ひとこと

  •  ああ、ゴールデンウィークに突入いたしました。今年のGWは、レッスンと温泉とラ・フォルジュルネとオペラで過ごそうかと思ってます。あ、溜まったDVDも見ないとなあ。ああ、とりあえず忙しいGWになりそうだなっとね。それはそれと、今年のラフォルジュルネは、パソナが不参加なんすよ。ああ、残念残念残念。私はパソナのコンサートが大好きだったのに…、もう生きる希望が無くなったよ(ちょっと大げさ)。とにかく、パソナが不参加で悲しい私でした。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今度はフルートの発表会?なんです | トップページ | 声は楽器と違って消耗する »

2016年7月27日 (水)

さて、みどりの窓口に行ったわけだが…

 まず、みどりの窓口に行ったら、なにやらかにやらと混んでおりました。仕方がないので、列に並んで待っていたら、やがて私の番になったので「野尻湖に行きたいのだけれど…」と窓口のお兄さんに言ったら、まずは決められた用紙に必要事項を書いて、それからもう一度窓口に並ぶように言われました。

 口頭での買い物って…ダメなんだね。

 その用紙って奴が、入り口から入ると、背中側にある机の上に置いてあって、ちょっと目につきづらい所にあったので、分からなかったよ。それにしても、お役所ライクだな。さすがは、旧国鉄だ!

 我が非を素直に認めて、列から離れて、用紙が置いてある机に向かって、必要事項を書き始めました。しかし…こりゃあなんじゃい? あれこれ分からない用語が、解説も無しに羅列されていて困りました。長距離電車の切符を買う人って、これらの用語が分かるんだろうなあ…。ああ、どこに何を書けばいいのやら? たかが新幹線の切符を買うだけなのに、途方にくれてしまいました。

 ふと周りを見渡すと、用紙への記入例が書かれていましたが…私が書こうとする用紙とは様式が違いました。たぶん、最近、用紙の様式が変更になったんだろうなあ…。だったら、記入例も更新しておけって(涙)。

 とにかく、分かる所だけ…日にちと出発地と到着地を書いて「南無三!」という気分で、再度列に並んだところ「野尻湖という駅はありません。どちらの駅ですか?」と言われてやり直し。そりゃそうだ、野尻湖という駅はなかったのだよ。事前にネットで調べておいたのに、すっかり忘れていたよ(汗)。

 野尻湖を二重線で消して、黒姫と書きなおして再提出(さすがに、列に並び直しはしませんでした)。ところが「黒姫という駅はありませんよ」と言われてしまいました。あれあれ?

 一瞬、私の記憶違いを疑ったけれど、実はそうでなく、実は黒姫駅は、JRの駅ではなく“しなの鉄道”という私鉄の駅なので、みどりの窓口では取り扱っていないと教えてもらいました。ああ、なるほどね。でも、こっち(関東地方ね)なら、到着駅が私鉄の駅でも、普通にJRの駅で切符が買えるんだけれど…。それに去年までの黒姫駅は、JR信越線の黒姫駅だったわけで、親戚みたいなもんじゃん…という理屈は屁理屈なんだろうね。

 まあいいや。黒姫までは売れないと言うんだから、諦めましょう。ここでゴネても仕方がありません。とにかく長野までの切符を、みどりの窓口で買って、そこから先は、長野駅で当日購入する事にしました。

 Suicaが使えるかどうか尋ねるのを忘れちゃったけれど…後日ネットで調べたら、長野県内は基本的にSuicaが使えないという事を知りました。使えるのは、中央線沿線の一部の駅だけだそうです。ですから、長野駅は県庁所在地の駅にも関わらず、Suicaは使えないのだそうです。でも、切符買ったから、まあいいや。それにしても、まだまだSuicaの使えない駅があるんだね、私は、ほんと、勉強不足だ。

 さて、問題は新幹線だ。でもこれは大丈夫。事前にネットでいい感じの奴をチョイスしておいたのよん。

 で、それを伝えたところ…窓口のお兄さん…ちょっと困った感じになっていました。どうやら、すでに座席がほぼ無いらしいのです。うへ? つまり売り切れって奴ですか?
まあ、売り切れなら自由席にして、最悪、立ったまま長野に行けばいいやと覚悟を決めました。

 私が密かに覚悟を決めている間も、窓口のお兄さんは、目を皿のようにして席を探してくれました。すこし時間がかかりましたが、ようやく空席を見つけてくれました。ラッキー。これで長野まで座っていけます。ちなみに、帰りの新幹線はスカスカなので、すぐに買えました。

 で、発券してもらった切符は4枚でした…なぜに4枚? 尋ねたところ、行きの乗車券と帰りの乗車券、行きの新幹線の切符と帰りの新幹線の切符の4枚だそうです。なんか分からないけれど、とにかく4枚必要なんだそうな。さらに言うと、新幹線はそれぞれの日付専用の切符だけれど、乗車券は2枚あるのに2枚とも、同じ出発日の日付になっておりました。行きの日付なのに帰りの電車に乗れるの?と不安になって質問したら「大丈夫です」と即答していたけれど、ほんと、大丈夫なの? 乗れなかったら、長野駅でゴネちゃうよ。

 とにかく、人生、始めての、みどりの窓口体験でした。たかが、新幹線の切符を買うだけなのに、いい年したジイさんが、何を苦労しているんだろうね。

 ちなみに後日、もう一度ネットで検索をかけたら、長野に行くなら、新幹線でなく、新宿から高速バスという手段もありました。バスだと料金1/3(新幹線だと約1万円、バスだと3000円ちょっと)、安い、格安だ! ただし、時間はほぼ倍増(新幹線だと約90分だけれど、バスだと3時間半)。善光寺参り(せっかく長野に行くんだから、善光寺さんに挨拶しないとダメでしょ?)を諦めれば、バスも選択肢としては可能…だけれど、バスに3時間半も乗り続けるのは、ちょっと辛いかも。お金がかかっても、移動に時間をかけない方がカラダは楽だよね。特に年寄りの一人旅なら、なおさらだよね。見知らぬ人と、バスで長時間隣り合わせというのも、ちょっと気を使うしね。

 まあ、今年は新幹線にしておきましょう。新幹線に乗るのも始めてだしね(笑)。もしも、来年も仕事の都合がついてフルート合宿に参加できるようなら、今度は高速バスを検討しても良いかも。高速バスって奴も乗ったことはないので、それはそれで楽しいかも。

 さあ、これで切符は買ったぞ。次は…荷物を事前に宅急便で送らないと…。これも初体験だ。うっかり荷物を送り忘れると…コロコロを転がして善光寺参りをしないといけなくなる…それはさすがに避けたいよぉ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 今度はフルートの発表会?なんです | トップページ | 声は楽器と違って消耗する »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

> 口頭での買い物って…ダメなんだね。

みどりの窓口は何回行ったかわかりませんが、口頭で断られたことはありません。こちら近くの窓口はお盆1ヶ月前の頃は20分程度は待つので、書き直して並びなおす、というのはUnbelieavable!!!です。
ネットでテキトーに選んで印刷したものを直接渡して、OKでした。
あと長野新幹線が北陸新幹線に延びてから長野とか軽井沢(こちらはここで休暇予定)への切符はとりにくくなったようです。

ちなみに昨日の記事の「松本、笹の井、長野」では篠ノ井です。
長野県は、長野県出身者はだれでも県の歌「信濃の国」が歌える、というフシギな県です。

信濃の国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E6%BF%83%E3%81%AE%E5%9B%BD

両親がここの出身なので、祖父祖母が元気なころは毎年帰ったりしていました。

tetsuさん

>口頭で断られたことはありません。

 おお、それでは私は、いかにも素人然として、不安感丸出しだったので、なめられたのかな? まあ、やるべきことをやっていなかったのだから、文句を言う筋合いではないので“教育的指導を受けた”という事にしておきます。少なくとも、次からは窓口で口頭で切符を買うようなマネは、もうしないでしょうから。

>北陸新幹線に延びてから長野とか軽井沢(こちらはここで休暇予定)への切符はとりにくくなったようです。

 なるほど、みんな金沢とか富山とかに行きたいんだね。

 で、今、北陸新幹線の停車駅リストを見ていたら、糸魚川に行けるんだね。以前、野暮用で糸魚川に行った時は、急行電車にあれこれ乗り換えて、結構大変だった覚えがあるんだよね。糸魚川も近くなったものだね。

>昨日の記事の「松本、笹の井、長野」では篠ノ井です。

 あらま、それは失礼しました。地名を間違えてはいけないので、さっそく記事を訂正しておきました。ご指摘、感謝。

最近の駅窓口業務は
関東でも駅によってはJR関連子会社への業務委託が増えているので
システムに表示されること以外の対応ができない場合が多いです。
制服を着ていてもJR本体の社員というわけではないので紛らわしいですね

名無しさん

 お名前が未記入で空白だったので、ひとまず名無しさんとしますが、次回からは、ハンドルネームでも芸名でも源氏名でも良いので、何か呼称を入れておいてくださいね、よろしくお願いします。

 さて

>制服を着ていてもJR本体の社員というわけではないので紛らわしいですね

 全然紛らわしくないですよ。お客からすれば、窓口に座っている人が、JR本体の社員であろうが、関連子会社の社員であろうが、全く関係ないです。窓口に座って、その仕事を任されていれば、JRの人です。駅員さんです。プロフェッショナルです。

 「この人は関連子会社の者で、JR本社の人間ではありませんから(あれこれ出来ない事や知らない事があるんです…)」なんて言う理屈は、民間企業では通用しません。

 それに私に限らず、普通の人ってJRに対して、電車の運行とか運転技術に関しては全幅の信頼を置いているけれど、サービス面ではちっとも期待してませんのよ。期待どころか、ちょっと変だな…とか、これって民間なら通用しないよな…とか、そんな事だって思ってます。だから、今回の件にしても、同じ事が民間鉄道会社で起こったら、私も怒り心頭となりますが、相手がJRだから笑い話になるんですよ。

 それほど、JRって愛されているわけだし、ダメな子ほどかわいいって言うと…ね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度はフルートの発表会?なんです | トップページ | 声は楽器と違って消耗する »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん