ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その7「ムゼッタのワルツ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その9「ドレッタの夢」 »

2016年8月18日 (木)

素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その8「私のお父さん」

 今回もプッチーニです。今回のアリアも、実によ~~~~っく、素人さんの発表会で聞くアリアです。

 今回取り上げるのは、歌劇『ジャンニ・スキッキ』の「私のお父さん/O mio babbino caro」です。発表会ではよく聞くくせして、オペラ自身の上演は、なかなか聞けなかったりするのです。とは言え、まったくやらないわけではなく、たまに町のポスターで『ジャンニ・スキッキ』の公演ポスターは見ます…見ますが、私が行ける所でやってくれないだけ…とも言えます。とにかく日本では、上演頻度の極めて低いオペラのアリアなのです。

 さて、どんな曲かと言えば…こんな曲です。

 この曲の音源をYouTubeで探すのに…ちょっと苦労ました。と言うのも、大半の音源がコンサート形式での歌唱で、オペラの中で歌っているっのて、ほんと少ないんですよ。ちなみに、歌っているのは、エカテリーナ・シュリーナです。

 歌詞と訳詞は、こちらのサイトから転載しました。感謝です。

O mio babbino caro
ああ、私の大好きなお父さん

mi piace, bello, bello;
彼が好きなの、素敵で素敵なの

vo’ andare in Porta Rossa
ポルタ・ロッサ通りへ行きたいの

a comperar l’anello!
(結婚)指輪を買う為に!

Si’, si’,
そう、そうなの

ci voglio andare!
私は行きたいのよ!

e se l’amassi indarno,
もし、私の恋がかなわないなら

andrei sul Ponte Vecchio
ヴェッキオ橋へ行くわ

ma per buttarmi in Arno!
アルノ河へ身を投げる為にね!

Mi struggo e mi tormento!

私はもだえ苦しんでいるの!
O Dio,
ああ、神様

Vorrei morir!
私を死なせてください!

Babbo pieta’, pieta’!
お父さん、お願い、お願いよ!

 このオペラは、通常は“プッチーニの三部作”と言われる作品で、DVDなどでは、このアリアが歌われている『ジャンニ・スキッキ』と、『外套』『修道女アンジェリカ』と3作品まとめて映像化されていたりします。元々、プッチーニがこの3つのオペラ作品を連続して上演するように企画し作曲したわけですから、まあ、そうするのが妥当と言えば妥当です。ちなみに上演順番は『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』であり、その『ジャンニ・スキッキ』の中でのキラーソングが、この「私のお父さん」だったりするわけですが…三部作のキラーソングとしては、ちょっと音楽的に軽くないかい…と思ったりします。

 三部作として作曲されたにも関わらず、最近では『ジャンニ・スキッキ』の単独公演とか、『カヴァレリア・ルスティカーナ』や『道化師』などと『ジャンニ・スキッキ』が組み合わされて公演される事も多いです。と言うのも、『ジャンニ・スキッキ』って上演時間が1時間程度の短いオペラだし、喜劇で軽い内容なので、『カヴァレリア・ルスティカーナ』や『道化師』などの、上演時間が短くて、内容が重苦しい作品と組み合わせるのも、なかなか良いからです。

 …と言うよりも、プッチーニ作品とは言え、『外套』や『修道女アンジェリカ』って、そんなに人気ないんですよ。だから『ジャンニ・スキッキ』だけ取り出して上演するスタイルになりつつあるのかもしれません。

 ちなみに、歌詞の中にある“ポルタ・ロッサ通り”とは、当時のフィレンツェの繁華街で、そこにある宝飾品店に行って、結婚指輪を買いたいのよと言っているわけです。つまり、この歌は、娘が「この人と結婚したいの。お父さん、指輪を買ってよ。買ってくれなきゃ、アルノ河に身投げして自殺しちゃうんだから!」という脅迫だかおねだりだかをしている歌なのです。

 ああー、面倒くせー。しかし、メロディーが美しいので、まさか、こんな面倒くさい歌詞がついているとは…お釈迦様でも思いつくめえ(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その7「ムゼッタのワルツ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その9「ドレッタの夢」 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その7「ムゼッタのワルツ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その9「ドレッタの夢」 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん