ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その6 新しい子の導入について | トップページ | 年末なので、落ち穂拾いが早めに登場しました[2016年12月の落ち穂拾い] »

2016年12月25日 (日)

さて、クリスマスですね

 ちなみに豆知識ですが、クリスマスイブの“イブ”を『前日』という意味に勘違いしていて“クリスマスイブとは、クリスマスの前日である”と思っている人が、日本には多い(だから23日をイブイブって表現したりするんだな)みたいですが、“イブ”とは“イブニング(evening)”の事であり、意味は当然“夕べ”という意味です。つまり、クリスマスイブとは『クリスマスの夕べ』という意味であり、クリスマスイブは、すでにクリスマスの一部なのです。

 たぶん、ここまで書いてもピンと来ない人がいるだろうから、もう少し説明すると、一日の区切り方が、日本とキリスト教社会では違うのです。日本では、真夜中のみんなが寝ているだろう時間に一日の区切りがやってきます。だから、夜寝て、朝目覚めると、翌日になっているわけです。感覚的に、一日って、私たちがその日の生活を始めて(起床)、終える(就寝)までって感じているわけです。

 でも、キリスト教の社会では、ちょっと違います。一日は、夕方から始まって、次の日の夕方で終わります。つまり、日が沈むと、一日が終わって、次の一日が始まるんです。例えば英語の“Day”って言葉、“一日”という意味もあるけれど“昼間”という意味もあるでしょ? つまり、昼間一生懸命働いて、日が沈んで仕事が終わって「やれやれ、今日も無事に終わった…」って感じると、その日が終了するって感覚なんだろうと思います。

 なので、彼らにとっては当然、クリスマスも夕方から始まって夕方に終わるわけで、24日の夕方から、本日25日の夕方までがクリスマスだったりするんです。

 さて、本題。

 当たり前の事ですが、クリスマスって、キリスト教のお祝いなんです。諸説あるけれど、一応、12月25日にイエス・キリストが生まれた…って事になってます。まあ、元々この日はヨーロッパの冬至のお祭りらしいのですが…イエス・キリストが一年365日のうちのどこかで生まれた事だけは確かだし、本当の誕生日なんて分からないのだから、ひとまずお誕生日が12月25日でもいいじゃん…って事にしておきましょう。とにかく、誕生日をお祝いするのが大切なんだよね。

 おそらく、キリスト教の神様であるイエス・キリスト的には、自分の誕生日は、人々がキリスト教会に集まって、お祈りを捧げてくれるのが、一番うれしいんだと思うし、信者の方々は、そうしていると思う。

 それはそれで良いと思います。

 じゃあ、異教徒はイエス・キリストのお誕生を喜んではいけないのか? そんな事はないと思います。ただ、異教徒は教会には行かないだろうし、祈りも捧げないだろうって思うわけです。イエス・キリストから見れば、クリスマスで騒ぐ異教徒たちって“酒が飲みたいだけで友人のパーティーに乱入してくる困ったちゃん”…みたいな存在なんだろうけれど、そんな異教徒たちを苦笑しながら微笑ましく見てくれるんじゃないかと、私は思う。

 神様だもん、度量ぐらいは広くないとね。

 だから私は、日本人がクリスマスをイベント化して、騒ぐのはアリじゃないかと思ってます。ただ、肝心な事は、イベントに始まりイベントに終わるのではなく、クリスマスなんだから、たとえ一瞬であっても「イエス・キリスト様、お誕生日おめでとうございます」と心の中でつぶやいて欲しいと思うわけです。

 心のつぶやきって、祈りの原初のカタチなんだよね。

 だって“酒が飲みたいだけで友人のパーティーに乱入してくる困ったちゃん”だって、まずはパーティー会場の入り口で「お誕生日おめでとう」ぐらいは言ってから入ってくるでしょ? それくらいは最低限のマナーって奴だよね。

 てなわけで、メリー・クリスマス。イエス様、お誕生日おめでとうございます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その6 新しい子の導入について | トップページ | 年末なので、落ち穂拾いが早めに登場しました[2016年12月の落ち穂拾い] »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

おお!勉強になりました。イヴとは前日と思っていました。
一日の使い方が時代によって異なるんですね。今のヨーロッパの方たちは、どんな感覚なのでしょうかね?今朝、犬の散歩にでていらた、教会からミサが始まる鐘なっていました。教会の入り口には、どなたでもお入りくださいと書いてありました。お誕生日なんのだし、異教徒でもお祝いして良いのだ!と私も思っていたところです。 イエス様、お誕生日おめでとう御座います。

こんばんは。

> 「日本死ね」

ネット上の捨てゼリフが国会で取り上げられて話題になる、という過程がよくわかりません。
未だにマスメディアでは、ネットは裏世界みたいに伝えることも多くてこの点もビックリです。
書いているのは同じ人間ですが。

某TVで保育園を近所に作るのは賛成か反対か、というテーマを取り上げていました。
同じレベルで原発を近所に作るのは賛成か反対か、というテーマは日本では成立しなくなってしまいました。
このあたりの違いを分かりやすくマスメディアで取り上げてほしいものですが、マスメディアの広告主そのものの議論はなかなか難しそうです。

うさぎさん

>今のヨーロッパの方たちは、どんな感覚なのでしょうかね?

 私は彼らではないので推測するしかないのですが、彼らも我々同様に現代人ですから、一応、基本的には時計通り…つまり夜中の12時を回ると日付が変わると認識をしているでしょうが、先祖代々の感覚はDNAに刻まれているだろうし、使っている言葉によって思考は決定されるでしょうから、感覚的にはまだまだ夕方で一日の終了を感じていたりするんじゃないかしら?

 クリスマスが終わったので、次は年末年始となりお正月がやってきます。我々にはビッグなイベントですが、彼らは案外あっさりしているんですよね。あの辺の感覚は、なぜああなのか…知りたいです。彼らには、新年って、そんなにめでたくないのかしら?

tetsuさん

>ネット上の捨てゼリフが国会で取り上げられて話題になる、という過程がよくわかりません。

1)「日本死ね」と言った人が誰なのか分からない。
2)Y尾志桜里衆議院議員がこの発言を国会で取り上げた事で話題となった。
3)Y尾志桜里議員は、民進党の議員さんだが、他の民進党議員から、あまりにK産党寄りだと批判を受けるほどに、心情的にK産党に近い人である。
4)大抵の反日プロ市民活動の背景には、K産党に近い人が暗躍している。

 一部、検索にひっかからないように伏せ字を使いました事は勘弁してね。でも、まあ、こう考えると、私には合点がつきます。ああ、なるほどねって感じです。自演乙の可能性もあるし…ね。

>このあたりの違いを分かりやすくマスメディアで取り上げてほしいものですが、マスメディアの広告主そのものの議論はなかなか難しそうです。

 池上さんあたりがテレ東でやってくれないかしら…ねえ?

こんばんは。

丁寧なコメント、ありがとうございます。
こちらは、もともとノンポリですが、心情的には反代々木にシンパシー感じてしまうほうです。

池上さんは、もともとマスメディア業界長いので、言葉の使い方はとても上手です。価値判断のあたりでは決定的な発言を聞いたことがありませんし、こちらは彼に期待していません。

失礼しました。

tetsuさん

 私、浅学なので『反代々木』という言葉を知らず、思わずググってしまいました。K産党や社会党を既成左翼とした場合の、それらに当てはまらない左翼思想の方々を反代代木派(あるいは新左翼と)と呼ぶするそうですね。代々木と言うのは、K産党の本部の最寄り駅からの呼称らしいですが。

 いわゆる1970年代の学生運動の際の左翼思想を指すそうで、日本赤軍とか中核派、革マル派などがそれにあたり、過激派とか極左集団とも呼ぶそうです…って理解で当たってますか?

 極左と呼ばれるだけあって、そこから一歩先に進んで、現在では極右へ転向しちゃった人も大勢いるとの事で、かつての新左翼の方が現在では新保守になっちゃうのも珍しくないとか?

 左翼から保守へ転向できるものなのでしょうか? 考え方、全然違うじゃん。いやあ、勉強不足なので、ググったところで、そのあたりの事、全然分かりません。

 分かった事は、現在のK産党とその支持者は、かつてのような勢いもなければ、人数もいなくて、その構成員の高齢化が問題になっている…って事ぐらいです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その6 新しい子の導入について | トップページ | 年末なので、落ち穂拾いが早めに登場しました[2016年12月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん