ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 弱々しい声で歌うこと…にするか! | トップページ | さあ、いよいよ本番です、クラシックコンサート その1 »

2016年10月12日 (水)

クラシックコンサートのゲネプロだったわけです

 さて、ゲネプロです。ゲネプロとは、簡単に言っちゃえば“直前リハーサル”って感じでしょうか? プロの場合は、当日の午前中に本番会場で行う事が多いようです。午前中に会場入りをして、そのままリハーサルをやって、お昼を食べて、休憩を入れたり入れなかったりして、午後、または夕方から本番を行うという段取りです。

 我々の場合、ゲネプロは希望制で、やりたくない人はやらない、やりたい人は前日の午後~夜にかけて行う…という手順です。

 本番の持ち時間は毎年一定(器楽は10分、声楽は7分)ですが、ゲネプロの時間は希望人数によって変わります。ゲネプロ用に確保された舞台の使用時間は毎年一緒なので、希望者が多ければ一人あたりのゲネプロ時間は短く、希望者が少なければゲネプロの時間が増えます。今年は希望者が少なかったようで、一人あたり30分ずつという、例年になく多めのゲネプロ時間となりました。なにしろ少ない年は、一人あたり10分という、本番とほぼ変わらない程度の時間しかもらえなかった年だってあるんだよ。

 リハーサルの時間は短いよりも長い方が良いです。あまり長すぎて持て余したら、さっさと引き上げることが可能ですが、短すぎて不足した時は、どーにもなりませんからね。

 とにかく、今回は一人30分です。我々は二人分(2枠)申し込んでいますから、1時間のゲネプロの時間が与えられました。順番的には、いつものように一番最後。だって、平日の夜にゲネプロをやるのですから、仕事が終わってから駆けつける私にとっては、最後しかやれる時間がないですからね。

 とりあえず、仕事から帰って、一息ついて、すぐに本番会場に向かいました。会場には少し早くついたので、近所でポケモンを狩って時間調整をしてから、ゲネプロ会場(本番会場)に入りました。

 会場入りしたところ、入り口に来年の事が掲示されていました。やっぱり…来年の開催は未定だそうです。一応、会場を代えて行いたいとは書いてありましたが、それが実現する可能性はかなり薄いですね。長年続いたクラシックコンサートですが、さすがにもう無くなっちゃうのかな?

 さて、舞台裏に入ったところ、私たちの前の順番の人たちは、とっくにゲネプロを終えて、遊んでいるようでした。このゲネプロの時間って、オーバーする人たちが多くて、それが常にトラブルの原因になっているわけですから、早めに終えて遊んでいるというのは…なかなか良い傾向であったりするわけです。

 で、時間になったので、気持ちよく、ささっと舞台を引き渡してもらいました。さて、我々のゲネプロです。

 まず確認するのは、ピアノの位置です。このピアノの位置を元に、本番の動きを決めていくわけです。ピアノは、ピアノ独奏をする人たちもいるし、本番では出演者ごとにピアノを動かす…などの丁寧な対応はしてくれないので、だいたいピアノは舞台の真ん中に置かれるのです。まあ、ピアノ独奏以外の人にとって、こういう配置は面倒で困るのですが、文句は言いっこなしです。

 今年のピアノも、舞台中央に置いてありましたが、それにしても、かなり舞台の前方にあります。客席とピアノの距離が近い近い。ほんと、ピアノ演奏の事だけしか考えていないような配置になってます。ふう。

 とにかく、小道具として使うイス二脚を置く位置を決めて、舞台への出と挨拶のタイミングを決めてから、ひとまず通して歌ってみました。

 思っていたよりも舞台が狭くて、演技しづらくて、やはり色々支障が出ましたので、返しながら、細かな演技を変更していきます。

 まずはイスを置く位置を変え、ミミが落とした鍵の場所も変えました。狭い舞台だけれど、なるべく広く使えるように、二重唱や独唱を歌う場所もあれこれ変更しました。立ち止まって歌っていたものも、動きながら歌うようにしたり、逆に動きながら歌っていたモノを立ち止まって歌ってみたり…ほんと、本番会場に入ると、あれこれ手直しが必要となります。

 それにしても、舞台って、結構、乾燥しているものですね。舞台に立っているだけで、クチビルが乾く乾く…。やはりリップクリームは必須だな。

 たかだか15分足らずのパフォーマンスに1時間のゲネプロなんて、時間が多くて余るんじゃないかと思ってましたが、あれこれと演技を変更しているうちに、あっという間に一時間が経ってしまいました。いやあ、ほんと、1時間が短い短い。歌だけなら、ともかく、やはり演技は本番会場に立ってみないと決まらない部分がありますからね。時間を長めに確保しておいて正解でした。

 さあ、後は、本番を待つのみだ!

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 弱々しい声で歌うこと…にするか! | トップページ | さあ、いよいよ本番です、クラシックコンサート その1 »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弱々しい声で歌うこと…にするか! | トップページ | さあ、いよいよ本番です、クラシックコンサート その1 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん