ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 師弟でカッパなのです | トップページ | 「勝つか負けるか」の人間ではなく、私も「勝つか逃げるか」の人間になりたい »

2016年9月24日 (土)

カボンバ投入

 実は話はフルート合宿の頃に戻ります。

 フルート合宿に出かけた時には、水槽の中には、マツモグサという水草が、まだありました。マツモグサは、金魚用の水草の中では、少しばかり高価で市場に出回ることの少ない高級水草で、金魚専門店以外では、なかなか売っているのを見かけることも少ないですし、見つけてもそこそこのお値段がする水草です。でも、金魚たちには大人気の水草なので、多少無理をしても、今まではマツモグサを購入していたのです。だって、今までの子たちは、マツモグサじゃないと食べなかったんだもの、しょうがないじゃない!

 以前は、我が家の近くにも金魚専門店があったので、そこでマツモグサを購入することができたのですが、その店も廃業し、今では、遠方まで出かけないと金魚専門店には行けなくなったし、インターネットで購入すると、バカバカしいくらいの値段になってしまうので、うまくマツモグサの補充ができませんでした。最近では、何かの都合で、金魚専門店のある町まで出掛けた時に、店に寄って購入するくらいです。

 ですので、確かに水槽の中の水草は、かなり寂しい状況になっていました。

 フルート合宿に出かける時にも「そろそろ水草を買ってやらないといけないなあ」とは思っていました。

 しかし、合宿の最終日、妻から、金魚の水草が全く無くなってしまったという連絡を受けました。全く…です、全く…ね。つまり、すべて無くなったというわけです。

 金魚は水草の葉を食べます。それも新芽や若い葉を好んで食べます。古い葉や茎などはまず食べません。マツモグサが好まれるのも、他の水草よりも葉が柔らかいからだろうと思います。ですから、金魚はマツモグサの葉を食べますが、マツモグサも繁殖力の強い水草ですから、頑張って新芽を出し続けていくわけです。それで拮抗した戦いを行います。夏場は金魚の勝ちで、水草が厳しくなりますが、冬などは逆に水草の勝ちで、水槽の中を水草が繁茂して金魚の居場所がなくなるくらいです。

 ですから、夏は水草にとっては厳しいのです。それは知っています。それで葉っぱが全部食べられてしまったのかと思ったのですが、妻曰く、茎も含めてすべて無くなってしまったというわけです。

 そりゃあ、一大事だ。

 水草は金魚にとって、大切な食料です。おそらく、我々が野菜を食して健康を維持しているように、金魚は水草を食して健康を維持しているのだろうと思います。特に我が家では、金魚の餌は(植物性成分で作られたエサではなく)動物性蛋白質たっぷりのエサを与えていますので、水草は必須です。そのために、良質なマツモグサをたやさずに与えていたのです。

 でも、水草が全く無いとなると、話は別です。かと言って、マツモグサを売っているような金魚専門店には行くチャンスがありません。インターネット通信は使うと、日にちが経ってしまいます。

 そこでやむなく、合宿帰りに、ウチの近所のスーパーにあるペットショップ(ここはイヌ中心の店です)に寄って、そこで売っていた、1房384円(ガボンバにしちゃあ高い…!)のガボンバを3房購入して、帰宅しました。

 とりあえず、マツモグサを購入するまでは、金魚たちに辛抱してもらおうと思ったわけです。

 私はマツモグサを購入する時は、たいてい3~5房程度購入します。それでも、全然足りないのですが、金額も金額なので、それで我慢してもらっています。その感覚で、カボンバを3房購入したのですが…カボンバ3房は多すぎました。量的には、カボンバは1房、せいぜい2房で十分でした(失敗失敗)。

 で、大量のガボンバを水槽に投入して、しばらく様子を見ていました。

 まず、最初に喜んでいたのは、エビたちでした。次はメダカたちです。これら小動物たちは、大量の水草の中に入り込んでいました。身を隠せるところが欲しかったのかもしれません。

 意外な事ですが、金魚たちがガボンバを食べました。マツモグサ同様に、別に特別な事もなく、普通にガボンバを食べました。以前、飼っていた金魚たちは、マツモグサは食べても、ガボンバは食べませんでした。それが今の子たちは、普通にガボンバを食べるのです。

 以前の子たちは、みな、専門店で購入してきた高級金魚たちばかりだったけれど、今いる子たちは、総合ペットショップにいた、安売りB級ハネモノ金魚たち(ただし、シズカは除く。シズカは専門店で飼ってきた子です…ただし、キズモノですが:だから安かったのかも)ですから、たくましいのかもしれません。お姫様ぶって、高級食材じゃないと食べない…とかは言わないようです。ガボンバは、おそらく金魚的には、庶民の味なんだろうと思います。なにしろ、安いですし、葉も茎もマツモグサとは比較にならないくらいに硬いんです。でも、ボリボリ食べるんです。

 なので、今の子たちは、マツモグサでなくても、カボンバでも全然平気そうなので、マツモグサを買うのを取りやめ、しばらくはガボンバでいいやって事にしました。

 だって、ガボンバの方が安いし、どこでも売っているからね。こちらで間に合うなら、その方が便利だしね。

 ちなみに、購入する時、店員さんにカボンバの飼育について尋ねたら「この水草は水槽では成長しませんよ。古くなってくると水に溶けて、バラバラになって、フィルタを詰まらせますので、注意してください」と言われて、そんなもんなのかなって思っていました。

 水に溶けるかどうかは分かりませんが、確かに葉はバラバラになって、結構、フィルターを詰まらせます。また繁殖力はほとんどありません。新芽は出ますが、マツモグサのようにみるみる成長するわけではありません。なので、最初は大量に繁茂していても、一ヶ月もすると、ほぼ金魚たちに食べつくされてしまいます。マツモグサがこれくらい大量にあったら、食べるそばから繁茂していきますから、たぶん数ヶ月は保つだろうなあって考えると、ガボンバはほぼ消耗品扱いになりそうです。でも、安いし、入手も簡単だから、まあいいかって思ってます。

 ガボンバなら、金魚に食べつくされても、近所のスーパーでお惣菜と一緒に買ってくればいいんだから、全然平気です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 師弟でカッパなのです | トップページ | 「勝つか負けるか」の人間ではなく、私も「勝つか逃げるか」の人間になりたい »

金魚」カテゴリの記事

コメント

金魚も犬もネコも、何か生き物を飼うと可愛くなりますよね^^
金魚ネタには、すとんさんの愛情が伝わります💛
かつてうちの父は、水槽の中の魚にほうれん草のおひたしを噛んでやっていました。
ほうれん草が良いか悪いは別として、自分で噛んで、ってのも良いか悪いかも別として(笑)
若かりし日の乙女の私はドン引きしました(汗)
魚は川魚で、父が川で捕まえて来た小さいの。何でもない魚です。
可愛かったんですよ。
私も赤ちゃんの頃、父が噛んで離乳食にして食べさせられていたかもしれませんね。
多分、したであろうと思いますconfident
良いか悪いかは別として…

meeさん

 ほうれん草のおひたしですか? 川魚は食べるかな? すり鉢ですって、それを丸めたものなら食べるかもしれないけれど、おひたしのままでは、魚の大きさによってはクチには入らないから食べないかもね。ああ、だから噛んでからあげていたのか、納得。

>私も赤ちゃんの頃、父が噛んで離乳食にして食べさせられていたかもしれませんね。

 昔はそういう人が多かったと聞きます。おそらく、野鳥を見て、その子育てを見て、親のクチから食事を子どもに直接与える事が良いことだと信じていたのでしょうね。今では、それは子どもの虫歯の原因となるので、禁忌なのですが…。昔は今ではないので、仕方ないです。でも、子どもの虫歯って、たいてい親の口移しで伝染する伝染病なんですよね。だから、いくら歯を磨いても虫歯は防ぐのは難しいわけです。だからと言って、子どものクチに抗菌剤を放り込むわけにもいかないわけですし…難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 師弟でカッパなのです | トップページ | 「勝つか負けるか」の人間ではなく、私も「勝つか逃げるか」の人間になりたい »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん