ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« やっぱり、ボエームは色々と難しいです | トップページ | 上手いはずなのに、上手く聞こえないのは、なぜ? »

2016年9月21日 (水)

みんな! 発表会に出ようよ!!

 今年の夏。

 私は、本当に久しぶりにフルートの発表会に参加しました。前回が2010年の冬ですから、約6年ぶりです。前回の発表会は笛先生の門下にいましたから、現在のH先生の門下に加わってから、始めての発表会でした。

 いやあ、発表会はいいですね。H先生のところは、夏合宿と発表会が一体化していて、ちょっと変則的ですが、それでも良いです、発表会って奴は。

 元々、人前で演奏するのが大好きな私ですから、発表会は大好きなのですが、大好きという気持ちを横に置いても、発表会に出ると良い事がたくさんあるものです。

 たとえば、発表会に出るとなると、自分もそうですが、先生もレッスンに対する心づもりがだいぶ違ってきました。合格点が上がると言うか、普通のレッスンなら仕上がったので終了になるところでも、発表会ともなると、普通の仕上がりよりも、より高みまで仕上げていくし、 もっと細かいところまで仕上がっていきます。

 だいたい、自宅での練習だって、普段よりも、熱心に徹底的にやるでしょ? そうやって、仕上げのレベルを上げて、集中して一曲に取り組む事で、一段階、腕前が向上するわけです。これは大きいですよ。ほんと、一度発表会を経験すると、自分でもビックリするほどに上達するんです。

 さらに言うと、発表会に出るとなると、オシャレが楽しめます。器楽の場合は、声楽ほど派手(男性は黒服、女性はドレス)ではないでしょうが、それでも、普段よりもパリッとした衣装を着ることになります。これって、女性にとっては、かなりのお楽しみになるのではないでしょうか?

 発表会と言うと、打ち上げが付き物です。で、この打ち上げが、めっちゃ楽しいのです。だいたい、舞台が跳ねた後ですから、みんなハイなんですよ。そんなハイな人たちが集まったら…楽しくなるしかないじゃないですか!

 で、しばらく経って冷静になって、本番の演奏を自分なりに振り返ることで、今後の課題も見えてくるわけだし、次も頑張ろうって気持ちになるわけです。

 これだけの利点があるのだから、積極的に発表会に出るしかないじゃないですか?

 「私はあがり症なので…発表会はちょっと…」

 緊張は誰でもします。私だって緊張はしますよ。でも、あがりません。それは人前に出ることに慣れているからです。まあ、場数を踏んでいるからです。

 「私は人前に出ることはないから、あがっちゃうんです」

 だったら、発表会が良いチャンスだから、人前に出ればいいのです。最初はメチャメチャ恥ずかしいかもしれませんが、やがて慣れます。それを難しく言うと“脱感作”と言いますが、あがり症の克服には脱感作療法が一番なのです。つまり“人前であがってしまうのなら、それを克服するために、人前で出ることが一番”って事です。

 まあ、無理強いはしませんが、あがり症を克服するために、発表会を利用するのはアリですよ。

 「経済的に苦しくて…発表会は無理です」

 まあ、無い袖は振れないよね。確かに発表会は、何かと物要りです。発表会の参加費、衣装代、打ち上げ代、その他諸雑費と考えると、確かにそれなりの出費は覚悟しないといけません。

 と言うわけで、経済的に厳しい…わけでない限り、発表会には参加した方が良いし、ぜひ参加しましょう。経済的に厳しい人は…ちょっとずつ貯金をして、毎年は無理でも、隔年とかで発表会に参加すると良いですよ。ほんと、発表会で得られる事って、お金には変えられないほどなのですから。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« やっぱり、ボエームは色々と難しいです | トップページ | 上手いはずなのに、上手く聞こえないのは、なぜ? »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

「発表会に出ようよ!!」

賛成!!

日々のコツコツとした練習が大事なのはその通りですが、ただ練習だけすれば良いかというとそうではなく、その練習の完成形を時々チェックして、また日々の練習にフィードバックさせる…というプロセスも大事だと思います。

吹奏楽部で言うと定期演奏会、かな(注:コンクールに非ず)。
コンクールはあくまで競技。日々の活動の総決算は、やはり定演でしょうね。


Hiro.MTBさん

>コンクールはあくまで競技。日々の活動の総決算は、やはり定演でしょうね。

 この意見には激しく同意します。でも、世の中には勝負事が大好きで、コンクールにばかり焦点をあてて、定期演奏会を軽んずる(あるいは、コンクールの地ならしに使う)指導者もいて、残念だなあって思います。

 “生徒なんて、たった3年で卒業する消耗品”としか考えていない指導者もいて「あんた、それでも教師か!」と言ってやりたい気分になった事もあります(が、チキンハートなので面と向かっては言えない私でした)。

発表会大好きです!なきゃ、ダメっしょ(笑)
発表会ありきの習い事ですわ(笑)緊張しないし、楽しみなだけで、ま、そんな感じでいるから間違って歌う事あるけど、まぁいいか!って思いますが駄目かしらん。。

アデーレさん

 全然いいっしょ。だって、私もそんな感じだもの。それがダメだと言われたら、ちょいと困ってしまいます。

 もちろん、普段の地味なレッスンも大切な事は、よくよく分かっているけれど、やっぱた発表会は、大きく私を変えてくれるモノだと思ってます。

本番はやはり違いますよね。

場数を踏むのはとても重要だと思います。

Natさん

 そうですね、場数は重要です。場数を踏む事で見えること…ありますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり、ボエームは色々と難しいです | トップページ | 上手いはずなのに、上手く聞こえないのは、なぜ? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん