ひとこと

  •  ああ、ゴールデンウィークに突入いたしました。今年のGWは、レッスンと温泉とラ・フォルジュルネとオペラで過ごそうかと思ってます。あ、溜まったDVDも見ないとなあ。ああ、とりあえず忙しいGWになりそうだなっとね。それはそれと、今年のラフォルジュルネは、パソナが不参加なんすよ。ああ、残念残念残念。私はパソナのコンサートが大好きだったのに…、もう生きる希望が無くなったよ(ちょっと大げさ)。とにかく、パソナが不参加で悲しい私でした。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 簡単そうに見えても、やっぱりオペラアリアは難しい | トップページ | ガボンバとマツモグサの話 »

2016年11月 4日 (金)

実は一ヶ月以上もレッスンに行かず、二週間以上もフルートに触っていませんでした

 フルートのレッスンに行ってきました。実は今回のレッスン、本当の本当に久しぶりだったのです。ネットでは、合宿の後に、少し時系列が現実とズレていまして、妹殿のレッスンと分離してから、そんなに日が経っていないよう印象かもしれませんが、実際は一ヶ月以上も間が空いてしまいました。

 そんなに何をしていたのかと言えば…単純に仕事が忙しすぎて、練習も出来なきゃ、レッスンにも行けていなかった…だけなんです。

 だから、久しぶりのレッスンも、例によって「こんにちは」という挨拶ではなく「お久しぶりです」という挨拶で始まったりします。

 ロングトーンからレッスンは始まりましたが、最初はなんとも違和感バリバリでした。と言うのも私、リアルな話、二週間ぐらいフルートに触っていなかったのですよ。毎日帰宅が遅くて、とてもフルートが吹ける時間に帰宅できなかったし、たまに早く帰ってきても、疲れ切っていて、とてもフルートを吹く気にならなかったし、休みの日は、疲れ切ってほぼ寝てばかりいたわけです。

 まあ、そんな感じだったので、フルートを構えただけで違和感バリバリ。吹いてみると、なんとも変な感じがします。でもまあ、ロングトーン練習が終わる頃には、その違和感も解消されたわけですが…。

 ちなみに、ロングトーンそのものは、バッチリでしたよ。

 さて、エルステ・ユーブンゲンですが、懸案の19番は、実は一度暗譜をしたんですよ。かなりバッチリ暗譜したのですが、それから2週間ほどフルートに触らないでいたら、丸っきりリセットされて、忘れ切ってしまいました。

 覚えるのに時間がかかるのに、忘れるのは、あっという間です。自分でも驚きました。

 19番ですら、そんな感じですから、20番に関しては、ちゃんと演奏することすら出来なくなっていました。駄目だねえ…。ガッカリです。

 プチエチュードの15番に関して言えば、合宿後ずっとこの曲だけやってますから、そろそろ三ヶ月目に突入しますが、いやあ、ほとんど進歩してません。練習していないのだから当然と言えば当然ですがね。

 でも今回は、先生と一緒に合わせて吹いてもらいましたが…あっちこっちで指が滑る滑る滑る。いやはやなんともです。

 次回に乞うご期待ですが…次回はいつになるのでしょうか(笑)。

 で、今回の雑談は…無しです。実は先生、レッスンに翌日に小さな本番を控えていて、前日にも関わらず、まだ選曲の最中でして、練習を兼ねて吹いてくれるので、感想を言ってくれと言うので、正直な感想を言いました。

 ちなみに、オールバッハのブログラムで、すべて私の知らない曲でした(笑)。コンサートと言ってもパッケージモノで、お客も先生のファンばかりとは限らないし、中にはクラシック音楽に関心のない人もいるというので、メロディアスな曲ばかりを並べていました。まあ、バッハにもメロディアスな曲があるわけですが、やはりカラっとしたメロディよりも、ややウェットな感じのメロディーの方が、フルートには、とりわけ先生の音色には、似合うと思いました。一曲だけ、やたらとテクニカルな曲を演奏したので「先生、その曲。私は好きですが、一般受けはしないと思いますよ」と言ったら「でもね、テクニックを聞かせる曲もないとね…」という事のようでした。まあ、メロディアスな曲って、バリバリのテクニックが無くても吹けるんだよね。プロとしては、バリバリのテクニックも聞かせたいわけです。

 それにしても、前日の選曲で間に合うというのも、先生のレパートリーの広さ故ですね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 簡単そうに見えても、やっぱりオペラアリアは難しい | トップページ | ガボンバとマツモグサの話 »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 簡単そうに見えても、やっぱりオペラアリアは難しい | トップページ | ガボンバとマツモグサの話 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん