ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 実は一ヶ月以上もレッスンに行かず、二週間以上もフルートに触っていませんでした | トップページ | 私も原発反対派なのですが… »

2016年11月 5日 (土)

ガボンバとマツモグサの話

 我が家の水草を、マツモグサからガボンバに変更して三ヶ月になりました。水草を変更して、色々と変わった事をメモ代わりに書き残しておきたいと思います。

 まず、ガボンバは入手が簡単。近所の大型スーパーのペットショップ(犬猫専門店です)でも取扱があるので、夕食の材料を買いに来たついでに購入できます。マツモグサは金魚専門店でないと取扱がなかった事を考えると、ほんと楽になりました。

 ガボンバは安価です。私は一度に約1000円分のガボンバを購入して水槽に入れますが、同量のマツモグサを購入すると…たぶん1万円ほどになってしまうんじゃないかな? それくらい、安いです。

 安いのはいいですが『安物買いの銭失い』っぽい部分があります。と言うのは、ガボンバは水槽の中ではほぼ繁茂しません。全くしないわけではなく、ちょっとするのですが、あくまでもちょっと…です。成長の速度が遅いのですよ。圧倒的に金魚が食べていく速度の方が速いので、ガボンバを大量に購入しても、約一ヶ月で食べ尽くされてしまいます。ですから、毎月月末になると、以前のガボンバを取り出して、新しいガボンバと取り替えてしまいます。

 マツモグサは高価な水草ですが、よく繁茂します。さすがに春~秋にかけては、金魚の盛大な食欲に負けてしまいますが、秋~春にかけてはマツモグサの繁殖力の方が金魚の食欲を上回り、ドンドン増えていきます。真冬などは、マツモグサが元気になって増えすぎてしまうので、たまに知り合いに分けてあげたり、捨ててしまったりもしていました。それくらい、みるみると増えていくのです。ですから、マツモグサは毎週毎週、適度な長さに切りそろえて、水槽から取り分けていました。

 それに夏場は金魚の食欲に負けてしまうとは言え、マツモグサも頑張っていますので、一ヶ月で根絶やしになる事は…普通はありません。ガボンバの1/3の量があれば、夏場でも1シーズンは乗り切れるかな? なので、マツモグサ自体は高価ですが、簡単に食い尽くされないので、毎月新規購入なんて事はありません。

 今の子たちは、マツモグサも食べますが、ガボンバも全然気にせず食べてます。気にせずどころか、シズカなどは、ガボンバの茎を咥えて振り回すほどにワイルドに食べています。

 以前いた子たちにもガボンバを与えた事はありますが、以前の子たちはガボンバは食べませんでした。でもマツモグサは喜んで食べていました。そのマツモグサも、葉の部分だけを食べて、茎は食べなかったので、いくら食べても、次々と葉を出して増えていけたのです。でも、今の子たちはマツモグサなら、葉も茎もまるごと食べてしまいます。カボンバは主に葉の部分を食べますが、茎も結構かじってます。

 たぶん、ガボンバよりもマツモグサの方が美味しいのだと思います。少なくとも、マツモグサは柔らかくて、ガボンバが硬い事は事実です。

 以前の子たちは、クチがおごっていたんだと思います。まあ、高級金魚だらけだったからね。その点、今の子たちはたくましいんですよ。

 ガボンバとマツモグサでは、どちらの方が取扱いが楽かと言えば、水槽に入れて、食われ尽くされたら捨てればいいガボンバの方が楽です。近所のスーパーで売ってますので購入も楽です。マツモグサは、その成長に合わせて、毎週のように切り揃えないといけないし、無くなれば金魚専門店で購入しないといけないので面倒です。単価も高いし…。

 でもトータルの費用で考えると、実店舗で購入している分には、案外、ガボンバもマツモグサも、値段的には、そんなに大きく変わらないかも? ただし、金魚専門店が近所になくて電車に乗って買いに行かないといけないので、交通費を含めれば、マツモグサの方がオカネがかかります。実店舗でなく、インターネット通販で購入するなら、さらに費用がマシマシになります。気軽さとお財布の負担で考えるなら、やっぱりガボンバの方が勝るようです。

 まあ、金魚が美味しく食べてくれているうちは、ガボンバで行こうと思ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 実は一ヶ月以上もレッスンに行かず、二週間以上もフルートに触っていませんでした | トップページ | 私も原発反対派なのですが… »

金魚」カテゴリの記事

コメント

楽しい〜〜!微笑ましい!そんなにグルメなのか、そうじゃないのか!(笑)結構、好きなネタでした(笑)観察力も凄いぞよ!

こんばんは。

> ホント、別に隣の大統領が占い師の言いなりだったとしても、私たちには全然関係ない事でしょ?

こちらもTV放送での情報しかないので詳細は不明です。
相棒の父親が、本人の当時亡くなった母と話ができる、と手紙を書いたのがキッカケとか。イタコと同じシャーマニズムです。

イタコはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%B3

イタコのカルチャーが表に出るか出ないか別にして、極東アジアに限ればかなり近いです。

「分割して統治せよ」がそのまま極東アジアでは続いているような感じです。

アデーレさん

 金魚はグルメか? ですが、ううむ、グルメかどうかは分かりませんが、結構、好き嫌いはありますよ。エサならなんでもいいではなくて、好きなエサと好きじゃないエサがあったりとかします。また、金魚それぞれにも好き嫌いがあったりして、細かく見ていると、結構発見がありますよ。

tetsuさん

>「分割して統治せよ」がそのまま極東アジアでは続いているような感じです。

 ドイツは統合しましたが、かの半島はまだまだ無理かもしれません。私たちは、経済力に勝る南が北を飲み込んで統合するかと思いがちですが、政治を見ていると、北が南を飲み込む事もアリかなって思います。ちなみに、かの半島は二分割ではなく三分割されているんですよね。いわゆる中国にある“延辺朝鮮族自治州”がそれね。無視されがちですが、朝鮮民族は3つの国に分かれて生活していたりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実は一ヶ月以上もレッスンに行かず、二週間以上もフルートに触っていませんでした | トップページ | 私も原発反対派なのですが… »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん