ひとこと

  •  梅雨があけました! いよいよ夏です! 毎日…暑くなるんだろうなあ…、カラダ、もつかな(涙)。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その9「ドレッタの夢」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その11「ハバネラ」 »

2016年8月20日 (土)

素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その10「さよなら、ふるさとの家よ」

 さて、今回もコンサート・アリア…と言っても良い曲です。カタラーニが作曲した『ワリー』というオペラの中で歌われるソプラノのアリア「さよなら、ふるさとの家よ/Ebben? Ne andrò lontana」です。

 「カタラーニって誰?」
 「ワリーってオペラって何?」

 大丈夫、私も知りません(笑)。そう言った周辺情報は全く知りませんが、「さよなら、ふるさとの家よ/Ebben? Ne andrò lontana」は、本当によく、しばしば素人さんの発表会で聞きます。ほんと、不思議なくらいに。

 こんな感じの曲です。

 歌っているのは、アンナ・ネトレプコです。現在のメトロポリタン歌劇場のディーヴァですね。彼女の声には、好き嫌いがあるようですが、美貌と歌の巧さにかけては、誰にも文句は言わせません。もっとも、最近は結婚もして、体型もだいぶプヨプヨにくずれてしまいましたが(笑)。そろそろメトもディーヴァの代替わりの時期に差し掛かっているのかもしれません。

 今回の歌詞と訳詞は、こちらのサイトのモノを転載しました。感謝です。

Ebben…?
それなら…?

Ne andrò lontana,
私はここから遠いところに行きましょう
come va l'echo della pia campagna,
聖なる鐘のこだまがあの白い雪の間に

là, fra la neve Bianca,
あの黄金色の雲の間に

là, fra le nubi d'or,
流れていくように。

laddove la speranza,
そこでは、希望も

è rimpianto, è dolor!
嘆きとも苦しみともなるでしょう!
 
 
O della madre mia casa gioconda,
楽しかった母の家よ、

la Wally ne anrdà da te lontana assai,
ワリーはお前から離れて遠くに行くでしょう

e forse a te non farà,
そしてきっと、二度とお前のもとに

mai più ritorno,
帰ってくることはないでしょう。

ne più la rivedrai
お前も二度と私の姿を見ることはないでしょう

Mai più, mai più!
決してないでしょう、決してないでしょう!
 
 
Ne andrò sola e lontana,
私はたった一人で、ここから遠いところに行きましょう

come l'eco della pia campagna...
聖なる鐘のこだまが

là, fra la neve bianca;
あの白い雪の間に流れていくように

Ne andrò solae lontana,
ここから遠いところに、たった一人で行きましょう

E fra le nubi d'or…!
あの黄金色の雲の間に…!

 カタラーニという作曲家は、プッチーニと同時代の作曲家で、日本では全くと言っていいほどの無名な作曲家ですが、海外では彼の作品『ワリー』はもちろん『ローレライ』なども、たまに上演されるそうです。決して、海外では無名な作曲家とは言えないようですが…やっぱり日本じゃあ無名だよね。

 と言うわけで、この曲に関して、特に語るモノを持たない私ですが、なぜ、この曲が発表会でよく歌われるのか…なぜなんだろう? おそらくは声質に関係するのかなって思います。比較的、声の軽い人だと、脇役ソプラノのアリアを始めとして、歌いやすいアリアが揃っていますが、声が成熟している人で初学者だと(大人には多いタイプですね)だと、なかなか選曲が難しいのかもしれません。と言うのも、声が成熟していると、当然、声楽技巧も成熟しているとみなされて、主役ソプラノアリアばかりになって、難しいアリアばかりになってしまいがちです(そこんところは、テノールと同じ状況でしょう)。その中で、比較的、手を出しやすいのが、この曲…ではないかと、私は推測します。

 ま、ハズレているかもしれませんが(笑)。とにかく、発表会でよく聞きますよ、このアリアは。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その9「ドレッタの夢」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その11「ハバネラ」 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

いい曲だし、大好き。アンナネトレプコか、、。綺麗だしよい声。。彼女って、声種なんでしょうね。太い声のタイプのリリコレジェーロ?リリコではないような。。最近、歌うの重め傾向ですがね、、。。
この曲、彼女くらい質量ないと、へらべったくて良くない、よさがでないよね?アマチュアにはなかなかサマになりませぬ。。むむ(笑)

アデーレさん

 ネトレプコの声種については、若い時はリリコ、最近はリリコスピントだと思います。ただ、卓越したコロラトゥーラの技巧を持っているので、多少声が重くても、上手に転がしちゃうだと思います。声が重いのに、軽々しく転がせるってのは、ある意味、理想の声の持ち主だと思います。美貌といい歌唱技術といい持ち声の良さといい、マリア・カラスと同タイプの歌手でしょう。だから、ヨーロッパ受けするんだと思います。

 ネトレプコは…もっと年を取ったら、きっとカルメンを歌う…と思いますよ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その9「ドレッタの夢」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にするオペラアリア その11「ハバネラ」 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん