃ絶対にメダカの方が優位なんですよ。

 あと、オスの金魚は危険です。金魚って、大半がメスなのですが、たまにオスがいるんですよ。オスは…たいてい気が荒いです。繁殖期になると、メスを追いかけ回します。水槽の中ではメスは逃げ切れないので、オスに追いかけられて怪我をする事があります。怪我ぐらいならまだマシで、たまに死んでしまったりもします。

 ほんと、水槽がメスだけの時は平和なのですが、オスが入った途端に平和じゃなくなくなるのです。

 金魚のオスメスの見分け方は、難しいのですが、一般的に美形金魚は、たいていオスですよ(笑)。ですから、美しい子を選んで買うと、高確率でオスになります。まあもっとも、金魚専門店ならともかく、普通のペットショップだと、そんなに美しい子はいないので、オスに当たることは、まずありませんが(笑)。

 あと、オスがいると、水槽の水がやたらと汚れます(笑)。なので、オスのいる水槽はマメに水替えをしないといけないのが面倒だったりします。

 まあ、こんな事に気をつけて、新しい子を迎え入れるようにしましょう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« なぜ、我々はリコーダーを学んだのか? | トップページ | さて、クリスマスですね »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ、我々はリコーダーを学んだのか? | トップページ | さて、クリスマスですね »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん