ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その2「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その4「手紙の二重唱」 »

2016年8月13日 (土)

素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その3「楽しい日々はどこへ」

 さて、その3です。これもその2同様、モーツァルト『フィガロの結婚』の伯爵夫人のアリアで「楽しい日々はどこへ/Dove sono i bei momenti」です。その2で取り上げた「愛の神よ、安らぎを与えたまえ/Porgi amor qualche ristro」は2幕の冒頭で歌われるアリアであるのに対して、こちらの「楽しい日々はどこへ/Dove sono i bei momenti」は3幕で歌われます。幕は違い、伯爵夫人の周囲は大きく動いてますが、伯爵夫人が置かれている状況はさほど大きくは動いていません。ただ、2幕では悲しみ嘆くだけだった彼女も、3幕では周囲の巻き込まれながら、夫へ仕返し(ちょっとした憂さ晴らし?)をしてやろうかしら…と気持ちが芽生え、ほんのちょっぴりだけ前向きになった事が2幕との違いかな?

 とりあえず、こんな感じのアリアです。

 今回の伯爵夫人は、メトロポリタン歌劇場の現役ディーヴァであるルネ・フレミングの歌唱です。肝心の「楽しい日々はどこへ」は開始後2分ほどしたところから始まっていますので、一刻も早くアリアが聞きたいという方は、最初の2分を飛ばしてくださいな。

 今回の歌詞と訳詞は、こちらのサイトから転載しました。感謝です。

Dove sono i bei momenti
どこにあるのかしら、あの美しい日々、

di dolcezza, e di piacer,
甘く楽しかった日々は?

dove andaro i giuramenti
どこにいってしまったのかしら、

di quel labbro menzogner?
あの嘘つきの唇から出た誓いの言葉は?
 
 
Perchè mai, se in pianti e in pene
涙と苦しみの中で、私にとって

per me tutto si cangiò;
全てが変わってしまったのに、

La memoria di quel bene
なぜあの幸せな思い出は

dal mio sen son trapassò?
私の胸から去らないのでしょう?
 
 
Ah! se almen la mia costanza
ああ、苦しみの中にあっても

nel languire amando ognor
常に愛する私の一途さが、

mi portasse una speranza
せめて、あの情知らずの心を

di cangiar l'ingrato cor.
変えてはくれないものかしら。

 それにしても、アマチュアの発表会に行くと、ほんと、モーツァルトを歌う人が多いです。特に、今回、3曲連続で取り上げた『フィガロの結婚』は頻出です。日本人って、モーツァルトが、フィガロの結婚が、大好きなんでしょうね。…難しいのに。私などは、勉強のためにモーツァルトは歌いますが、舞台では決して歌いたいとは思わないのだけれど…。

 ちなみに、明日もモーツァルト、それも『フィガロの結婚』から、またまた取り上げます。さて、明日はどの曲を取り上げるか(笑)、お楽しみにしていてください。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その2「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その4「手紙の二重唱」 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その2「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その4「手紙の二重唱」 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん