ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 高いA♭の手前に壁がある? | トップページ | 実は一ヶ月以上もレッスンに行かず、二週間以上もフルートに触っていませんでした »

2016年11月 3日 (木)

簡単そうに見えても、やっぱりオペラアリアは難しい

 声楽のレッスンの続きです。

 曲のレッスンに入りました。まずは、トスティ作曲の「Malia/魅惑」です。

 先生、ピアノが弾きづらそうでした…と言うのも、この曲は先生のレパートリーの中に(当然)入っているし、来月のクリスマスのコンサートでも歌う予定で、先生ご自身もこの曲を練習されているそうですが、先生が歌う時は、中低声版(具体的に言えば全音版と同じ:低い方が原調なんだそうです)の楽譜で歌うわけです。でも、私はこれを高声版で歌うので、私の方が全音(カラオケ的に言えば+2)ほど高いのです。で、この曲のピアノを弾いていると、先生、ついうっかり中低声版の指で弾いちゃうわけです。ですから、私が歌っていると、ときたま勝手にピアノが転調して(でもすぐに戻ります)「あれ?」と思ったりするわけです。

 まあ、それはさておき、最初のレッスンなので、歌詞の間違いの訂正からです。いやあ、まだまだクチは回らないし、歌詞の発音も、あれこれ間違っているので、訂正してもらえるのは嬉しいです。

 歌い方の注意としては、とにかくレガートに歌うこと。母音と母音をつなげて、丸く丸く声をこねるような感じで歌っていくこと。最初のうちは響きの少ない声でもOKだけれど、曲が盛り上がっていくにつれて、声の響きを増やしていくこと。この曲は、高いところが特に無く、最初っから最後まで中音域で歌っていくので、曲の盛り上がりを音程の上昇ではなく、響きの増量で表現していくわけです。そういう点では、ただ楽譜に書いてある通りに歌うだけじゃダメだそうです。で、最後の最後は、色気を加える…と言うわけです。

 次は、ジョルダーノ作曲の歌劇「フェドーラ」の中のテノールアリア「Amor ti vieta/愛さずにいられないこの思い」です。

 とにかく難しいです。何が難しいのかと言うと…リズムにのせて歌うのが難しいです…と言っても、テンポが速いとかリズムが細かいというわけではなく、イントロと歌でテンポが違うのです。イントロが割とゆっくりしたテンポであるのに対して、歌は…もっとゆっくりになり、その遅いテンポに私が対応できない…と言うか、もっと早く歌いたくなるんですよ。でも、それはダメ。だから、そこが難しい。

 メロディは、見た目はそんなに難しくないです。音域も広くないし、最高音はAだしね。たぶん、オペラアリアとしては、簡単な方です。でも、音域が広くない分、ずっと高値安定で、ドンドン声が削られていく中、最後の最後でAが登場する(それもロングトーン)ので、私はAの手前で疲れ切ってしまうのです。

 見かけよりも難しい曲でした。はあ…。

 とにかく、そんなつまずくように歌うのではなく、流れるようなレガートで歌うことを言われました。で、リズム読みってあるじゃないですか? あれの要領で、リズム歌いをたっぷりしてくるように言われました。つまり、フレーズの出だしの音と同じ音程で、そのフレーズをお経のように歌ってくる練習です。音程の上下を外して歌うことで、言葉のつながりとか声の流れとかをきちんとしましょうって事です。がんばってやりますよ。

 この曲そのものは、割と短めの曲なので、なるべく体力を削られないようにしながら、最後のAを出す体力を温存して歌えば、たぶん、うまくいくので、なんとか頑張っていきたいと思います。

 さて、本日は「Amor ti vieta/愛さずにいられないこの思い」の音源をアップします。このアリアは…テノールは数多くいるけれど、やっぱりドミンゴの歌唱がベストですよね。彼の声にぴったりのアリアでございます。

 聞くだけなら、そんなに難しく感じないし、譜面を見ていても、そんなに難しく感じないのだけれど、やっぱり歌ってみると、なかなか手応えも歯ごたえもあるんですよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 高いA♭の手前に壁がある? | トップページ | 実は一ヶ月以上もレッスンに行かず、二週間以上もフルートに触っていませんでした »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高いA♭の手前に壁がある? | トップページ | 実は一ヶ月以上もレッスンに行かず、二週間以上もフルートに触っていませんでした »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん