ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ドジョウの観覧車 | トップページ | クラシック声楽における成長や加齢の影響や状況について考えてみた »

2016年12月18日 (日)

私は“ふるさと納税”をしない!

 前回は募金の話をしましたが、その時ふと思ったのは“ふるさと納税”の事。これ、納税って言葉を使ってますが、実質は“寄付”であって、募金の隣接領域なんですよね。

 “ふるさと納税”の仕組みをザックリ説明すると…

 1)任意の自治体に寄付をする。
 2)その自治体からお礼の品が届く。
 3)寄付した金額は、所得税および住民税から控除される。

 …という仕組み。つまり、我々ユーザーサイドとしては、自己負担額(つまり、手数料みたいなもんだね)の2000円は負担するものの、お上に支払う税金の納め先が変わるだけで、納める金額は変化なく、それどころか寄付した先の自治体から、お礼として、かなりの高額な返礼品が送られてくるってわけで、御礼の品の分だけ、得をする仕組みなのです。もちろん、寄付をされた自治体は、収入が増えるわけで、御礼の品を贈ってもプラスになるわけだし…みんな得をしてウィンウィンじゃん…って言われます…が、それって本当なの?

 この“ふるさと納税”という仕組みには、看過できない大きな欠点があると思います。それは“ふるさと納税”をする人が住んでいる自治体にとっては、その住民が“ふるさと納税”をすればするほど、減収になるって事なのです。こちらの新聞記事によれば“ふるさと納税”のおかげで、東京都は249億円の赤字、神奈川県は84億円の赤字、愛知県は53億円の赤字です。本来、納められるはずだった税金なのに、シャレにならない金額がこれらの都県では失われているわけです。財源が無くなれば、当然、予定していた事業や住民サービスができなくなるわけです。

 「別に東京や神奈川なんて、住民が多くて、税収もウハウハだから、俺一人が“ふるさと納税”をしても大差ないだろ」 いやいや、違うんですよ。

 実際、東京都世田谷区では“ふるさと納税”のために税収が15億~16億円ほど減ってしまうそうです。ここは、待機児童数が全国で最も多くて、そのためにあれこれ対策を施さなきゃならないのに、それをするための予算(つまり税収)が足らないという悲鳴すら上がってます。(情報元は朝日新聞なんだけれど、ここの記事は有料会員しか読めないのでリンクが張れません、勘弁ね)。

 確かに東京や神奈川は住民が多くて税収も多くて、一見余力がありそうに見えるけれど、住民が多いって事は、住民サービスに多大な費用がかかるって事になります。

 実際問題、大半の地方自治体は赤字経営だと言われています。黒字なのは東京都と鎌倉市ぐらいだとか? でも東京都は黒字でも、世田谷は赤字なんでしょ? 鎌倉は黒字でも神奈川県は赤字なんでしょ? よく分からないけれど、あっちこっちの自治体は、程度の差こそあれ、決して裕福ではないのです。

 だから“ふるさと納税”をしてもらう事は、とてもうれしい事だし、高価な返礼品を贈ってでも寄付を募りたいわけだけれど“ふるさと納税”をされちゃう側は、たまったモンじゃないのです。

 “ふるさと納税”の盲点は2つあります。一つは『寄付金が控除されるために、本来納められる税収が減ってしまう事』、もう一つは『寄付先が自由に選択できる事』です。この2つの盲点のうち、少なくとも一つぐらいは是正しないと、ほんと、大変な事になってしまうと思ってます。

 例えば“ふるさと納税”は寄付なんだし、豪華な返礼品だってもらえるんだから、地元自治体への税金控除を止めてしまえばいいと思うのです。地元へは、住民として、きちんと決まった額の税金を納め、その上で、応援したい自治体があれば、そこへ寄付をする。寄付をされた自治体は、感謝の気持ちとして返礼品を贈る。これでいいじゃん。

 あるいは“ふるさと納税”の寄付先を、本来の趣旨に基づき、その人の“ふるさと”への寄付に限定して、税金を控除できるシステムにしてしまう。その際の“ふるさと”の定義は『かつて住民票を置いていた自治体』って事にしちゃえば良し。つまり“故郷への仕送り”ってわけだ。これなら、本当の意味での“故郷への寄付”になるわけだから、返礼品なんて不要でしょ? 自分を育ててくれた自治体への感謝として寄付をするんだから、お礼なんて求めちゃダメでしょ?

 私は、今、私が住んでいる自治体が赤字も赤字、大赤字で、企業ならとっくに倒産状態だって事を知っていますので、とてもとても“ふるさと納税”なんてできません。私の微々たる税金であっても、地元のために使ってもらいたいです。もちろん、私も人の子ですから、ふるさと納税をして、美味しい地方特産品を返礼品としてもらいたいという欲はあります。でも、そんな欲よりも、地元の財政危機の方が大きな問題でしょ? 私欲を捨て、公のために役立ちたい…そんな単純な事を考えていますので、私は“ふるさと納税”はしないのです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ドジョウの観覧車 | トップページ | クラシック声楽における成長や加齢の影響や状況について考えてみた »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドジョウの観覧車 | トップページ | クラシック声楽における成長や加齢の影響や状況について考えてみた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん