ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その1「恋とはどんなものかしら?」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その3「楽しい日々はどこへ」 »

2016年8月12日 (金)

素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その2「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」

 さて“その2”として取り上げるアリアは“その1”同様、モーツァルトの『フィガロの結婚』からのアリアで、伯爵夫人のアリア「愛の神よ、安らぎを与えたまえ/Porgi amor qualche ristro」です。

 どんな曲かと言えば、こんな感じです。

 音源的には、ちょっと古めですが、モンセラート・カバリエの歌唱です。カバリエと言えば、当時はカラスの再来とか言われた大物ソプラノで、若い頃のカレーラスは彼女によってキャリアを作ってもらった…と言われるほどのソプラノです。

 こういう大物感バリバリの人が歌うのに、実によく似合ったアリアだと思います。

 歌詞と訳詞は以下の通りです。今回は、こちらのサイトのモノを転載させていただきました。感謝です。

Porgi, amor, qualche ristoro
お与えください 愛の神よ 慰めを

al mio duolo, a' miei sospir.
私の悲しみに 私のため息に

O mi rendi il mio tesoro,
おお 私に愛する人を返してください

o mi lascia almen morir.
さもなくば私を死なせてください

 アリアのシチュエーションとしては、伯爵夫人が夫である伯爵の気の多さを嘆いているアリアです。熱烈な恋愛を経て結婚した二人だが、やがて夫婦仲も冷え、伯爵は妻である伯爵夫人を無視しているわけではないのだけれど、あれこれと他の女性にもちょっかいを出しているわけです。今回も、伯爵夫人の小間使いであり友人でもあるスザンナにちょっかいを出しているわけで、それが悲しくて恨めしくて、でも誰にもその事が言えない伯爵夫人の心中を吐露しているアリアなわけです。

 実に美しいアリアです。歌詞が少ないが故に、音楽で多くを語っているアリア…だと思います。この曲は、ある程度、声が成熟したソプラノ向けのアリアです。曲自体がきちんと仕上がっているので、落ち着いて歌えば、それなりにステージ映えのする素敵な曲なので、人気も高いのでしょうね。

 あと、役柄の設定的には伯爵夫人もまだ若い娘なのですが、声的にはさほど若さを求められていない役でもあるので、年配者が歌っても違和感がないのも人気を集める理由かもしれません。実際、音源ではオバサンオバサンしたカバリエが歌っていますしね。アリアの場合、やはり役と声が合っていないと、良くないで、その点でも、人生のお姉さま方が歌いたがるのかもしれません。

 あと、歌詞が圧倒的に短いのも、アマチュア向けなのかもしれません。何しろ、声楽の発表会って、基本暗譜ですからね。歌詞の分量が多いと、それだけで負担が増えてしまうわけで…歌詞の少ない曲は、歓迎だったりします。

 それにしても、ほんと、よく聞きます、この曲。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その1「恋とはどんなものかしら?」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その3「楽しい日々はどこへ」 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その1「恋とはどんなものかしら?」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その3「楽しい日々はどこへ」 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん