ひとこと

  •  テレビ番組『題名のない音楽会』の司会が、五嶋龍から石丸幹二に代わって、はや二ヶ月になりますが…やっぱり石丸幹二に代わってから、良いね。安心して見ていられます。彼は言葉に力があるし、若くないのも嬉しいです。五嶋龍は頑張っていたけれど、やっぱり彼は若すぎたと思います。テレビタレントとしても経験不足だし、見ているこっちがハラハラドキドキしていたもの。おまけにニューヨーク在住で収録の度にアメリカから来日していたそうだから、彼の司会は、あれこれ無理があったんだと思います。石丸幹二の司会はまだ始まったばかりだけれど、黛敏郎の33年は無理としても、羽田健太郎や佐渡裕のように7年ぐらいはやってほしいなあって思います。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« タニシ、162匹投入! | トップページ | 横浜でレッスンをしたので、ついでにブラブラして、疲れてしまいました »

2016年9月18日 (日)

ハンバーガー、主役はパンなのか! それとも肉なのか!

 ハンバーガーという料理(?)があります。パンの間に具材としてハンバーグを挟み込んだ、サンドウィッチの一種です。また、そこから派生したと思われる、チーズバーガー(ハンバーガーのハンバークにチーズをトッピングしたもの)とか、テリヤキバーガー(ハンバーグを照り焼き[ソースを塗りながら焼く]にして使用)とか、チキンバーガー(ハンバーグの代わりにチキンソテーを使用したもの)とか、その他にもたくさんの亜流がある、なかなか存在感のある料理です。“挟むモノ+バーガー”で、なんでもありって感じです。

 さて、ハンバーガーとは、肉料理でしょうか? それともパン料理でしょうか? 
言葉を変えて言うなら、ハンバーガーでは、肉とパン、どちらが主役でしょうか?

 ハンバーガーって、“hamburger”であって、“hamburg + er”であって、“hamburg”とは、ドイツのハンブルグという都市の名前であって、接尾辞としての“er”は「~に由来するもの」とか「~出身のモノ」という意味があり、“hamburger”とは、実はハンブルグ・ステーキ(我々がイメージする料理としてのハンバーグがこれです)の事を指します。

 ですから、ハンバーガーと言うのは、本来はハンブルグ・ステーキをパンではさんだもの…つまり、ハンブルグ・サンドウィッチの事であり、名称の後半にある「サンドウィッチ」が省略されて、その上、ハンブルグを英語読みのハンバーガーへと変えられて、いつしかハンブルグ・サンドウィッチの事を、ハンバーガーと呼ぶようになったわけです。それでハンバーガーという言葉は、本来の肉料理であるハンブルグ・ステーキのことであったのだけれど、時を経るに従って、ハンブルグ・サンドウィッチの略称から正式名称へと昇格して、今に親しまれているわけです。

 そういう出自を考えると、ハンバーガーの主役はあくまでも肉であって、パンは単なる添え物、あるいは手を汚さないための食器のようなものだと考えられます。

 でも、ハンバーガーを肉料理であると思っている人って…どれだけいるのでしょうか?

 たとえば、丼もの。天丼とか親子丼とか牛丼とか…この手の料理の事を我々は「ごはんもの」と言う言い方をします。つまり主役は丼の下に隠れている飯であり、天丼の天ぷらとか、親子丼や牛丼の具は、あくまでもトッピング扱いであり、ゲストなのです。

 もしかすると、ハンバーガーも主役はパンで、中の肉はゲスト扱い…なのかな? と言うのも、ハンバーガーって、我が国では、肉屋でコロッケと並んで販売されているわけではなく、パン屋でアンパンやカレーパンと並んで販売されているでしょ?

 ハンバーガーの主役が、肉なのか、パンなのか、考えれば考えるほど、分からなくなります。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« タニシ、162匹投入! | トップページ | 横浜でレッスンをしたので、ついでにブラブラして、疲れてしまいました »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

むか〜しの美味しんぼでハンバーガー取り上げてました。肉に気合いを入れれば入れるほど、バンズもどっしりしたものにしないとバランスがおかしくて食べられたものではないそうです。

椎茸さん

 となると…美味しんぼでは、パンは肉に負けちゃいけないわけで…と言う事は、やっぱりハンバーガーはパン料理って事になるのかな? 私は市販のハンバーガーってバランスが悪いような気がするんだよね。もっとパンが薄くてもいいと思ってます。もっと肉がガッツリしてもいいかなって思ってます。たぶん、私はハンバーガーを肉料理だと思いたい人なのかもしれません。

 美味しんぼって…一応、全巻持っているけれど、積読状態だから、ほとんど読んでないのです(笑)。

脱線しますが…
美味しんぼ。
ずっと以前、数人でアルコール(酒類)の話が出た時、その中の一人が「紅乙女がいい!」と、いきなり言い切りました。
私はアルコールが得意ではないので、「ふ~ん…」という程度でしたが、それ以降その「紅…」が気になります。
数年後、その発言の主に「何で紅…なの?」と、質問したところ、「だって、海原雄山が言ってたから」だそうですgawk
そこだったのか………
飲める人に言わせると、確かに「紅乙女ゴールド」は美味しいそうですヨ(*'▽')
マンガやメディアの影響力ってスゴイですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タニシ、162匹投入! | トップページ | 横浜でレッスンをしたので、ついでにブラブラして、疲れてしまいました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん