ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 上を開けていこう! | トップページ | 最後の音合せに行ってきました その1 »

2016年7月19日 (火)

発表会まであとわずか

 声楽のレッスンの続きです。チレア作曲「E'la solita storia/ありふれた話(フェデリコの嘆き)」の練習に入りました。

 せっかく、上アゴを開ける練習をしたので、本番直前ではありますが、フェデリコにも上アゴを開いて歌うテクを加える事にしました。全体的には、まあOKです。

 この歌の最高音は高いAなのですが、この高いAは、レッスンではうまく歌えません。自宅練習では何とかなっているのですが、自宅で歌えても、レッスンで歌えないなら、本番では使えません。ダメじゃん。なぜそうなるかを考えてみたところ、やっぱりメンタルが原因なんでしょうね。

 自宅ではリラックスをしています。一方、レッスンでは先生の前ですから緊張していますし、カッコつけている事もあるわけだし、体面を取り繕っている事だってあるわけで、それで「そろそろAが来るぞ!」と思うと、うまくやってやろうと気持ちが作用して、無意識にカラダに力が入ってしまって、それでダメになってしまうようです。リラックスできれば、高いAなんて難しくない音なのですが、無意識に緊張しているようなので、なかなか難しいです。

 リラックスが出来ないなら、テクニックで何とかしましょうってわけで、高いAを含むフレーズでは“1音1音、上アゴを開き直して歌う”というテクを使うことにしました。このテクを歌うルーチン作業に入れる事で大きな失敗を回避しようというわけです。

 ただ、上アゴを開けるテクを使うと、音程のコントロールが途端に難しくなるのが欠点です。まあ、私が腹筋を使って歌うのに慣れていないだけ…なんですが、腹筋って、使わないと音がぶら下がりますが、使い過ぎると音がうわずります。もちろん、上アゴだけを開いて歌うと、声がヘナヘナになるので、適当に下アゴも開いて歌うのだけれど、そのバランスが難しいです。下を開き過ぎちゃうと、高音が難しくなるしね。いやはや、なんとも。

 次はボエームの第4幕です。懸案の“Ah! Mimi, mia bella Mimi”の箇所の練習をしました。この箇所は、前半の“Ah! Mimi”の最高音が高いA、後半の“mia bella Mimi”に高いBがあります。で、いつも高いBを失敗してしまいます。この高いBは、自宅で練習していても、成功率は3割程度で、今の私にはかなり難しいフレーズなのです。

 で、高いBを失敗する時は、必ずその前の高いAが良くないので、まずは前半にある高いAをキレイに出すことを目標とし、そこから後半の高いBへつなげていく練習をしました。

 前半部の高いAは、長い休憩の後にいきなり歌い出す音なので(そういう状況だと)プロでも厳しい音なのですが、そんな事にグチを言っても仕方ありません。対処法は『腹圧を高めて、なるだけノドを楽にする』という方法を取ることにしました。高いAなら、腹圧が弱めでも、私の場合(誉められた事ではないけれど)ノドの力で発声できてしまうのですが、それをやると音色が悪くなる上に、次の高いBは出せなくなるので、ノド声を排除して、なるべく楽に高いAを出すように心がけるようにしました。

 で、高いAを無事にクリアした後は、いよいよ難しい高いBに行くのですが、ここはやはりポルタメントで高音に登っていきたいです。で、ポルタメントで登りやすい声を発声するために、高いAと高いBのつなぎの部分では、声を鼻に集める事にしました。鼻に集めた声を、一気に高いBに持っていく事にしました。声を鼻に集めると、声が多少くぐもってしまうのだけれど、実にポルタメントで上には持っていきやすくなります。持っていきやすくなりすぎて、うっかりすると、高いBを飛び越えて、声がとんでもない所にすっ飛んでいってしまいます。音程コントロールが難しいです。このコントロールは腹圧でするんですね。ああ、大変だあ。

 で、一度休憩して、妻のレッスンを見学して、再びボエームの4幕です。案の定、“Ah! Mimi, mia bella Mimi”の部分は失敗しました(ダメじゃん)。二重唱の部分は、自分だけが歌えてもダメで、いかに愛をこめて、フレーズを相手に繋いでいくか…という演劇的な注意も受けました。そう、オペラって歌であるけれど、演劇でもあるんだよね。

 さて、次は本番直前の音合せになります。頑張ろうっと。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 上を開けていこう! | トップページ | 最後の音合せに行ってきました その1 »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上を開けていこう! | トップページ | 最後の音合せに行ってきました その1 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん