ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 珍しい声を聞いた | トップページ | 私は、そんなに声の出る歌手では…ありません »

2016年7月 5日 (火)

ボエームのフィナーレ部分の演技プランについて

 ボエームの音合せに行きました。今回のピアニストさんは本番のピアニストさんで、コレペティさんです。コレペティさんですから、歌にもガンガン、ツッコミを入れてきます。私もあれこれコレペティさんに直してもらいました。

 さて、実は冒頭からいきなりなんですが…私、音合せに遅刻しました(汗)。いやいや、遅刻しているという自覚はなくて、練習場に向かっている最中に、先生から電話を頂いて「時間ですけれど、どこにいます?」なんて言われちゃいました。いやいや、まだ練習時間まで、だいぶあるじゃないですか? 余裕を持って家を出ているはずですが…。

 どうやら、連絡の行き違いとか記憶違いとか、そういうモノがあって、私が思っていた開始時間よりも45分ほど早く音合せが開始されていたわけです。

 釈然としない気持ちも若干あったものの“遅刻厳禁”が人生のテーマである私にとって、もう自殺したくなるような大きな失敗をしてしまったわけで、ほんと、帷子川に飛び込んでやろうかと思ったほど、気持ちを凹ませながら、音合せの会場に向かいました。結果として…15分遅刻となりました。

 音合せ会場に着くや否や尋ねられた事は「第四幕のフィナーレに演技を付けますか?」という事です。どうやら、私の気持ち1つで、この部分は衣装を着て演技をしながら歌うのか、演技なしの棒立ちでの演奏会形式になるのか、譜面台を立てて楽譜ガン見で歌うのか…それらのいずれかになるんだそうです。

 と言うのも、この部分の演技で一番大変なのがロドルフォだからです。だから、ロドルフォ役の気持ち次第で決めるんだそうです。

 そりゃあーまあ、演技のないオペラはない…と私は思っているので、即答で「演技しますよ」と答えましたので、さっそく動きと演技の打ち合わせに入りました。

 まず決まっているのが、シーンの最初の人物配置。ロドルフォは出て行った友人たちを見送り、ミミはベッドに伏せています。この人物配置から歌が始まります。ここからショナールが“che avvien?/どうした?”と言って部屋に駆け込んでくるまでの五分程度の部分に関する演技については、ロドルフォ(私)とミミ(妻)の二人きりのシーンなので、私たちにお任せとなりました。

 そこから先は、その他の人たちも演技にからんでくるので、きちんと動きや演技を決めました。

 まず、ショナールが“che avvien?/どうした?”と駆け込んできた時のロドルフォは、ベッドの奥側にいて、そのまま演技を続けます。やがてムゼッタとマルチェッロが戻ってくるので、彼らに気づいた演技をして、ムゼッタに“Riposa/休んでいるよ”と答えて、ムゼッタと入れ替わりにマルチェッロの方に歩き出します。その後、しばらく、舞台奥でマルチェッロと何やら話し込んでいる演技をします。

 ミミが“sei tu che me lo doni?/あなたね、これをくれたのは?”と歌ったところで、ムゼッタのすぐ側に行き、ムゼッタの“Si/そうよ”でムゼッタと入れ替わって、ミミの枕元に行きます。ミミが“Grazie/ありがとう”と歌ったら、大泣き(?)をし、そのまま枕元で泣き崩れます。そのままずっとミミから視線を外しておき、ミミが死ぬところは見ないようにします。

 ミミが死んだ後、それとは気づかぬまま、マルチェッロに向かって“che ha detto il medico?/医者はなんて言ったんだ?”と言って、ミミのそばから離れて、フラフラとマルチェッロの側に行きます。

 ムゼッタが“Mimi e un angelo del cielo/ミミは天上の天使です”と歌ったところでムゼッタのすぐ側に行き“Io spero ancora/僕はまだ望みを持っている ”と言います。そこにコリーネが後ろからやってきて“Come va?/どうだい?”と尋ねてくるので、コリーネではなく、客席を向いたまま“Vedi? Etranquilla?/分かるだろ? 落ち着いているよ”と答え、そこからマルチェッロとショナールのいる方を振り返り見ます。彼らのただならぬ様子を見て、不安にかられるロドルフォ。“Che vuol dire/どういうことなんだ”から始まるセリフを次第に興奮しながら言い“Cosi…/それで…”と言って、その場に泣き崩れます。それをきっかけにピアノが鳴り、マルチェッロのセリフがあって、ミミのいるベッドの枕元に駆け寄って“MImi!”と2回叫んで、客席に向かって泣き崩れる。

 …とまあ、こんな感じの動きと演技をするわけですが…覚えられるかな?

 ちなみに、第一幕のオープニングの方は、今のところは、演技なしの楽譜ガン見のコンサート形式で歌う予定となっています。まあ、オープニングに関しては、音楽そのものが込み入っている上に、これに演技を付けるとなると…1回とか2回とかの練習でどうにかなるものではないという事情もあります。まあ、私的に言わせてもらうと…譜面を見て歌えるなら助かる…というのが本音だったりします。いやあ、ほんと、オープニングの箇所は、音楽が複雑で面倒なんですよね。

 とにかく、歌と演技を暗記しない…ね、頑張りますよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 珍しい声を聞いた | トップページ | 私は、そんなに声の出る歌手では…ありません »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 珍しい声を聞いた | トップページ | 私は、そんなに声の出る歌手では…ありません »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん