ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私も原発反対派なのですが… | トップページ | 息はどこから吸いますか? »

2016年11月 7日 (月)

ピコ太郎ってご存知ですか?

 ピコ太郎…実は私、つい最近まで知りませんでした。アンテナ低いなあ…(涙)。

 ざっくり説明すると…「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」という曲を世界的にヒットさせた日本人アーチスト…って事になります。実際、ものすごいヒットを飛ばしたわけです。

 分かりやすく、アメリカのヒットチャートの基準となる、ビルボードのシングルチャートで言うと、第77位に入ったんだそうです。ちなみに、今まで幾多の日本人アーチストがアメリカで成功しようと、レコード(古くてゴメン)を出してきたのですが、大半は討ち死にで、チャートに載ることができた(ひとまず“成功した”と言えるんじゃないかな?)日本人は、今回のピコ太郎で、やっと7名なんだそうです。

 以下に、その錚々たるメンバーを列記しますと…

ビルボードのシングルチャート(日本人掲載)

1人目 1963年 坂本九「上を向いて歩こう」第1位
           坂本九「China Nights(支那の夜)」第58位
2人目 1979年 ピンク・レディ「KISS IN THE DARK」第37位
3人目 1980年 Yellow Magic Orchestra「Computer Game」第60位
4人目 1980年 オノ・ヨーコ「walking on thin ice」第58位
5人目 1981年 Yutaka(横倉裕)「Love Life」第81位
6人目 1990年 松田聖子 & ドニー・ウォルバーグ「Right Combination」第54位
7人目 2016年 Pikotaro(ピコ太郎)「PPAP (Pen-Pineapple-Apple-Pen)」第77位

 こんな感じです。ちなみに、ビルボードにはチャートって、その音楽業界ごとにいくつもあるのだけれど、このシングルチャートってのが、ビルボードの王道中の王道のチャートで、ここが一番競争が激しい部門で、ここにチャートインしたなら、それはアメリカで売れた…と言えるんだそうです。

 そう考えると、坂本九って、ほんとすごいんだなあ…。1位を取っているし、2曲も入れているし…。それと、ピンク・レディの37位と言うのも、何気にすごいと思いますよ。YMOはインストの曲でチャートインですから、これもすごい事だと思います。オノ・ヨーコは、ジョン・レノンの追悼シングルですから、これは入って当然でしょう。Yutaka(横倉裕)さんって、誰なんでしょ? 私は知りません。松田聖子の場合は、デュエット相手の人気でチャートインですね。お相手は、当時のアメリカのアイドルグループ“ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック”のヴォーカルさんで、相方さんはチャートの常連ですから。

 それを考えると、ピコ太郎がやっちゃった事の凄さが分かると思います。

 で、そのピコ太郎の「PPAP (Pen-Pineapple-Apple-Pen)」って、どんな曲なのかと言うと…こんな曲です。

 なんじゃい、これ!

 …正直、私は驚きました…ってか、これが世界ヒットナンバー? 何かの間違いじゃないの!…そう思いましたよ。

 でも、この曲が世界で大ヒットした事は本当の事なのです。CDの発売はまだです(笑)が、すでにYouTubeでの再生回数は、9月30日~10月6日付全世界アーティストランキングで第1位を獲得しているのです。つまり、世界で一番聞かれたアーティストってわけで、この一週間だけで、1億3400万回も再生され、トータルで4億回以上も再生されているそうです。ちなみに2位のチェインスモーカーズ(アメリカの大人気デュオ。全米No.1を何曲も出してます)とはダブルスコアの差が付いているそうです。つまり、ぶっちぎりの堂々第1位ってわけです。

 すごい、すごすぎるぞ,ピコ太郎。その凄さを知らないのは、もはや日本人だけ?

 ちなみに、つい先日、ギネスにも「ビルボードホット100にチャートインした最も短い曲」(Shortest song to enter the Billboard Hot 100)として、ピコ太郎の「PPAP (Pen-Pineapple-Apple-Pen)」が正式認定されたそうです。ビルボードのみならず、ギネスも制覇とは、すごいなあ。

 ではなぜ、そんなにすごいピコ太郎の事を日本人が知らないのかというと、この人、日本人的にはアーティストではなく、芸人だからです。

 と言うのも、古坂大魔王という芸人さんが演じるキャラの一つが、この“ピコ太郎”だからです。「え? どういう事?」ってわけで、説明すると、ビートたけしが演じる“タケちゃんマン”とか、島崎俊郎が演じる“アダモちゃん”とか、志村けんが演じる“バカ殿”みたいなものが、この“ピコ太郎”だからです。だから、音楽畑の人が知るわけないのです。だってピコ太郎って、お笑いの世界のキャラだもの。だから彼が歌う「PPAP (Pen-Pineapple-Apple-Pen)」も、日本人の感覚で言えば、歌ではなく、リズムネタなのです。

 リズムネタ? そう、最近で言えば、オリエンタルラジオの「パーフェクト・ヒューマン」とか、8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」なんかと一緒。そう言われてみれば、そうでしょ? この曲って、リズムネタだよね。

 ちなみに、古坂大魔王という芸人さんは、昔、底ぬけAir-lineというトリオでコントをやっていた人で、ボギャブラとか爆笑オンエアバトルとかに出場していたので、それで知っている人もいると思いますが、最近では、すっかりメディアの露出が減っていたわけです。

 今回のヒットも、ジャスティン・ビーバーが「この曲、おもしれー」と自分のツィートで紹介したのがヒットのきっかけで、そういう意味では『逆輸入で人気沸騰』って事になるのかな?

 それにしても、すごいネタだと思います。私もこの曲を聞いて、しばらくの間は、無意識のうちに「アイハブアペーン、アイハブァナポー~」とか歌っちゃってましたからねえ。浸透力、半端ないです。

 しかし、こんなチンピラ風体が、世界的にはかっこいいらしいです。こんなゆるゆるのダンスが、世界的にはいい感じなんだそうです。こんな、単なるリズムネタなのに、世界的には、ちゃんとしたソングなんだそうです。

 何が受けるのか、全く分からないのが、ショービズの世界です。おもしろなあ…。

 しかし、今年の紅白に、ピコ太郎は出演するのでしょうか? 楽しみ楽しみですが…このキャラ、何の予備知識も無しにお茶の間に登場したら、顰蹙かわれてしまいそう…。ま、でもそれも十分アリっちゃあアリだよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 私も原発反対派なのですが… | トップページ | 息はどこから吸いますか? »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私も原発反対派なのですが… | トップページ | 息はどこから吸いますか? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん