ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私はハゲなんだけれども… | トップページ | 今年もトリを歌います »

2016年9月12日 (月)

いよいよピアノと合わせながらのレッスンに突入です

 声楽のレッスンに行きました。

 今回の発声練習は、ppの練習をしました。一曲の中で、楽譜に記載されているかどうかに関わらず、必ずppの声で歌う箇所を作って、そこでは必ずppの声で歌う習慣を身につけるように言われました。何故か…?と言えば、それは私が“最初っから最後までクライマックス!”的な歌い方をしているからです。常に全力で歌っていたら、声帯が疲れちゃうし、声も保たないわけで、そこはやはり、声の使い方にメリハリをつけなきゃいけないわけで、そのために、まずはppで声の使い方を学びましょうって事です。

 それに“美しいppは、テノールの武器の一つ”でもあるしね。

 いつも言われている事だけれど、奥を開けて歌うことも注意されました。“奥を開けて”と言っても、最初から開いていてはダメで、フレーズの出だしでは、そんなに開いていなくてもいいのです。歌いながら、高音に向かいつつ、少しずつ奥を開いていくのです。もちろん、開くのは、実際の発音よりも先行しないといけないわけですし、開く箇所も、なるべくクチの奥が良いのです。クチの奥の開閉で音色が変わるくらいで、ちょうど良いのです。

 腹筋での支えも毎度のように注意されました。高い音はもちろん、低い音になっても、声をノドに落とさないために、しっかりと腹筋で声を支えないといけないのです。

 あと、上昇フレーズは、階段を踏みしめながら上がるように歌わずに、坂道を駆け上がるように一気に滑らかに歌えると良いとの事です。

 まあ、毎度の事ですが、たくさん学ぶ事はあります。

 さて、曲の練習ですが、今回から本番ピアニストを伴ってのレッスンとなりました。まだ一度も歌とピアノを合わせたことがないので、今回のレッスンは、ピアノとの合わせがメインのレッスンとなりました。

 とにかく、最初からつぶしていきましょうって事で、バンバン歌っていきました。

 最初は、イントロ代わりに歌う二重唱「Grazie, Buona sera/ありがとう、おやすみなさい」です。二重唱なので、妻と二人で歌うわけですが…ほんと、妻が歌えないのです。明らかに練習不足です。

 私の妻は、基本的に練習熱心ではありません…と言うか、あまり練習が好きではないようです。特に音楽練習はあまりしません。本番前でも歌詞の暗記をチャチャとやる程度です。と言うのも、歌詞さえ暗記しちゃえば、後はどうにでもなる…と考えているようだし、実際、今まではどうにかしてきた人です。

 まあ、楽譜は読めるし、音感もあるし、元々歌える人だから、私のようにみっちり練習しなくても、全然間に合っていた人なんだけれど、今回のボエームは、さすがにそんなわけにはいかないようです。やっぱり、ボエームは難しいです。ボエームは、初見で歌えるほど、音楽は甘くないです。それ以前に、歌詞、全然覚えてないし、クチまわってないし…。おまけに、発表会の時と比べると、かなり分量も増えているし…。

 それでも、きっとどうにかするでしょうし、本番には間に合わせてくれると…私は信じていますが…さあ、どうなるでしょうか?

 なので、レッスンでは、結局、妻のパートを先生がほとんど歌って、ピアノとの合わせをしちゃいました。いいのか、それで!?

 例によって、レッスン自体は、リズムの確認と歌詞の修正を中心に進みました。この二重唱では、テノールはソプラノに対して、心情的に負けているので、歌も自分を前に押し出すのではなく、ソプラノに仕えるように、ソプラノが歌いやすいように、歌ってあげる事が必要です。“歌いやすい”とは“歌い出しやすい”と同義で、フレーズのバトンを優しく、ふわっと手渡してあげる事です。これが案外、難しい(汗)。

 それにしても、ピアニストさんが、バリバリ弾いていくので、改めて感心し、驚いてしまいました。

 ボエームの楽譜を見ると分かりますが、ピアノ譜でありながら、ほぼオーケストラ譜の移植で、全然ピアノ曲っぽくない音の並びである上に、楽譜は真っ黒だし、テンポは歌手が揺れながら適当に歌われちゃうし…伴奏ピアノとして、かなりの難度の曲だと思うのですが、それを堂々とバリバリ弾いていきます。

 あまりに難しかったら、音を省いて弾いていいですよ…と言ってあげるつもりだったのですが、それは杞憂のようでした。

 私たちのピアニストさんは、プロではありません。もちろん、音大も卒業していません。ただただピアノが好きで、趣味でピアノを弾いている人なのです。だけど、ピアノが上手で、趣味が高じて、我々のピアノ伴奏をしてくれたり、あっちこっちの市民合唱団の練習ピアニストさんをやっているような人なので、ある程度は弾けるのですが、でも、ここまで弾いてくれるとは思ってませんでした。

 私、この人よりもピアノを苦手としている、音大出のプロのピアニストさんを数人知ってますよ。ピアノが苦手なのに、ピアニストを職業としていて、それで縁があって仕事を依頼した事がありますが、そういう時の謝礼って、すごく高く感じるんですよね。

 私たちのピアニストさんは、謙遜な方で、全然偉ぶらずに、我々に寄り添って伴奏して、一緒に音楽を作ってくれるし、歌のレッスンにも快く付き合ってくれるので、プロのピアニストさんの知り合いもいないわけではないのですが、ついついこの方に自分たちの伴奏を依頼しちゃうんですよね。つまり、それだけ信頼しているわけです。

 信頼できるピアニストさんがいるってのは、たぶん幸せなんだろうなあって思います。

 と言うわけで、次はいよいよ「Che gelida mania/冷たい手」です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 私はハゲなんだけれども… | トップページ | 今年もトリを歌います »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私はハゲなんだけれども… | トップページ | 今年もトリを歌います »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん