ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« やっぱり、歩きスマホは良くないなあ… | トップページ | 今年のクラシックコンサートの曲目を決めました »

2016年7月11日 (月)

オペラを見て考えた事

 オペラは歌芝居です。会話や心情の告白を歌って芝居をしているわけです。だから、登場人物の、その時その時の感情にふさわしい歌い方をしていきます。怒っているなら怒っている感情にふさわしい歌い方を、心穏やかなら穏やかな感情にふさわしい歌い方を、ときめいている事はキラキラした心持ちにふさわしい歌い方をするわけです。

 つまり、アリアを歌っている時は、たいてい何らかの興奮状態(嬉しい、悲しい、怒り等々)にある事が多いので、そんな興奮状態にふさわしい歌い方が必要だけれど、そうでない時(オペラでは、アリアでない部分の方が圧倒的に多い)は、登場人物たちも、普通の感情/感覚でいる事が多いので、歌い方もそれに合わせて、その感情にふさわしく、それなりに落ち着いた歌い方になさらざるをえないのです。これは、アリアとの対比上必要な事であり、長丁場(オペラはたいてい2~3時間歌い続ける)を乗り切るためにも必要な事であります。

 我々アマチュアがオペラを歌う場合、大半がアリアだけを取り上げて“コンサート・アリア”として歌う事が多いわけだから、ついついアリアばかりに注目してしまいがちです。そして、オペラ全体をアリアを歌うような調子で歌いまくっているものだと思いがちですが、実はアリアなんて、オペラの中では数えるほどしかなく、オペラの大半の部分の歌は、原則的にmp~mfぐらいで優しく歌われるのです。

 当然の事だけれど、オペラ歌唱では、滅多に大声であるとか、叫び声であるとか、とにかくテンションの高い張った声は、あまり使われないという事です。むしろ、オペラのほとんどを、穏やかな歌い方で、なお、会場に響き渡る声で歌わないといけないわけで、必要なのは「声が大きいなあ…」と感じさせる声ではなく「よく聞こえるね」と思わせる声なのであります。

 だから普段から、大きな声ではなく、響く声で歌えることが、オペラ歌唱(クラシック声楽)には必要で大切な事なのです。…と言う、今更の事に、今更に気がついた私でした。

 ちゃんちゃん(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« やっぱり、歩きスマホは良くないなあ… | トップページ | 今年のクラシックコンサートの曲目を決めました »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

歌劇」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね、、全幕、張り上げてたら、声が持ちませんしね。調節してますよね?というか、大きな声より通る声なんですよね、きっと。前にあの、超人気のソプラノ歌手さん◯麻◯さんも声量はそんなには、、しかし、凄い透るんですよね。オペラは体力いりますよね、声もしょうもうしますからね、だからキャストは大概2組ありますものね!しかし、私ら素人は全力で歌っちゃいますよね、どうしても(笑)

アデーレさん

 オペラ歌手は、演目にもよるけれど、まあ1公演で3時間ほど歌うわけだから、そりゃあ全力で歌うわけにはいかないです。そんな事してたら、体壊しちゃものね。

>声量はそんなには、、しかし、凄い透るんですよね。

 そうなんですよね、オペラ歌手の生の歌を聞くと、声量はもちろんあるんだけれど、声量よりも、声の遠鳴りというか、ほんと響くんですよね。これは、録音や録画、YouTubeしか見ていないと、全然分からないんですよね。

 で、分からないから、素人はついつい声を張り上げちゃうわけです。でも、プロはそんな事をしていないんですよね。それを知るまで、私、ちょっと時間がかかりました。

>キャストは大概2組ありますものね!

 日本ではチームが2つあるのが普通ですね。海外だと、一日2公演の劇場も多いらしいですから、2チームどころではないようです。歌う歌手もたくさん必要ですが、お客さんもそんなにやってくるんですね、それにビックリです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり、歩きスマホは良くないなあ… | トップページ | 今年のクラシックコンサートの曲目を決めました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん