ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« どうなるかと思ったけれど、どうにかなりそうです | トップページ | 名無しの緋ドジョウの1匹の具合が、あまり良くないのです »

2016年6月17日 (金)

ポピュラー音楽は…そりゃあ、クラシック一辺倒の人よりは得意かもしれないけれど…

 フルートのレッスンに行ってきました。

 今回、フルートを組み立てる時、いつもより少し内向きに組み立ててみました。どれくらい内向きかというと…ほぼアルタス推奨ぐらいの内向きです。最近は、先生のフルート(ムラマツ)との音程を合わせる都合もあって、やや外向きに組み立てる事が多かったのですが、それでは音がかすれることも多く感じるようになってきたので、一度メーカー推奨の組み立て方に戻してみたのでした。

 その状態でロングトーン練習に入ったのですが…、結果は…音色に関しては、よく分からないなあ。最近、私、タンギング周りの下手くそさが目立つようになってしまい、音色云々の状態じゃあないんです。音のかすれは…心なしか無かったような…。音程は当然ですが、ムラマツとは合わなくなりました。1音1音、音を曲げていかないとビッタリとは合いません。ううむ、やっぱり外向きに組み立てた方が良いかな? まあ、しばらくは試してみる事にします。

 で、エルステユーブンゲンの17番ですが…暗譜が今ひとつ進みません。この曲のメロディーって、なんとなく、つかみどころがないような感じがして、すっきりしません。でも覚えていないのかというと、そうでもないのですが、うーむ、なんかまだダメです。たぶん、次の18番の方が、早く暗譜できるかも…。

 プチエチュードは14番です。先生に「14番なんだねえ…」と感慨深げに言われました。14番は、ほぼだいたい行けるようになりましたが、半音階でメロディーが進む箇所が2箇所あるのですが、そこだけがダメです。元々ホ長調なので♯が4つもある上に、そこに臨時記号が付くと…もう頭の中がワヤクチャになります。で、うまくできません。先生からは「そこだけ取り出して、何度も練習する」「指で覚えるのではなく、アタマで覚える」と何度も何度も繰り返して練習させられました。ううむ、次のレッスンの時までには、完璧に出来るようになっていないとマズイ雰囲気だ…。

 今回からは、夏合宿に向けて、曲の練習が入りました。ハイドンのセレナーデです。取り敢えず、装飾音符を抜きにして練習してこいというので、そのようにやってきました。だいたいはOKですが、一部でまだ指が止まってしまう箇所があります。練習不足で吹き慣れていないためなのですが、そういう箇所は練習を重ねていくうちに、何とかなってしまうでしょうから、心配していません。先生からは「今はとにかく、スラーとタンギングに注意をして練習しなさい」と言われているので、その2点に注意を払って練習するように心がけます。

 今回も雑談ではなく、夏合宿の話をしました。合宿では、ソロ曲とアンサンブル曲、それぞれ一曲ずつ課題として与えられます。私の場合、ソロ曲はハイドンのセレナーデになりましたが、アンサンブルの曲に関しては、メンバーが決まり次第(メンバーは先生が決めます)決定だそうですが、私が元々ジャズの先生に付いていたこともあって、ポピュラー曲は得意だろうから…という事で、どうやらポピュラー曲のアンサンブルチームに入るようです。

 ポピュラー曲って、皆さん吹きたがるけれど、ポピュラー曲って、クラシック曲とくらべて、リズムとか和音とかメロディーの動きとか、あれこれ違うので、クラシック畑の人にとっては、難しいのだそうです。先生ご自身「(自分は)譜面通りにしか吹けないから、ポピュラーは大変なんだ」とおっしゃるほどです。まあ、ポピュラーでは譜面通りに吹いたら負けだからね。

 で、私に白羽の矢を立てたらしいのだけれど…いくら私がポピュラーに慣れていると言っても、アンサンブルを組む相手がポピュラーに慣れていなければ、同じことなのになあ…なんて思っちゃいました。ま、ポピュラーと言っても、ジャンルが細かく分かれているし、私が習ったのは、ごくごく初級のモダンジャズなので、ジャンルが違えは、皆さんと、ほぼ同じなんですがね(汗)。まあいいや、頑張ります。

 ちなみに課題曲は、まだ未定との事ですが、一応、候補曲を聞きました。なんと、ラグタイムな曲のようです。ラグタイムって、オールドファッションなジャズだよね…。私が笛先生から習ってきたのとは、だいぶ毛色が違うようですが…まあ、いいや。曲に関しては本格的に決まってから悩む事にします。

 …しかし、ラグタイムな曲って、譜面通りに演奏したら、かっちょ悪いんだよね(溜息)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« どうなるかと思ったけれど、どうにかなりそうです | トップページ | 名無しの緋ドジョウの1匹の具合が、あまり良くないのです »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

すとん様、こんにちは。

ラグですか!クラシックのピースが並ぶなかにラグを挿入する先生のセンス、おしゃれですね。
(といっても私自身、ラグは良く知らないんですけど、ジョプリンの時代ですかねー)

私もそういう音楽を(野暮ったくなることなく)吹けるようになりたいです。

Hiro.MTBさん

>ジョプリンの時代ですかねー

 一応、ジョプリンの作品が候補に上がっていますが…まだ決定ではありません。

>私もそういう音楽を(野暮ったくなることなく)吹けるようになりたいです。

 ううむ、結局、この手の音楽の音楽(変な日本語でごめん)って、楽譜通りに吹いたら、かなりダサいんですよ。楽譜ではなく、演奏者が、この手の音楽が持つ独特なリズム感というか、タイム感覚って奴を持っているかどうかなんだと思います。まあそれは、ラグにかぎらず、ジャズなどでもそうで、きわめて演奏者を選ぶ音楽なんだと思います。

 私一人でも、ラグタイムをかっこ良く吹けるかは、全く自信がありませんが、アンサンブルとなると…どうなんでしょうね。よく吹奏楽団体がラグやジャズを演奏しますが、これらの音楽をアンサンブルでかっこ良く演奏するってのは、ほんと、難しいと思います。なにしろ、我々の遺伝子の中には、黒い音楽の遺伝子は…まずないですからね。何をどうやっても黄色くなっちゃうわけで、そこをどう飛び越えるかが問題になるとは思うものの、やっぱりアンサンブルで飛び越えるのは、相当難しいだろうなあって思うわけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうなるかと思ったけれど、どうにかなりそうです | トップページ | 名無しの緋ドジョウの1匹の具合が、あまり良くないのです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん